2020年2月22日 (土)

ヤシカ オートヤシノン5cmF2

Dscn1434昨年の「ボヘミアンラプソディー」を映画館で見て以降、師団長兼妻のリテラシーが大きく変化した。それは概ねポジティブな方向にである。もっぱら「一党独裁の権威主義」で形成した単一的な価値観から柔軟で多様な価値観に変化したのだ。それがゲイの方々に対する柔軟性というほど単純ではなく、多様な人間のアイデンティティを読み解く力というのにベクトルを向けるようになったのだ。これは大変な変化で、以前は「全ての人は大学の教授になりたいが、なれなかったから他の職業に就いている」というようなことを本気で言っていたのだ。どこから突っ込んでいいのか、それともどこまで日本語を誤解しているのか対応が困難であったな。

Image296ヤシカというメーカーはヤシカエレクトロ35シリーズでヒットして大衆メーカーとしては成功していた。しかし、一流メーカーとしての評価はイマイチだった。そこで、ツアイスイコンのコンタックスブランドを手に入れた飛躍を図ったといのが、どのカメラ雑誌やムックに出も書いてあることだ。一流メーカーで成功するというのは一眼レフカメラで北米で成功するということである。

しかし、ヤシカの一眼レフカメラが一流と評価されなかったのは何もネームバリューが足りなかったからではない。とにかく壊れるからだ。それは半世紀以上前のカメラが現在に使い物になるのは奇跡だが、実際に同年代のペンタックスSPとかミノルタSRTとかニコマートとかは使い物になるんだから仕方がないな。この、ボディの信頼性に対する不信というのはヤシコンになってからも京セラに吸収されてからも逸脱できなかったんじゃないかな。

一方、富岡光学と近かったヤシカのレンズはカールツアイスのネームバリューが無くても評判がよかった。少なくても、その実力を正当に評価なさっている方は少ない。ヤシコン以降、ヤシカはコンタックスレンズとヤシカレンズの両方のブランドで製造したが、ヤシカレンズの評判は北米でも健全だ。そういう意味ではレンズリテラシーは北米でも高かったのだろう。

拙僧の妻も「ボヘミアンラプソディー」のDVDを買って、既に10回以上観ている。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6)

2020年2月15日 (土)

ヤシカ TLエレクトロX

Dscn9483もう既に2月なので今更という感じなのだが、去年いっぱいでTBSラジオの土曜夕方の番組「宮川賢のデートの時間だそ?!」が終わってしまった。 突然の打ち切りで拙僧も混乱したが、ライブで行っていた放送が12月に入って録音になってしまったことからもTBS内でも混乱が興ったのだろう。伝統的に土曜夕方の時間帯は「宮川賢さん」の「おバカな番組」が継承していたのだが、TBSから宮川賢さんは完全に去ってしまった。それで後裔番組が「藤田ニコル」だそうだ。いや、既に1月から新しい番組は始まっているだが、「ニコルンかよ・・・」という失望から聴いていない。

そういえば、昔、ポートレイト撮影でなんとなくブックオフで買ったポップティーンを持って行ったら表紙がニコルンだった。それを見てモデルさんが「ニコルン可愛いですよね!」とおっしゃるので「んあ?そうですよね」と一瞬口ごもってしまったのを思い出すな。

ヤシカというとヤシカエレクトロ35シリーズを想像するケースは多いだろう。勿論、ヤシカスナップとか廉価モデルのファンも根強い。しかし、あまり一眼レフカメラを想像する方は少ないんじゃないだろうか。ここでいう「ヤシカの一眼レフカメラ」というのはヤシコン以前のカメラである。

詳しくはコンテンツに譲るとして、ヤシカのプラクチカマウントを主としたヤシカJシリーズやTLシリーズがイマイチ振るわないのは信頼性に大いに問題があるからだと思われる。ちょっと変わったプラクチカマウントのボディとしてヤシカJシリーズなどはしばしば転がっているのだが、まずシャッターが壊れている。もしも、動くと思ってもレジに持って行く前に30回は空シャッターを切ってほしいな。大抵の場合は壊れるか不具合を発見するだろう。

