« コニカ 現場監督WIDE28 その2 | トップページ | キヤノン T-50 »

2006年7月24日 (月)

コニカ KD-300Z その2

Img_7005  何時ぞやの300円で買った300万画素級デジカメをコンテンツに纏めたのでご覧あれ。

 世の中、そんなに甘くない訳で、本カメラも実用には色々と問題はあるのですが、それでも300円分は充分に遊べた訳で、改めて優良な漁場を失った事を嘆いております。

 電池さえ持てば良いカメラなんですがねえ。

|

« コニカ 現場監督WIDE28 その2 | トップページ | キヤノン T-50 »

コメント

うぉぉぉ小さくて可愛らしい。スタイルだけなら現行のデジカメに引けをとらないじゃないですか。
しかし見るからに持ちが悪そうなバッテリーですね。しかも黎明期のデジカメ並みにしか撮れないと言うんでは辛いですにゃ。
もっとも当時はデジタルイクシもバッテリーの持ちは悪かった悪かったようですよ。

投稿: 大佐 | 2006年7月25日 (火) 00時37分

そそそ、そうなんです。本カメラも、そのうち紹介するマクセルのハリバートン仕様も21世紀初頭のデジカメとしては引き締まってカッコいいんですよねえ。
こいつが新品だった頃にどれだけ電池が持ったのか興味深いですね。

投稿: Rikkie | 2006年7月27日 (木) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/10735616

この記事へのトラックバック一覧です: コニカ KD-300Z その2:

« コニカ 現場監督WIDE28 その2 | トップページ | キヤノン T-50 »