2021年7月 3日 (土)

バルダ スーパーバルディナ

Dscn7725先送りになっていた三浦健太郎氏の「大ベルセルク展」が、9月10から池袋のサンシャインシティで開催となった。行きたいし行く。しかし、三浦健太郎氏が若くして逝去し、物語が佳境で絶筆となると足が重くなるよな。最初で最後の「大ベルセルク展」、コロナなんかが蔓延していなければ氏も観ることができた、つくづく惜しい。

それで帰京となれば散歩写真も楽しみたいのだが。コロナのおかげで拙僧の大好きな喧騒というのは随分と寂しいことになっているらしい。また、アフターコロナで賑やかになれば閑散とした上野や浅草を撮るのも思い出にもなるのだろうか。

故郷に帰っても友人たちと飲んで騒ぐというわけにはいかないろう。寂しい帰京となりそうだ。

Img362バルダというメーカーはライカ至上主義者でなくても興味のない方はてんで興味のないカメラだろう。しかし、ねじ式巻き上げのバルダマチックとか興味深いカメラを出している。それに廉価な三枚玉の写りがイイ。これがラジオナーとかになると拙僧と相性が悪いのか残念な結果になってしまう。

スーパーバルディナというとフォールディングカメラが有名だが、これはリジットのモデルである。この方がモダンで使いやすいのは論を得なない。

バルダもカメラ製造をやめてしまったが。会社は現在でも存在し光学機器も作っているようだ。

今回の帰京では拙僧の好きな海外中級機に出会えるだろうか。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (0)

2021年6月18日 (金)

三協光機 スーパーコムラー200mmF3.5

Dscn2436随分過日になるのだが「ベルセルク」などの著名で有名な三浦健太郎氏が急逝した。54歳。あまりにも早すぎる。これで「ベルセルク」は絶筆になってしまった。ガッツとキャスカが笑う日は来ないのかよ。あまりにも悲しすぎる。思えば「ベルセルク」と出会ったのはアニマルハウスで高校生の頃だった。その後、掲載紙に恵まれず、何度も掲載紙を変えながら連載を続けてきた。今度ばかりは続くことはあり得ない。気づけば三浦健太郎氏とあっしは年齢で6年しか違わなかった。高校生の頃の拙僧からすれば6歳年上というのは大人だが、今となっては同輩と変わらないよ。

コムラーというブランドは中古カメラ・レンズを好む方なら知らない方はいないだろう。その消滅に関しては謎が多い。Lマウントレンズから映写機用レンズ、大判用レンズまで幅広く活躍したコムラーの消滅も、当時は惜しまれただろう。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (0)

2021年5月15日 (土)

三協光機 スーパーコムラー135mmF3.5(プリセット絞り)

Dscn6292個人的には「コロナ自粛」というのには消極的なのだが、こう周辺が「自粛ムード」に包まれていると出かけるモチベーションも上がらないものだ。なんだか写真の神からも見捨てられたようで、方々の祭りや催し物が中止となって撮影機会が激減しているのだが、ぼちぼち入るポートレート撮影も当日は雨だったりして、とんと運に恵まれない。撮影が進まないと処分もできないので、粛清も滞っている。一度も使ってないカメラやレンズを手放すのは、やっぱり惜しい気がするからだ。なので近所散歩の似たような写真になってしまうのは申しわけない。

Img069だからというと言い訳がましくなるのだが、ブログの更新が随分と久しぶりになってしまった。正直なところ、拙僧のブログ執筆のモチベーションが下がっている。実際に撮影の機会は減っていても、取り上げるカメラ・レンズは沢山ストックしてあるのにだ。それには拙僧のブログがYahoo検索の評価がかなり下がってしまったことも理由にはある。このツイッターやインスタグラムの世の中でブログという地位が沈下しているのもじじつなのだが、やたらとネットショップやネットオークションでの出品物を優先してヒットするようになってしまって、拙僧が何かのカメラ・レンズを調べようとしても個人のコンテンツに届くのに苦労するようになってしまった。拙僧のブログやコンテンツのヒット率も低い。そもそも、アクセス数をかせぐために始めたブログではないのだが、やっぱりモチベーションが下がるよな。

それでも、2003年くらいにはフィルムは消滅するなんて言っていた方が多かったが、とりわけモノクロネガは元気だ。それは、値段は高くなったが0円プリントでカラーネガをおまけにくれた時代と比較するのは無意味だろう。困ったのは印画紙で、これは簡単に買えるものではなくなってしまった。今のところ期限キレの印画紙がそこそこ余っているので、稼働率の低い暗室作業に間に合っているが。

本レンズはネットオークションで海外のバイヤーが速やかに買っていった。135mmなど人気の無い焦点距離の代表みたいだが、海外ではプリセット絞りのコムラーレンズの評価が高いそうだ。やっぱり撮って出してみないと分からないものだなあ。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (0)