本カメラは電子シャッターを搭載しながら絞り込み測光マニアル露出カメラである。なんだか、電子シャッターを搭載意義をあまり感じないのだが、ヤシカとしてはとにかく電子シャッターを搭載して「エレクトロ」の名を冠したかったんじゃないかな。一眼レフカメラの不振の一方でヤシカエレクトロ35シリーズは奮戦したからな。もっとも、小型軽量のコニカC35が出るあたりから、ゴージャスなスタイリングと明るいレンズ、絞り優先AEを搭載するというコンセプトは市場と乖離するようになる。

ヤシコンになってヤシカの一眼レフカメラの信頼性が高まったかというと、それは怪しいな。それは京セラに吸収されても完全に払拭するまでには至らなかった。ヤシカの信頼に値する一眼レフカメラはヤシカFX-3の登場を待たねばならない。

それで、宮川賢さんの安定感に比べてニコルンのトークが軽妙で信頼性の高いものかというと、とてもそうは思えないな。それも聴いてみないと判断できないけど。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (4)

2020年2月 1日 (土)

京セラ GRATINA2

Dsc01360昨年の後半はブログの更新がグタグタだった。忙しいなどといっては、拙僧などよりも遥かに忙しい皆様に申し訳がない。拙僧の時間配分とマンパワーの塩梅がうまくいかなかったということだ。

今年は毎週は難しいかもしれないけど間週も混ぜて報告させていただきたい。お付き合いいただけると願っている。

Pap_0014 今回の物件は厳密にはカメラでは無くガラケーのカメラ機能だ。iPhoneやアンドロイド端末などはパワフルなカメラ機能を搭載しているのだろうが、拙僧のガラケーは限定的な効果しか望めない。それでも、有るのとないのでは大違いだ。

普段は殆ど使わないカメラ機能だが、ちゃんとしたカメラが壊れたりバッテリーエンプティになって動かなくなってしまったときには、有ると無いとは大違いである。

画像のクオリティはそれなりなのだが、コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (8)

2020年1月24日 (金)

あけましておめでとうございます

P1020145今更ながら、あけましておめでとうございます。

モロッコから帰国後、埼玉のイルクーツクに帰省してたので報告が遅れました。三河の駐屯地に帰って来たのは一昨日なのですが、やっぱり疲れましたな。困ったことにイルクーツクの実家はWiFiにも入っておらず、インターネットに繋がるPCが無かったことも、ご報告を送らせた原因でもあります。

P1020210モロッコに出発したのは去年の大晦日でした。しかし、iPadを海外まで持参するつもりは無かったので、それよりも早くイルクーツクに送ったのでネット的にはオミットでした。

それでモロッコですが「鉄道のスケジュールは全くあてにならず普通に3時間くらい遅れる」とか「写真を撮るたびに物乞いがワラワラと集まってくる」というようなコンテンツもあって肝を冷やしたのですが、要らぬ心配でした。むしろ、「イスラム教」という強いルールは一定のモラルを保っているのではないかという感じです。よっぽど共産圏の国の方が物騒ですな。

105_0783   共産圏の国では空港や鉄道駅を降りるとワラワラといかがわしいタクシーが取り囲むというのは普通です。しかし、モロッコに限ってはそんなことはなかったですね。勿論、タクシーはぼったくろうとするのですが、割と簡単に折れます。もっとも折れない強いケースもあるのですが、どうも「お祈り」の時間帯はタクシーも休業するようで連中も強きになりますね。

お土産物もぼったくるといえばその通りなのですが、拙僧夫婦の買うようなモノは大したものではないし、ふっかける幅も共産圏のモノと比べては節度のある範囲です。連中との交渉は怒鳴りあいになりますが、ムスリムの方は怒鳴りあうのを好まないのかなあと思いましたね。

Pc310089 それで動員したカメラなのだがメインがオリンパス「μ1030」でサブがコダックの「PLAYSPOT VideoCamera ZX5」だったのだ。

オリンパスはタフな環境に耐えるものだと期待していたのだが3日目でバッテリーエンプティ。LOWAの互換バッテリーも持って行ったのだが使い物にならなかった。LOWAのバッテリーもちゃんと管理すれば使い物になるので拙僧の管理の問題だろう。それでサブのコダックを稼働したのだが、これは簡易水中ムービーデジカメをスチルで撮影できるようなモノでパフォーマンスは著しく劣るのだ。それでもないのとあるのでは全く違うからな。コダックは内蔵バッテリー式で旧スマートフォンと同じ規格の端子で充電できるので取り回しがイイ。

