2019年11月30日 (土)

ツアイスイコン コンテッサマットSE

Dscn1268PayPayフリマというのがあるのだ。拙僧は保守派のレイトマジョリティだからxxPayというのは嫌いなのだが、11月の初めから「送料無料キャンペーン」を行っていたのだ。期間は1カ月。これは相当な福音で、拙僧の師団の深刻な不良債権はサバイバルゲームで使えないようなアンティークトイガンなのだ。まだ、ハンドガンなら処分できる可能性があるのだが長物のライフル、具体的には「デタッチャブル サンダーボルト888MkII」とかになるといくら安い値段をつけても送料がネックとなって売れない。一時期、デタッチャブルの組み立て式ライフルにはまったことがあって、そういうトイガンは多いのだ。それなりにアンティークトイとして粘れば売れそうなものだが、採算なんて度外視である。とにかく、ヤードのスペースを開けなければなら亡い。ハンドガンだって単価が安いから処分には送料がネックになる。それで千里馬精神で投げ売りしていたのだが、突如11/18に「送料無料キャンペーン」は終了となってしまった。どうも、PayPayフリマが想定していた送料負担が上限に達したらしいな。残念ながら不良債権がいくつか残ってしまったのだが、割と売り切ることができたかなあ。

Img605その間、カメラ・レンズは粛清の対象にならなかった。こういうブツは大抵の場合はサイズ60で収まって売れるからな。もっとも、一時期のように単焦点レンズならまずまず売れるということは無く、135mm以上の中望遠、望遠レンズは動きが鈍い。レンズアダプターでミラーレス一眼につけても使いづらいからかな。

本カメラのような輸入中級機も値段は寂しいものの買い手がつかないことは無い。

現在、絶賛風邪をこじらせ中なので師団を動かすことができないのだが、そろそろカメラ・レンズの粛清も再開かな。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (4)

2019年11月16日 (土)

マミヤ ZEクオーツ

Dscn8374 「Z」といえば日本人にとっては世界の覇者となった2つのシンボルである。一つは「フェアレディZ」だ。他国の成果を全く認めない北米人もコーベッツ(コルベット)の専門誌で「コーベッツは一度はパーフェクトカーに敗れた。パーフェクトカーとはフェアレディZである」と苦々しく書いてある。北米人が負けを認めるのは極めて稀だ。もう一つの「Z」はカワサキの「Z」だ。北米では900ccの「Z1」、国内では750ccつまりナナハンの「RSZ2(アールエスゼッツー)」ということだな。

Z2人気というのは「あいつとララバイ」とか「荒くれKNIGHT」とかコミックや様々なコンテンツに依存していて、今となってはZRX400(これもセミクラシックモーターサイクルだなあ)に比べても走りではアレな感じと言わざるのが現状。4~5年前に「俺にはフロント19インチのZしかねーっすよ」という方と走ったのだがCRM250Rで3コーナーでぶっちぎってしまったな。別に拙僧がイケているのではなくて96年最終型の2st250ccで真面目に競うというのはフェアとは言えないだろうな。

そんな「Z信仰」だが、様々なZシリーズを信仰の対象としながらも「直列4気筒で空冷で2バルブ」という不文律がある。もっとも例外は少なく無く「GPz900R」は信仰の対象としているようだ。いわゆる「Ninja」である。これは「トップガンでトムクルーズがあまりにもオープニングでカッコよかった」とか「キリンで準主役を演じている」とか、結局コンテンツの起用に因するらしい。いや、拙僧はそういうのは決して嫌いでは無いな。「Ninja」も「ZZR1100のD型以降はNinjaではない」とか、カワサキファンの方は極めてデリケートでナーバスだな。不思議と2気筒の「Z250」は「Z信仰」として認知しているようだが、これは「スケ(彼女)が乗る」とか諸般の事情があるようだ。