2021年4月 3日 (土)

サムヤン(?) maginon28mmF2.8

Dscn2860韓流ブームというのは我が国にとどまらず世界のカルチャーシーンに幅広く浸透しているようだ。何だか実感がないがビルボードにチャートインするくらいだからな。 欧州ではわからなけど北米では一定の支持があるようだ。そういえば「ブリジットジョーンズの日記」最終章でも「カムナムスタイル」が流れていたしな。欧州でも認知はされているのかもしれない。それはそれだけの話のようだが、困ったことに韓流の著名人は大小有れど反日ロビー活動を行っていることだな。拙僧のブログは「今起こっている政治的な活動」からは距離を置くのがスタンスなので話を展開させないが、そういうのに疎い我が国というのは残念でもある。

Img150レンズでも韓流が一定の市場を展開しているようだ。これが15年前だったらサムソンのミラーレス一眼なんて韓国人も使わなかったけど、野心的なラインナップと低価格で浸透しているらしい。共産中国のレンズも同様のようだ。以前であれば「こんなブランドのレンズをつけて恥ずかしい」というヒエラルキーが存在したが、グローバリゼーションの世の中では「ドイツ製」だの「純国産」などといったカビの生えた解雇主務を越えてくる。

何せ21世紀も20年も超えているのである。「ドイツの純潔なミューズの女神」などというのは1970年生まれの拙僧に先の第二次世界大戦を語るがごとしなのだろう。

それでフィルム時代のサムヤンもしっかり写るかというと、ちゃんとそんなことはありません。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (2)

2021年3月13日 (土)

ニコン LTW2D(ピカイチ テレエクセル)

Dscn4897YahooとLINEが提携してPayPayとLINEPayが統合しそうだ。拙僧はいわゆる電子決済というのを好まないのだが、無関心でもいられないのだ。Yahooオークションの売り上げで何かしらを買うとなると、それはPayPayに一度換金されることになるからな。LINEPayは全く関心が無いのだが、逃げても逃げ切れるものではなさそうだ。希望的な利点としては、PayPayフリマの市場が大きくなってくれればなという思いがある。なにしろ今はメルカリの一人勝ちだ。ネットオークションとメルカリではそれぞれに売りやすい物件と売りづらい物件があるのだが、電動ガンとかプレミアムのあるカメラ・レンズはネットオークションの百戦錬磨のバイヤーに曝される方が値が付くようである。一方でネットオークションでは見向きもされなかった物件は売値にプラスαしてもメルカリであっさり売れたりするのだ。拙僧のようなPC派はネットオークションの方が小回りが利くのだが、圧倒的なコンシューマーはスマートフォンを使うだろうし、そうなるとアプリケーションの使いやすさは話にならないほどメルカリのほうがわかりやすい。数千円のブツならうっかり買ってしまいそうだ。ちなみに、拙僧は値引き交渉は大嫌いなので「値引き交渉のメッセージは発見次第削除してブロックします」と口上書きに書いてある。なのでメルカリはあまり熱心ではないので、いっそPayPayフリマの市場率が上場してくれたらありがたいのだが、ここまで知名度がメルカリにあると挽回は難しいだろうな。PayPayフリマの市場が広がれば、売上金の管理が一本化してありがたいのだが。

Image81ズームレンズを搭載したコンパクトカメラが登場する前に「二焦点カメラ」というジャンルがあった。1980年半ばから火のついたジャンルである。これは広角のベースレンズに内蔵したテレコンをかますと望遠になるというモノでギミックは単純なのだが、おもしろい効果を得ることができた。やがてズームレンズを搭載したコンパクトカメラが状態化すると下火になるのだが、やっぱりズームレンズを搭載したコンパクトカメラはレンズが大きかったり、倍率が高い一方で常識外のF値の暗かったり、広角側の数値がイマイチだったりして二焦点カメラはフジフィルムのカルディアトラベルミニシリーズやリコーR1シリーズなど、二焦点カメラは20世紀末まで生き残った。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (2)

2021年2月26日 (金)

ペンタックス Zoom60

Dscn4169_20210226161301失ってから「あれは惜しかったなあ」というのは、どなたでもちょくちょくあるだろう。拙僧なんて今でも10歳の時、新車で買って6万km走ったスズキGSX400Rインパルスを「手放さなくてよかったな」なんていう夢を今でも見る。コケてあちこちボロボロだったので、今は無きニフティの個人売買で二束三文で手放した。今ほど選択肢は無かったしな。最初の単車が原付のウルフ50だったりしてスズキというブランドには一種の愛着がある。もっとも、その後スズキの単車や四輪に縁は無かったが。そのスズキの名物社長が御年91歳で引退するようだ。偉大なる「中小企業のオヤジ」である氏の天才的なセンスでスズキはなんとか世界、とりわけ第三世界に名をとどろかせたのである。その社長の交代は一スズキファンとしては心配だな。今でも心が折れそうなときは、「キリン」の「カタナ」を正座して眺めるのだ。