帰国後、イルクーツクに滞在し東京に撮影作戦を実行した。

いずれは報告させていただきたい。

本年もよろしくお願いします。

| | コメント (2)

2019年12月28日 (土)

よいお年を

Img748 今年最後に報告させて頂くカメラを考えている間にタイムエンプティになってしまった。実は今年の年末年始はモロッコで過ごすのだ。かなりの強行軍の上、妻が米かキムチ麺しか食べられないのでレトルト食品など携帯品がコンパクトにできない。なんとかコンパクトデジカメを2台動員できたがフィルムカメラはとても無理だなあ。

Img864 インターネットの世の中なのでホテルは比較的簡単に確保できたのだが、列車とバスは難航した。何しろ南部のマラケシュからジブラルタル海峡に面するタンジェまでオンタイムで6時間ほど列車に乗るのだ。1等席が取れないと洒落にならない。

Img639 結果的は膨大な時間と気力を消費したがモロッコ国内バンクのクレジットカードしか決済に使えないようだ。ページにはVISAが使える風なことを表示しているのにたちが悪いな。バスの方は甚大な消耗戦の結果、確保することができた。列車はモロッコ到着日に駅で確保するしかないが、トランジットも含めて15時間くらい飛行機で移動した後なので不安は尽きないな。

Img500 成田発で成田に帰ってくるので帰国後はしばらく帰京するつもりだ。故郷にはカメラを何台か送るつもりなので東京散歩を期待している。ブログネタができるといいな。いや、無事帰国できるといいな。

Img177皆様も良いお年をお迎えください。

| | コメント (2)

2019年12月20日 (金)

太陽堂光機 ビューティカンター

Dscn1874 25年ぶりくらいにエアガンに関心が戻って驚いたのはMGCも国際も無くなって東京マルイの一強になっていたことだ。勿論、拙僧が小学生の頃だって「完成品」で「エアーコッキングガン」の東京マルイのハンドガンはギリギリ買えるものだったが、拙僧がエアガンから離れたのが電動ガンが一般化する直前だったので、まるで浦島太郎だ。

一方、プラモデル熱にも再発してネットオークションでタミヤやハセガワに留まらず、エアフィクスやレベルのキット、或いは東欧のキットなどにも手を出している。実際にズベズダのキットなど組んでみたら意外と作りやすいな(もっとも、現在のズベズダのクオリティはバカにしたものではない)。それがフジミとなると、ビットに若干躊躇が出るのだが勇気の壁が乗り越えられないのがアオシマである。

Image877 アオシマ文化教材といえば拙僧には馴染みの無いモノではない。恐らく、拙僧が初めて買ったのはタミヤのジープかアオシマの「ギラン=ドゥ」である。アオシマから発売していた「伝説巨人イデオン」の重機動メカだ。今となっては、なぜあんなにテクノポップでカッコ良すぎる「ギラン=ドゥ」に手を出したのか計り知れないのだが、「ガンプラ」が底払いして買えなかったので、やけになったのかもしれないな。買ってくれた婆さんには申し訳ないが。

アオシマといえば「合体ロボ」シリーズや「仮想SFロボ」シリーズなどでアバンギャルドな展開をしていたが、恐らくクリスマスの朝には日本中の小学男子が枕元に置いてあるアオシマの箱を目の当たりにして「これじゃない!!」と叫んでいたんじゃないかな。

それでビューティカンターなんだけど、最初はドイツ製中級機を目指す「アオシマ」というようなことを書こうと思っていたんだけど、ドイツ製中級機の理想の一つがビューティカンターの方じゃないかなという気がしてきた。

勿論、ネットオークションだけでなくジョーシンのプラモデルコーナーにも足を運ぶんだけど、あの、「爆音」シリーズのアオシマが二輪や四輪のプラモデルのシェアを圧倒しているのには驚いた。例外はイマイのノスタルジック32シリーズくらい。勿論、ミリタリー系はタミヤやハセガワやファインモールドなのだが、ジョーシンの駐車場に置いてありそうな地のついたクルマのプラモデルはアオシマなのだ。

