« リコー DC-3Z | トップページ | キヤノン オートボーイAXL »

2006年7月 1日 (土)

コニカ e-miniD

Img_7963  既に主力機は300万画素級に達していた21世紀初頭にコニカから発売されたおもちゃデジカメがこのe-miniシリーズである。ノーネームのe-miniは内蔵メモリで液晶ビュワー無しのプリミティブなデジカメ。e-miniDは液晶ビュワーつき。大佐殿のブログに紹介されているminiMは外部媒体(CF)に対応しています。

 本カメラの液晶ビュワーは再生専用で撮影時には使用できないのだけど、一先ず撮影した画像がその場で確認できるデジカメの利点を活用する事はできるな。ケーブルは端子が小さいタイプで、探したら手持ちのおもちゃデジカメスティックショットのものが一致。ドライバーはメーカー(といってもコニカミノルタ)のHPからダウンロードしたんだけど、そのままでは使えず一寸苦労をした。

 ところで、こういう内蔵メモリ式のデジカメを処分する時はちゃんとリセットしなければならないだろう。本カメラも幸せな家族が遊園地で遊んでいる画像が残っていたのだけれども、どうしたものだろう。<消せよ

|

« リコー DC-3Z | トップページ | キヤノン オートボーイAXL »

コメント

さすがはプラカメ王Rikkie殿。
抜かりない手駒です。

失敗したタイヤキという印象が強かったのですが
改めてよく見ると、なかなかの強面ですね。

グリップとファインダーの位置関係が完全に
クロスしているのも、なかなか突っ張ってる
じゃないですか。やるなぁ。買うかな( ¨ )\☆ばし

投稿: 大佐 | 2006年7月 2日 (日) 02時00分

「失敗したタイヤキ」、流石大佐殿、得て妙なご観察です。
でも、さすがコニカのデザインだけあって、ホールドすると実に具合が良いんですよ。拙僧は防水ラジオに見えましたあが、つぶつぶモールドも効果を発揮しています。
ただ、出来上がる絵が何なのでお勧めは出来ないですねえ。コニカは一時期まで完全にデジカメユーザーの画質欲をなめていましたね。その失敗は後半になっても回復できなかったようです。

投稿: Rikkie | 2006年7月 2日 (日) 15時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/10683848

この記事へのトラックバック一覧です: コニカ e-miniD:

« リコー DC-3Z | トップページ | キヤノン オートボーイAXL »