« エルモ C200 | トップページ | IBM ThinkPad345CS »

2006年3月 3日 (金)

コダック DC280J

IMG_7448  コダックのDC280Jは、でかい図体に200万画素級の一見目立たないデジカメであるが、非常に優れた特徴をもっている。ライカ判換算で30mmから始まる2倍ズームを搭載するのだ。2006年の現在でも、35mmより広角のレンズを搭載するデジカメは限られるから、これは素晴らしい長所だ。パースの誇張を期待して、拙僧は初めから航空機のような細長い機体を撮影するために北京に持ち込んだが、果たして期待通りの仕事をしてくれた。

DCP_0482  そのプライスタグは525円で、そのような素晴らしいレンズに気づかず、半年以上はジャンク籠にほおっておいた拙僧は愚か者だ。

 本カメラを紹介するコンテンツと、その撮影結果である北京戦車博物館中国航空博物館も見て頂きたい。

|

« エルモ C200 | トップページ | IBM ThinkPad345CS »

コメント

いやぁ戦車博物館なんてあるんですか。日本じゃ考えられません。野外展示なんか見ると博物館というより「中古戦車センター」みたいな趣です。

投稿: 大佐 | 2006年3月 4日 (土) 23時37分

こりゃあ本気で中国ツアー考えないとなぁ^^;
戦車博物館は本当に本邦では全く考えられませんよね。新潮文庫「クルスク大戦車戦」上下
を読んだ直後だけにT-34を見たいですわい。ガラスケースの中身にも興味をそそられました。

投稿: アイボール | 2006年3月 5日 (日) 20時01分

なるほど、「中古戦車センター」とは得て妙です。>大佐殿
T-34やMig-17あたりはかなり余っているようなので売ってくれるかもしれませぬ。
クルスク戦車戦でT-34なら「ベルリン陥落もの」をお読みの暁にはJs-2やJsu-122などお楽しみいただけるのではと思います。>アイボール殿
高めなホテルタクシーをチャーターしても1日5~6000円位でしょうから、1日遊んでも割安だと思いまする。

投稿: Rikkie | 2006年3月 6日 (月) 09時09分

お帰りなさいまし。
戦車博物館楽しそうですね~
94式軽戦車には興味津々です
他の逸物も田宮のプラモでこさえた事のあるものばかりで
実物が見て~~~とか
思ってしまいました

投稿: 「艦長」 | 2006年3月 7日 (火) 02時05分

是非ご覧下さい>艦長殿。
今はデジカメの世の中ですから、撮影枚数を気にすることなく、ディテールを画像に残す事ができますよ。
鋳造の荒さなどは、やはり実物を見ると迫力があります。

投稿: Rikkie | 2006年3月 7日 (火) 08時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コダック DC280J:

« エルモ C200 | トップページ | IBM ThinkPad345CS »