思い出せば東京マルイだって「モビルフォース ガンガル」とか出していたしな。「アオシマ」については再度掘り下げてみたい。

いや、本カメラのコンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (7)

2019年11月30日 (土)

ツアイスイコン コンテッサマットSE

Dscn1268PayPayフリマというのがあるのだ。拙僧は保守派のレイトマジョリティだからxxPayというのは嫌いなのだが、11月の初めから「送料無料キャンペーン」を行っていたのだ。期間は1カ月。これは相当な福音で、拙僧の師団の深刻な不良債権はサバイバルゲームで使えないようなアンティークトイガンなのだ。まだ、ハンドガンなら処分できる可能性があるのだが長物のライフル、具体的には「デタッチャブル サンダーボルト888MkII」とかになるといくら安い値段をつけても送料がネックとなって売れない。一時期、デタッチャブルの組み立て式ライフルにはまったことがあって、そういうトイガンは多いのだ。それなりにアンティークトイとして粘れば売れそうなものだが、採算なんて度外視である。とにかく、ヤードのスペースを開けなければなら亡い。ハンドガンだって単価が安いから処分には送料がネックになる。それで千里馬精神で投げ売りしていたのだが、突如11/18に「送料無料キャンペーン」は終了となってしまった。どうも、PayPayフリマが想定していた送料負担が上限に達したらしいな。残念ながら不良債権がいくつか残ってしまったのだが、割と売り切ることができたかなあ。

Img605その間、カメラ・レンズは粛清の対象にならなかった。こういうブツは大抵の場合はサイズ60で収まって売れるからな。もっとも、一時期のように単焦点レンズならまずまず売れるということは無く、135mm以上の中望遠、望遠レンズは動きが鈍い。レンズアダプターでミラーレス一眼につけても使いづらいからかな。

本カメラのような輸入中級機も値段は寂しいものの買い手がつかないことは無い。

現在、絶賛風邪をこじらせ中なので師団を動かすことができないのだが、そろそろカメラ・レンズの粛清も再開かな。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6)

2019年11月16日 (土)

マミヤ ZEクオーツ

Dscn8374 「Z」といえば日本人にとっては世界の覇者となった2つのシンボルである。一つは「フェアレディZ」だ。他国の成果を全く認めない北米人もコーベッツ(コルベット)の専門誌で「コーベッツは一度はパーフェクトカーに敗れた。パーフェクトカーとはフェアレディZである」と苦々しく書いてある。北米人が負けを認めるのは極めて稀だ。もう一つの「Z」はカワサキの「Z」だ。北米では900ccの「Z1」、国内では750ccつまりナナハンの「RSZ2(アールエスゼッツー)」ということだな。

Z2人気というのは「あいつとララバイ」とか「荒くれKNIGHT」とかコミックや様々なコンテンツに依存していて、今となってはZRX400(これもセミクラシックモーターサイクルだなあ)に比べても走りではアレな感じと言わざるのが現状。4~5年前に「俺にはフロント19インチのZしかねーっすよ」という方と走ったのだがCRM250Rで3コーナーでぶっちぎってしまったな。別に拙僧がイケているのではなくて96年最終型の2st250ccで真面目に競うというのはフェアとは言えないだろうな。

そんな「Z信仰」だが、様々なZシリーズを信仰の対象としながらも「直列4気筒で空冷で2バルブ」という不文律がある。もっとも例外は少なく無く「GPz900R」は信仰の対象としているようだ。いわゆる「Ninja」である。これは「トップガンでトムクルーズがあまりにもオープニングでカッコよかった」とか「キリンで準主役を演じている」とか、結局コンテンツの起用に因するらしい。いや、拙僧はそういうのは決して嫌いでは無いな。「Ninja」も「ZZR1100のD型以降はNinjaではない」とか、カワサキファンの方は極めてデリケートでナーバスだな。不思議と2気筒の「Z250」は「Z信仰」として認知しているようだが、これは「スケ(彼女)が乗る」とか諸般の事情があるようだ。