一方で世紀末に現れた「ゼファーシリーズ」は「Z信仰」の対象とならないらしい。穏健派は「Z」として認めているようなのだ頑なな保守派がいらっしゃる。レプリカ全盛時代に空冷2バルブのトラディショナルなスタイリングで登場した「ゼファー400」は若いカワサキファンやレプリカのスペック競争に疲れた層に絶大に響き大ヒットとなった。一説には「単車やめちゃおうかな」と思ったカワサキを思いとどまらせたらしい。そんな大ヒットした「ゼファーシリーズ」を「Z」として認めないのが不思議だった。当初は自主規制ギリギリのパワーあ当たり前だった当時にナローなスペックで登場したからなのかなあと20代そこそこの拙僧は思っていた。しかし、4バルブでライバルたちと同等に戦える「ゼファーΧ(かい)400」が登場してもブランドの地位が向上した雰囲気が無い。「ゼファー1100」が「オヤジツアラー」の「ボイジャー」の水冷エンジンをベースに空冷化したことが気に入らないという説もあるが、要するにかつての至高である「RSZ2」よりも400ccの方が速いというのが受け入れがたかったんじゃないかな。

21世紀も20年も経つので水冷2気筒で31馬力のニンジャ250も普通に「Ninja」として認知されているしネイキッド化した「Z250(新)」も同様だ。マミヤで「Z」というと「マミヤRZ67」が頭をよぎるが、マミヤのライカ判一眼レフカメラ末裔の本カメラ「マミヤZE」は「Z」の称号を戴けるのであろうか。記憶では身売りしたマミヤの中判デジカメも「Z」だったきがするが、ニコンの新マウントが「Zマウント」だったりしてカメラ世界の「Z」の称号は混迷しているようだ。

コンテンツもご覧いただきたい。

 

 

 

ZG1200ボイジャー

| | コメント (4)

2019年11月 2日 (土)

マミヤ セコールE 50mmF2

Dscn1974ご存知の方はご存知の通りだが、拙僧は国際結婚カップルだ。それに海外生活の経験もあるし移民の経験もある。今は落ち着いたが妻は海外出張が多かったし、拙僧も中央アジアで単車を転がすくらいの好きモノである。そんな拙僧夫婦が来年早々にモロッコに行くことになった。

モロッコもカサブランカあたりをちょろっとではない。最初から成田への堂から始まりイスタンブール経由でマラケシュに上陸。翌日はタンジェまで列車で北上。日帰りでジブラルタル海峡を渡り翌日はバスでシャウエン。1泊してバスでフェズ。流石に3泊の休息をとってマラケシュへ向かってイスタンブール経由で成田。さらに1泊して三河に向かうのだが拙僧は横浜で足止めして横浜美術館のルノワールを観る。ひょっとしたらイルクーツクにもよるかもしれない。

何だか訳が分からないが名古屋から東京を経由して青森。日帰りで函館に行って日本海側から帰ってくるようなものだと思ってほしい。

Img446

それはそれで、そういう星の元に生まれてしまったのだから仕方がないのだが、問題は食なのだ。なにしろ妻は米とキムチしか受け付けず、イタリア半周+チューリッヒの時にはキムチ麺を探す旅になってしまった。モロッコではキムチ麺も難しいだろう。それで名古屋のモロッコ料理屋に行ってモロッコ飯を試してみることにしたのだ。結果から言うとネガティブ。妻はインスタント飯にインスタントラーメン、インスタント味噌汁を可能な限り持って行く覚悟を決めたようだ。もっとも、拙僧も毎日モロッコ飯はしんどいかな。なにしろムスリムの国である。大っぴらに酒が飲めない。意外とスーパーでも手に入ることができるらしいのだが公共の場所では飲めないのだ。つまり7時間ほどの列車移動中に酒も飲めないのである。これは深刻な問題だなあ。それでモロッコ飯のジャッジをしていたのだが、我々の話を聞いていたのか遠くのテーブルの女性二人組が急に英語で話し始めたのだ。とても短い会話で終わったけど。どうも、拙僧夫婦が海外の話をするとマウントをとりたくて海外通を示威いたくなる方が少なく無い。以前も名古屋の写真フォーラムの散歩写真会で、拙僧が道に迷った中国人を片言の北京語で案内したら、周りの方々の拙僧を見る目が変わったことがある。そういうのは珍しくなく、日本人というのは海外コンプレックスがあるなあ。