Image5そんなスズキには「業界に先駆けて」という冠がよく似合う。GSX-1100Sカタナ、RG-250ガンマ、GSXR-1100(油冷)など、「あの、か細いキャストホイールのスポークはリッター車のモノとして耐久性は大丈夫なのか?」と素人を魅了するに十分だった。一方で「露骨なコストダウン」というのはスズキの悪評に当たらない。GSX-R250がカタナ250になったってコブラになったって嬉しいじゃないか。スズキは単車乗りに身近なサイドキックフレンドである。

カメラのサイドキックフレンドといえば、やはりペンタックスということになるだろう。ペンタックスも業界の先駆けになることが多かった。一眼レフカメラの普及、クイックリターンの導入。ペンタプリズムの搭載に完全自動絞りだ。そんなペンタックスは一眼レフ以外のカメラ。つまりAFのコンパクトカメラには遅れてしまったが、世界初のズームレンズを搭載したコンパクトカメラを市場に投入したのはペンタックスだった。

本カメラは、その世界初のズームレンズを搭載したコンパクトカメラの廉価機なのだが、素性の良さは引き継いでいたんじゃないかな。

コンテンツもご覧いただきたい。

 

| | コメント (6)

2021年2月13日 (土)

アイレス IIA

Dscn8864拙僧の単車がカワサキのW650に更新してから半月が経とうとしている。といっても、下駄替わりに街乗りばかりで、少しは遠出をしたいものだ。もっとも、拙僧の行政区も「緊急事態宣言」だったりして県をまたぐ移動に制約が生じるような世の中だ。とはいってもこの界隈は田舎だから関東に比べればおおらかだ。東京近郊では世知が無い空気がより厳しいとも聞くな。

拙僧のW650のパワーポイントはオプションも含めていくつも上げることができる。

・おおらかで扱いやすいエンジン特性とワイドハンドル

・トルクフルで90km/hくらいまでは意外と速い

・キャブ車でキック付き

・サイドバック用フレーム付き

・小気味よいサードパーティー製キャブトンマフラー

・品のいいワイドリアキャリア付き

・前後で3万円のタイヤ代

・眺めて美しい空冷フィンのエンジン

なんとも、拙僧の「キャンプツーリング」に向いた単車なのだ。

Image17 ところが、どうもスッキリしないのだ。なんだか、よく出来過ぎている。いや、理由は分かっている。ある種の美学を持っている単車なのだが、その美学が極めて「おっさん単車」なのだ。いや、拙僧も既に「おっさん」である。なので単車との相性はピッタリなのだが、なんというか「自分のパフォーマンスを越えたモノ」という感覚が無いのだ。それだって、R1-Zでピリついた走りをするのに限界を感じていたのだから納得のベストチョイスなのだが、自分が「おっさん」だと認めるのが寂しいのだなあ。

本カメラも見てくれは「おっさんカメラ」なのだが、我が国で初のブライトフレーム内蔵カメラの直属なのだ。当時としては先端技術だっただろう。「おっさん」とは失礼極まりない。

それで写りも現役なら最高なのだが、写りはやっぱり「おっさん」な感じだ。悪い感じではないのだが。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (2)

2021年2月 6日 (土)

旭光学 ペンタックスSPF

Dscn7774今年になって単車をヤマハR1-ZからカワサキW650に乗り換えた。随分と方向性の違う単車だが、R1-Zの状態は絶好調だったものの人間の劣化が否めなかった。つまり単車のパフォーマンスに人間が追いつかず、「危ないな」と思うシーンが何度もあったのだ。これはR1-Zに責任があるのでなく、単純に拙僧の腕が下手だからだ。

かといってW650は随分とテイストの違う単車だ。実は拙僧が目をつけたのはスズキのSV650だったのだが店に行ったら既に売れていたのだ。それでW650が目に付いたのだがメッキも美しく、USB端子、サイドバックカバー、キャリア付きシートレール。それにグリップヒーターもついていてキャンプツーリングにはもってこいのオプション付き。タイヤも前後3万円くらいで財布に優しい。車検はあるのだが、拙僧は大型免許をとってから大型車は所有したことが無いのだ。W650だと大型車というよりも中型車という感じだが、大きさや重さ。豊満なトルクは2st250ccとは異なる。