一方で世紀末に現れた「ゼファーシリーズ」は「Z信仰」の対象とならないらしい。穏健派は「Z」として認めているようなのだ頑なな保守派がいらっしゃる。レプリカ全盛時代に空冷2バルブのトラディショナルなスタイリングで登場した「ゼファー400」は若いカワサキファンやレプリカのスペック競争に疲れた層に絶大に響き大ヒットとなった。一説には「単車やめちゃおうかな」と思ったカワサキを思いとどまらせたらしい。そんな大ヒットした「ゼファーシリーズ」を「Z」として認めないのが不思議だった。当初は自主規制ギリギリのパワーあ当たり前だった当時にナローなスペックで登場したからなのかなあと20代そこそこの拙僧は思っていた。しかし、4バルブでライバルたちと同等に戦える「ゼファーΧ(かい)400」が登場してもブランドの地位が向上した雰囲気が無い。「ゼファー1100」が「オヤジツアラー」の「ボイジャー」の水冷エンジンをベースに空冷化したことが気に入らないという説もあるが、要するにかつての至高である「RSZ2」よりも400ccの方が速いというのが受け入れがたかったんじゃないかな。

21世紀も20年も経つので水冷2気筒で31馬力のニンジャ250も普通に「Ninja」として認知されているしネイキッド化した「Z250(新)」も同様だ。マミヤで「Z」というと「マミヤRZ67」が頭をよぎるが、マミヤのライカ判一眼レフカメラ末裔の本カメラ「マミヤZE」は「Z」の称号を戴けるのであろうか。記憶では身売りしたマミヤの中判デジカメも「Z」だったきがするが、ニコンの新マウントが「Zマウント」だったりしてカメラ世界の「Z」の称号は混迷しているようだ。

コンテンツもご覧いただきたい。

 

 

 

ZG1200ボイジャー

| | コメント (4)

2019年11月 2日 (土)

マミヤ セコールE 50mmF2

Dscn1974ご存知の方はご存知の通りだが、拙僧は国際結婚カップルだ。それに海外生活の経験もあるし移民の経験もある。今は落ち着いたが妻は海外出張が多かったし、拙僧も中央アジアで単車を転がすくらいの好きモノである。そんな拙僧夫婦が来年早々にモロッコに行くことになった。

モロッコもカサブランカあたりをちょろっとではない。最初から成田への堂から始まりイスタンブール経由でマラケシュに上陸。翌日はタンジェまで列車で北上。日帰りでジブラルタル海峡を渡り翌日はバスでシャウエン。1泊してバスでフェズ。流石に3泊の休息をとってマラケシュへ向かってイスタンブール経由で成田。さらに1泊して三河に向かうのだが拙僧は横浜で足止めして横浜美術館のルノワールを観る。ひょっとしたらイルクーツクにもよるかもしれない。

何だか訳が分からないが名古屋から東京を経由して青森。日帰りで函館に行って日本海側から帰ってくるようなものだと思ってほしい。

Img446

それはそれで、そういう星の元に生まれてしまったのだから仕方がないのだが、問題は食なのだ。なにしろ妻は米とキムチしか受け付けず、イタリア半周+チューリッヒの時にはキムチ麺を探す旅になってしまった。モロッコではキムチ麺も難しいだろう。それで名古屋のモロッコ料理屋に行ってモロッコ飯を試してみることにしたのだ。結果から言うとネガティブ。妻はインスタント飯にインスタントラーメン、インスタント味噌汁を可能な限り持って行く覚悟を決めたようだ。もっとも、拙僧も毎日モロッコ飯はしんどいかな。なにしろムスリムの国である。大っぴらに酒が飲めない。意外とスーパーでも手に入ることができるらしいのだが公共の場所では飲めないのだ。つまり7時間ほどの列車移動中に酒も飲めないのである。これは深刻な問題だなあ。それでモロッコ飯のジャッジをしていたのだが、我々の話を聞いていたのか遠くのテーブルの女性二人組が急に英語で話し始めたのだ。とても短い会話で終わったけど。どうも、拙僧夫婦が海外の話をするとマウントをとりたくて海外通を示威いたくなる方が少なく無い。以前も名古屋の写真フォーラムの散歩写真会で、拙僧が道に迷った中国人を片言の北京語で案内したら、周りの方々の拙僧を見る目が変わったことがある。そういうのは珍しくなく、日本人というのは海外コンプレックスがあるなあ。