そのマウントとはあまり関係ないのだろうが、本レンズはマミヤのミラクルマウントとわれるZEマウントである。とにかく、マミヤは中判カメラは保守的でプロフェッショナルなのにライカ判一眼レフカメラは安っぽく簡単にマウントを変えてきた。ひょっとしたらマミヤにもライカ判一眼レフカメラの遅れにはコンプレックスがあって、マウントを変えることで心配を回避しようとしたのかもしれないな。

コンテンツもご覧いただきたい。

  

| | コメント (4)

2019年10月12日 (土)

ペンタックス *istDL と パナソニック ルミックス DMC-G3

Igp6275随分と「モデルポートレイト撮影作戦」から離れていたのだが、今月は久しぶりに参戦できそうである。今から撮影機材と「ガン」の選定が楽しみだ。もっとも、このところ週末を選んで天候が悪いので一抹の不安はある。

最近の傾向としてフィルム部隊を欠とすることがある。極めて残念だが天候不順だったり屋内撮影だったりしてフィルムだとどうしても行動が限定的になってしまう。以前だとスーパープレスト1600という戦場選ばずのハイパフォーマンスフィルムも有ったのだが、今となっては拙僧の師団がイルフォードデルタ3200を運用するのは難しいしな。それでも、結局は雲が薄くなったりしてニコンFM10にAiSニッコール50mmF1.8とトライX1本でも加えていればよかったと悔しい限りだ。

P1100843 フィルム部隊の編成はライカ判一眼レフや、いわゆる高級コンパクトカメラ。中判カメラなどフレキシブルな編成となるが、デジ部隊の編成は定型化している。デジタル一眼レフカメラ+ミラーレス一眼カメラそ主軸に、それぞれのレンズを2~3本づつだ。最近は拙僧の人間のヘタレから装備を軽くしたい傾向があり、デジタル一眼レフカメラのレンズを2本にして、ミラーレス一眼カメラ用レンズを3本、或い2本するケースが多い。なっていったって望遠ズームだろうが単焦点レンズだろうがミラーレス一眼カメラ用のレンズはスカスカだからな。

P1100903それで、何の問題もないのかというとそんなことはない。正直なところミラーレス一眼カメラの軽量さは魅力的だが問題もある。一つはカラーバランスがまちまちなのだ。これは複数のミラーレス一眼カメラで傾向は違えど発生するのでミラーレス一眼カメラの特徴と言ってもいいだろう。もう一つは標準ズームの広角側でかなり歪む。或いは周辺の描写力がが著しく低下する。拙僧はテクニカルなことは分から無いのだが、どうもミラーレス一眼カメラのレンズはプアでボディの画像処理ソフトに依存が高い気がするな。デジタル一眼レフカメラだって安い標準ズームは似たような魔法を使っているだろうけど、やっぱりレンズが大きい分、依存性はマシなのではないだろうか。もっとも、拙僧のミラーレス一眼カメラの装備は最も新しいものでもルミックスGF-5やキヤノンEOS-M(初代)だから、最近の事情は違うかもしれないけど。

Igp6295拙僧のデジタル一眼レフカメラの主力は今だ600~1000万画素級である。EOSキスデジX4もあるがニコンD80とか*istDLを動員することが多い。これらは画像処理ソフトの依存度が低い気がするし、あまり高画素でモデルさんの皮膚の好ましくないテクスチャを写してもらっても困るのだ。弱点は暗所だが、そう言う時には予備のミラーレス一眼カメラを投入する。ミラーレス一眼カメラも前述の通りなるべく標準ズームは使いたくないのでシグマ30mmF2.8あたりの動員が多い。*istDLかシグマのミラーレス一眼カメラ用単焦点レンズは報告したいのだが、いずれとさせて頂きたい。

