« 長城 PF-1 | トップページ | オリンパス L2 その2 »

2006年4月24日 (月)

コニカ MG/D

Img_7498  久しぶりに「拾う者なし」に相応しいカメラを紹介したい。

 「コニカ MG/D」の事はよく解らないが、本カメラの購入意欲はその経られ具合の極みなのであった。裏ブタロックなんて溶接してあるのだ。そこまでして本カメラで撮影しようとした前オーナーに敬意をしめして拾い上げたものだ。

Img_7494

Img_7489 AFユニットも巻き上げもとりあえず動きそうなので、撮影が出来ること証明したいものである。

|

« 長城 PF-1 | トップページ | オリンパス L2 その2 »

コメント

良く見るとヘキサノン搭載なんですよね~
機械部・可動部は経時的劣化が起こりますが
古いレンズには相応の味が出るような気がするのは
私だけでしょうか?

投稿: 「艦長」 | 2006年4月25日 (火) 00時47分

こりゃ凄い。
枯れたというか…割れたというか…溶けたというか
これを拾い上げた氏には素直に敬意を表したいです。

ボディサイドのリブが格好よいです。
しかしこの擦れ具合はライカでもなかなかお目にかからない。
指紋検出されたかのような白い汚れは犯罪現場帰りみたいだし
電池室が半分開きかかっているのも哀愁をそそります。

投稿: 大佐 | 2006年4月25日 (火) 01時04分

そう言えばヘキサノンですねえ。>艦長殿
もしかしたらコニカBigMiniの遠いご先祖かもしれません。
単三電池時代のコンパクトカメラの写り具合は、なかなか興味深いものですよ。

大佐殿の眼力に叶えば本望です。
拙僧が興味を持ったのが、ここまで手を加えてまでこのカメラを使っていたであろう前オーナーに敬意の念をもってしまったのですね。
幾多の死線を乗り越えたのだろうかと思いをはせる訳です、はい(笑。

投稿: Rikkie | 2006年4月25日 (火) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コニカ MG/D:

« 長城 PF-1 | トップページ | オリンパス L2 その2 »