そのマウントとはあまり関係ないのだろうが、本レンズはマミヤのミラクルマウントとわれるZEマウントである。とにかく、マミヤは中判カメラは保守的でプロフェッショナルなのにライカ判一眼レフカメラは安っぽく簡単にマウントを変えてきた。ひょっとしたらマミヤにもライカ判一眼レフカメラの遅れにはコンプレックスがあって、マウントを変えることで心配を回避しようとしたのかもしれないな。

コンテンツもご覧いただきたい。

  

| | コメント (4)

2019年10月12日 (土)

ペンタックス *istDL と パナソニック ルミックス DMC-G3

Igp6275随分と「モデルポートレイト撮影作戦」から離れていたのだが、今月は久しぶりに参戦できそうである。今から撮影機材と「ガン」の選定が楽しみだ。もっとも、このところ週末を選んで天候が悪いので一抹の不安はある。

最近の傾向としてフィルム部隊を欠とすることがある。極めて残念だが天候不順だったり屋内撮影だったりしてフィルムだとどうしても行動が限定的になってしまう。以前だとスーパープレスト1600という戦場選ばずのハイパフォーマンスフィルムも有ったのだが、今となっては拙僧の師団がイルフォードデルタ3200を運用するのは難しいしな。それでも、結局は雲が薄くなったりしてニコンFM10にAiSニッコール50mmF1.8とトライX1本でも加えていればよかったと悔しい限りだ。

P1100843 フィルム部隊の編成はライカ判一眼レフや、いわゆる高級コンパクトカメラ。中判カメラなどフレキシブルな編成となるが、デジ部隊の編成は定型化している。デジタル一眼レフカメラ+ミラーレス一眼カメラそ主軸に、それぞれのレンズを2~3本づつだ。最近は拙僧の人間のヘタレから装備を軽くしたい傾向があり、デジタル一眼レフカメラのレンズを2本にして、ミラーレス一眼カメラ用レンズを3本、或い2本するケースが多い。なっていったって望遠ズームだろうが単焦点レンズだろうがミラーレス一眼カメラ用のレンズはスカスカだからな。

P1100903それで、何の問題もないのかというとそんなことはない。正直なところミラーレス一眼カメラの軽量さは魅力的だが問題もある。一つはカラーバランスがまちまちなのだ。これは複数のミラーレス一眼カメラで傾向は違えど発生するのでミラーレス一眼カメラの特徴と言ってもいいだろう。もう一つは標準ズームの広角側でかなり歪む。或いは周辺の描写力がが著しく低下する。拙僧はテクニカルなことは分から無いのだが、どうもミラーレス一眼カメラのレンズはプアでボディの画像処理ソフトに依存が高い気がするな。デジタル一眼レフカメラだって安い標準ズームは似たような魔法を使っているだろうけど、やっぱりレンズが大きい分、依存性はマシなのではないだろうか。もっとも、拙僧のミラーレス一眼カメラの装備は最も新しいものでもルミックスGF-5やキヤノンEOS-M(初代)だから、最近の事情は違うかもしれないけど。

Igp6295拙僧のデジタル一眼レフカメラの主力は今だ600~1000万画素級である。EOSキスデジX4もあるがニコンD80とか*istDLを動員することが多い。これらは画像処理ソフトの依存度が低い気がするし、あまり高画素でモデルさんの皮膚の好ましくないテクスチャを写してもらっても困るのだ。弱点は暗所だが、そう言う時には予備のミラーレス一眼カメラを投入する。ミラーレス一眼カメラも前述の通りなるべく標準ズームは使いたくないのでシグマ30mmF2.8あたりの動員が多い。*istDLかシグマのミラーレス一眼カメラ用単焦点レンズは報告したいのだが、いずれとさせて頂きたい。

ちなみに1枚目と4枚目が*istDLで2枚目と3枚目がルミックスG3である。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (11)

«アグファ オプティマ 1035 センサーエレクトロニック