ちなみに1枚目と4枚目が*istDLで2枚目と3枚目がルミックスG3である。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (11)

2019年10月 5日 (土)

アグファ オプティマ 1035 センサーエレクトロニック

Dscn0732 随分とブログ更新をサボってしまって申し訳ない。拙僧のような暇人が時間の忙しさを理由にしてはいけないのだが、最近、ポートレイト撮影にもご無沙汰だし、スナップ撮影は世知が無い世の中でモチベーションは下がるし、なにかと天候不順だったり交通費が調達できなかったりで師団の稼働率が下がっているのだ。いや、サバイバルゲームとかインスタグラムの作戦は順次なのだから、やっぱり戦略的目標がカメラ・レンズから少し外れたのは否めないな。

しかし、今回は久しぶりにまとまったコンテンツを作ったのでご了承いただきたい。

Image6「アグファ オプティマ 1035 センサーエレクトロニック」という長い名前のカメラが今回の主役である。我々が「オプチマ」と想像すると金属製の不愛想な世界初のプログラムAEカメラを想像するが、ネット検索で「アグファ オプチマ」と検索をしても、まずヒットしない。ヒットするのはロモグラフィー扱いされた本カメラのような電子シャッター機である。

それにしても困ったのは、ドイツ製コンパクトカメラはADOXもフランカもミノックス35も似たような外観でモデルが違い、その違いがプリントで表示していないか表示した形跡はあっても消えていたりする。なのでカメラとしてのブツはあっても特定のモデルと断定するのは難しい。

本カメラも僅かな手がかりから特定に至ったのだが、ミノックス35のサブタイプなんていまだに把握できないな。それにしても久しぶりに眺めるゾリター40mmF2.8で描くネガの描写は良いもので、やっぱり師団運用を撮影にも割きたい気分だ。

コンテンツもご覧いただきたい。

 

| | コメント (6)

2019年9月28日 (土)

ヤマハ R1-Z:奥飛騨キャンプツーリング

    Photo_20190928063501久しぶりに単車ネタである。

2泊の予定でキャンプツーリングに行った。向かうは奥飛騨である。既に夜は相当冷えると覚悟していたので、それなりの装備を詰め込んだ。毎度のことながら大荷物で参ってしまうな。小振りのスポーツマシンのR1-Zには、気の毒だ。

奥飛騨に入り、結構な山間部で2度エンジンストップして焦った。キックの鬼と化してもエンジンは全くかからなかった。どうも、フューエルコックをリザーブにするとかかる。ガソリンは給油して2割ほどしか使っていないから、フューエルコックが怪しいなあ。ひとまず、動くのだけでもありがたいのでキャンプ場へ向かう。

Photo_20190928063503奥飛騨温泉郷オートキャンプ場は1泊1500円と安くはないが関東から行けるキャンプ場としては標準的かな。嬉しいのは施設内の無料の露天温泉があることだ。もっとも、温泉施設では洗髪や身体を洗うことができず、洗うためには有料のコインシャワーを使わなければならない。拙僧は身体を暖めるだけにした。

ゴミは捨てられるし、清潔な洋式水洗便所が使えるので個人的には1500円払ってもイイかな。

Photo_20190928063701

個人的には奥飛騨の魅力は温泉だが、とりわけ新穂高の温泉は気に入っている。この日の「中崎山荘 奥飛騨の湯」は風呂の日で通常800円のところが500円で300円でラッキーだった。ビール1本分は得したな。勿論、湯は最高だ。