正直、「とっつあんバイク」と思っていたのだが、実際に拙僧も「とっつあん」なのだから、こういう単車が似合う年なのだろう。

Dscn1634ペンタックスSPFもそういう「とっつあんカメラ」なのだろう。しかし、そのオールドタイマーな風体が若いフィルムカメラのニューカマーに人気のようである。

露出計は壊れている可能性は高いが機械式シャッターは元気に動く。拙僧など外光露出計を使っているからペンタックスSPもペンタックスSPもペンタックスELも特に使い分けてはいない。

R1-Zに比べるとびっくりするほど遅いW650だが、今更本カメラでフィルム写真を楽しむのも、徐々に人間が慣れて楽しくなるんじゃないかな。

コンテンツもご覧いただきたい。

 

| | コメント (6)

2021年1月30日 (土)

ヤシカ ヤシノンDX 200mmF4

Dscn2697慢性的な粛清の嵐なのだが、このところは激しさを増している。先日はとあるマウントを全て処分することにした。結構いい値段になったので喜んでいたのだが、結局、プラモデルを(20個くらい)買ったりオートバイのタイヤを交換したりして残らない。かつてない聖域にまでブレードを切り込んだのは、撮影の機会が激減しているのだ。

祭りや催し物は軒並み中止だし、公共交通機関の利用や県跨ぎの移動の自粛で暢気にポートレート撮影する世情でもない。理屈ではオートバイを使った機動的なネイチャーや街スナップができないこともないのだが、ネイチャーは興味がわかないしオートバイと撮影ってモチベーションのベクトルが違うのでうまくいかないのよ。なので、本当に感材の終了とのレースに負ける気がしてきたのだ。今のところ、限定的だがフィルムカメラのニーズはあるので売れるものなら売ってしまっていい気がしてきたな。

Y200_3そんな「売れないブツ」の典型的なのはMFフォーカスの望遠レンズとか望遠ズームレンズである。こういったレンズはミラーレス一眼のレンズアダプター遊びには使いづらいし、そもそも廉価で転がっていた。なので安く出品しても買い手がつかない。拙僧も、ジャンク扱いのセット物で売ってしようかと諦めている。

本レンズの稼働率の低さは撮影結果の数に表れている。本レンズの使用歴はさっぱり覚えていないのだが、ちゃんと印画紙に焼いていて、勿論クレバーな写りだ。

200mmというのは使いやすいレンズとは言えないが独特の圧縮感がある。これでポートレート撮影が活発なら十分楽しんでから処分するのだが、やはり世情が許さないな。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (4)

2021年1月16日 (土)

オリンパス キャメディア C-820L

Imgp2317今更ながらあけましておめでとうございます。連休中にもコンテンツの一つも作りたいとは思ったのだが、師団長兼妻が終日在着だとコンテンツ作りも思ったようにできないのだ。実際に妻がコンテンツ作りに不快を表明することは無いのだが、やっぱりリビングに妻が座していると、あまり創作的な気分になれないものだ。とりわけプラカメについてはだ。

それで今年の第一弾のカメラというとオリンパスC-820Lなのだ。1997年製の81万画素級デジカメである。この種のカメラとしては固定焦点(パンフォーカス)ではなく、ちゃんとAFユニットを搭載していて、少々シャープネスが過ぎるがHPの掲載画像程度には画像のクオリティも堪えないこともない。それでも日常カメラとして使えるかというと起動や撮影間隔が以上に時間を喰うので近代の戦闘には難しいだろう。そもそも、日常的なメモカメラならスマートフォンがあるしな。

Pic00008ところで拙僧は頑固なガラケー派である。実際にはiPadを持っているのだが、AUからの3Gサービス終了と買い替えの案内が度々届いているのだがガン無視だ。いや、実際にはiPadでアプリケーションの恩恵にはあずかっている。拙僧の97年式のユーノスロードスターNA8はカーナビなんてないからな。どこかへ出かけるときにはナビソフトの音声だよりなのだ。拙僧のロードスターに搭載しているオーディオはUSBかミニオーディオ端子はiPadの音声を拾ってオーディオのスピーカーが使えるのだ。当然、画面に表示したMAPを見ることはできないのだが音声だけでもあてになる。全く便利な世の中だ。

一時期は10円の値をつけた旧世紀デジカメだが、現在では500万画素級の本当につかるデジカメと大して変わらない価格帯で転がっているので、あえて旧世紀デジカメに出血を課すのは勇気がいる。拙僧も流石に積極的に拾ってはいないのだが、本カメラの調達でオリンパスのC-800系ボディは一通り揃うのだ。そういうのは全く自慢にもならないのだが、欠けているのは癪に障る。そういう訳で本カメラも拾っちゃったんじゃないかな。

実際のところ、本カメラをいつ手に入れたのかは全く覚えていないのだが、過去画像を整理していたら撮影画像が見つかったのだ。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (3)

«ニコン F2