« DSC-F1 | トップページ | 三洋 DSC-MZ1 »

2006年6月16日 (金)

フジカ ST-605

Img_7974  最近買ったカメラの中で真面目なカメラがこれ。フジの一眼レフカメラのST-605だ。M42マウントで廉価なモデルを主張するようにシャッター最速が1/700だったり、付属のレンズがF2.2だったりするのが中途半端でお茶目なのである。価格は露出計不動の物が2500円(税抜き)。これでちゃんと撮影が出来れば妥当な価格だと思う。

 ところで、この世界の教主たる田中長徳氏はフジカのデザインが甚くお気にめさないようだ。節操などは然程個性的とも思わないけど、破綻も無いデザインだと思うのだが如何なものだろう。また、同氏が盛んにレンジファインダーの使い易さと一眼レフの使い難さを説いているのにもピンとこなかったのだけど、どうも氏がカメラを手にする時代はレンジファインダーが主流であり、拙僧がもの心ついた時には時代は一眼レフが主流であった事に由来があるような気がする。拙僧は35mmの焦点距離でもレンジファインダーより一眼レフの方が迅速にピント合わせができる。もちろん、どんなカメラを構えようが拙僧の技量など同氏の足先にも満たないのだけれども、これはアイデンティティの問題なのだ。

|

« DSC-F1 | トップページ | 三洋 DSC-MZ1 »

コメント

おぉフジカのSTじゃないですか。
誰が何て言ってるか知らないけど、あたしゃ好きですよ。横幅が少し寸詰まりな所が大好き。801のブラックは今でも欲しいカメラの上位リストに入ってますから。

投稿: 大佐 | 2006年6月24日 (土) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/10495562

この記事へのトラックバック一覧です: フジカ ST-605:

« DSC-F1 | トップページ | 三洋 DSC-MZ1 »