Photo_20190928063702実は奥飛騨キャンプ場はベースキャンプで2日目は日本海まで足を延ばそうと思っていたのだが、温泉に使ったら一気に疲労が来てとても無理だと痛感した。

なので昼ビールを始めて休息日とした。

 

D 夜はそれなりに寒く、少し余分かなと思ったウェアを全部着込んだ。お蔭で寝入りは汗を描くようだったが明け方でも若干の寒さを感じる程度だった。温度計は10度を示していたが、もっと寒かったんじゃないかな。
帰りも高速を使ったのだが、行きと違って工事渋滞がなく比較的スムーズに帰ることができた。もっとも、高速道路も一般道も工事が多い。そんな季節なのかねエ。 
それにしても、たった2泊のキャンプツーリングでこの疲労感(--

| | コメント (4)

2019年9月14日 (土)

ヤシカ フラッシャー

Dscn7740久しぶりに漁場であるカメラのキタムラ某店に足を延ばしたのだが、ジャンク籠が消滅していた。これで定期偵察内のキタムラのジャンク籠を全て失ったことになる。今となってはリサイクルショップでもジャンクコーナーにフィルムコンパクトカメラを発見することは少なく、転がっていても異様に高い。一時期、フィルムカメラのムーブメントで廉価カメラにイイ値段がついたのだが高騰したまま高止まりしているのだろうか。拙僧もいい思いをしたのだが、本カメラのようなプラカメが2980円では、とても手に取ることができないな。

Image36勿論、拙僧の師団にカメラ・レンズのストックは供給が途絶えても2年はブログを書けるほどヤードに転がっているのだが、供給先が無いというのはモチベーションを下げる。こういうブツは送料を払ってネットオークションで飼うほどのモノではないしな。

名古屋の中古カメラ市も不鮮明な情報しか入らず、寂しい限りだ。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6)

2019年9月 7日 (土)

フランカ250L

Dscn4510    先日、妻とエルトン=ジョンさんをテーマにした映画「ロケットマン」を見に行った。内容や評価は控えるが一言で言うと「普通の映画にしてくれればよかったのに」である。加えればR12指定なんだが13歳のお子さんと一緒に見るのは如何なものかな、というのが率直な感想だ。帰り際、一番後ろの一番端の席に若い2名の男性が座っていたのだが、あの映画を見た後では「あちらの組合員の方?」と思ってしまったのも無理はないだろう。

Img338それでエルトン=ジョンさんの動画をググってみたのだが「マペットショー」で歌ってらっしゃる動画が見つかった。「マペットショー」といえば我が国では「ポンキッキ―」である。がちゃぴんさんとムックさんのあれだ。その採用曲がなかなかロックでテクノでパンクだったりするのだが、拙僧が思い出したのは「エレクトリックばあちゃん」だな。しかし、調べてみると「ポンキッキー」で流れていたのは「ハッスルばあちゃん」らしい。これもインパクトのあるパンクな曲で鮮明に覚えている。テクノといえば「コンピューターばあちゃん」で、これは坂本龍一がプロデュースした曲で立派なテクノだ。どのコンテンツから幼少の拙僧が聴いたのかはイマイチおぼえていないのだが、「ポンキッキ―」かNHKの「みんなのうた」のいずれかであろう。今回初めて知ったのだが「エレクトリックばあちゃん」を歌ったのは末期の「ザ・スパイダース」だ。「みんなのうた」の選曲もロックなのだが、この辺はいずれ再び触れたい。

それで、本カメラなのだがカメラが電子化して日本製の安くて高性能で壊れないカメラにドイツ製普及機~中級機が太刀打ちできなくなりはじめた頃のカメラである。いや、ローライだってライカだって傾くから高級機も含めてだな。拙僧が幼少期にも「ばあちゃん」に「エレクトリック」や「コンピューター」を冠するくらいだから70~80年代の我が国のエレクトリックデバイスの覇権を知ることができるな。

それも諸行無常で今は苦しいポジションになっているようなのだが。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6)

