« RevioC2逝く | トップページ | コダック DC280J »

2006年3月 2日 (木)

エルモ C200

DCP_0535  まめに中古カメラ屋を物色できる環境があれば、ネットオークションの相場は高いと思うだろう。特にデジカメは高くて、ちょっと落札するつもりにはなれない。しかし、例外的に安いのが8mmシネカメラだ。売り手側もビジネス的な方便抜きで知識が無いから捨値で出品する場合が多く、競合する数奇者も少ないから買い手市場である。まあ、本来ならリサイクルショップのジャンクコーナーで500円以下で転がっているのがベストなのだけど、そういう機会は意して作れるものではないのである。
 にもかかわらず、このエルモC200は中古カメラ屋のジャンクコーナーで、8mmシネカメラのジャンクとしてはちょっと高い価格で引き上げたものである。まあ、マクドナルドで標準的なセットメニューが4回食べられるくらいの価格帯だ。なんで、そんな大金(!)を払ったのかというと、本カメラはちょっと特殊な特徴を持っていて、ネットオークションでの出品も少なく、あってもライバルが現れたりして、比較的高め値段になってしまうのである。その特徴と言うのは、フィルムバックが分割してシングル8とスーパー8の両方のフィルムを使い分けできる事なのだ。8mmシネに詳しくない方はVHSとβが両方使えるビデオカメラだと思って欲しい。いったいどれだけそんな需要があったのか疑問なのだけれども、とにかくユニークなシネカメラなのだ。
 拙僧の物件は肝心のモーターが不動の完全ジャンク品だった。だが、それは然程悲観する問題ではない。露出計あたりがお亡くなりになっているとどうにもならないのだけれども、モーターの場合は配線の不具合だけで治ったりるかもしれないのだ。むしろ、死に掛けの不安定な動きをするモーターより希望が持てるのだな。興味深いのは「残っている」単三電池4本と水銀電池アダプターが入っていた事で、恐らく前オーナーはモーターが止まるまで実運用していたのであろう。
 むしろ、本カメラを手に入れたのが帰郷時で、この重いシネカメラをハンドキャリーで愛知県まで運ばなければならないのが問題である。なんていったって、他にも1ダースほどのカメラが既にバッグの中を占領しているのだ。

|

« RevioC2逝く | トップページ | コダック DC280J »

コメント

おかえんなまし。
8ミリフィルムのダブルフォーマットなんて凄いのがあったんですね。Rikkieさんの8ミリ知識にはいつも驚かされます。それにしても1ダース抱えて中国旅行にも頭が下がるのだ。

投稿: 大佐 | 2006年3月 2日 (木) 22時37分

いやあ、なんのかんのといっても動かないカメラってのは存在が辛いところがありますね。コレクターではないというのが大義名分ですから。
今回の新宿・中野攻勢では大佐殿の支援でよい戦闘ができました。

投稿: Rikkie | 2006年3月 3日 (金) 14時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/8907580

この記事へのトラックバック一覧です: エルモ C200:

« RevioC2逝く | トップページ | コダック DC280J »