2019年8月26日 (月)

ガンガールズ:S&W PC356(東京マルイ製)

Dscn2360お陰様で本ブログは15年以上続けさせて頂いている。その間、更新が2週間を超えて滞ることは無かったのだが、とうとう2週間を超えてしまった。なので、毎週土曜日という更新を前倒しさせて頂きたい。

概ね実際に撮影したカメラやレンズをテーマにしたブログである。それが滞ってしまったのは決してネタが無くなったわけではない。全く撮影し無くても2年は続けるほどの写真や画像は溜まっている。それで更新ができなくなったのは、拙僧の執筆が滞っているからなのだ。相変わらず暇なはずなのだが、最近はサバイバルゲームや水彩画に力点が移動している。決して撮影をしていないわけではないのだが、世間のスナップシューティングへの厳しい目線や夏の暑さで撮影稼働率は下がってはいる。ネタとなる画像が沢山あっても、実際の撮影が伴っていないと執筆のモチベーションが下がってしまうのは否めないな。

Igp6057実は拙僧のブログのアクセス数がピーク時に比べると1/3ほどに下がっている。もともと、アクセス数を気にしるようなモノではないのだが、やっぱり全く気になら無いかというとそんなことはない。原因は拙僧の写真やコンテンツが大したものではないということなのだろうが、やっぱりブログというコンテンツの形態が縮小しているんじゃないかな。主流はツイッターやインスタグラムなのだろう。実際、最近インスタグラムを始めたのだが、こちらはそれなりに好評である。

ブログやHPでコンテンツを起こすのは、そこそこ労力が必要だ。なのでインスタグラムの楽さに流れそうになるのだが、拙僧の稚ブログでもコメントを下さる方々がいらっしゃるので、まだまだ頑張るつもりだ。

とか、言いなが今回は久しぶりのガンガールズシリーズなのだが。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (12)

2019年8月10日 (土)

キヤノン A35デートルクス(ナイター)

Dscn9552ナムコの黄金時代の名作は「ディグダグ(DIGDUG)」や 「ゼビウス」など多々ある。しかし、埼玉の辺境であるイルクーツクには正規品は届かず「ジグザグ(ZIGZAG)」や「ザビオス」だった。当時はゲームセンターなどという不良のたまり場とされていた(イルクーツクでは)から、怪しいTVゲームに著作権の余地などなかったのだろう。

それにしても不思議なのはオープニング画面は、意匠は似ているものの「ジグザグ」にしろ「ザビオス(あるいはバトルス)」のモノだった。今のようにOSやマザーボードシステムが共通化している時代では無い。ひょっとしたらROM基盤からインターサーキットエミュレータで機械コードをデコードして再プログラムしたのだろうか。そういった「まがいもの」の中にはオリジナルには存在しないアイテムやオプションが追加されていたものもあった。そこそこ大変な仕事のような気がするな。そういう「まがいもの」でも届けば嬉しかった80年代のイルクーツクである。

Image41世界初のスピードライト(フラッシュ)搭載カメラの「ピッカリコニカ」や世界初のAF搭載カメラの「ジャスピンカメラ」が登場した時にも、かなり模倣に近いカメラが一流光学機器メーカから登場した。しかし、キヤノンは冷静だったようである。

ひょっとしたらハウネルに金を払うのが嫌だったのかもしれないが、「ジャスピンコニカ」と時期を同じく距離計連動機とスピードライトを組み合わせた本カメラがキヤノンから登場した。当時のAFユニットはフォーカスエリアも4点くらいのおおらかなものだったし、距離計がちゃんと使える方なら、本カメラの方が正確なフォーカシングが可能だった。

カラーの発色もモノクロの艶やかさも素晴らしいレンズを搭載する。

コンテンツもご覧いただきたいご覧いただきたい。

 

| | コメント (7)

«タムロン SP AF90mmF2.5(旧、Fマウント)