« シャープ VL-EX3 | トップページ | シングル8消滅 カウントダウン »

2006年9月 7日 (木)

NEC ピコナ

Img_8194  今では家電メーカー製のデジカメを誰も不思議と思いません。ほとんどの人は忘れてしまったんでしょうけど、デジカメの黎明期にその開拓者となったのは意外と電算機器メーカーのカシオでした。フジやリコーも気を吐いていましたけど、やっぱりQV-10のショックは大きかったと思います。そういえば、一時期まではエプソンも力を入れていたのですけど、最近はどうなのでしょう。本カメラは、まだデジカメが市場でどのように受け入れられるか混沌としていた時代にどういう訳か計算機器メーカーのNECが発売した35万画素級デジカメであります。

Img_8206 NECというとPC98とか硬くて融通が利かないイメージがZ80時代の拙僧にはあるのですけど、本カメラは見た目はムービーカメラの様で斬新であります。液晶ビュワーのフレームレートが遅くて、映像がカクカクしているのは時代的にもご愛嬌としても、ボディ後頭部のレリーズボタンは、これは手振れの誘発を推進するようなパッケージングで、この辺りに実際に撮影しない計算機器メーカーの技術者の浅はかさが見え隠れします。事実、NECのデジカメはこれが唯一のようです。

本カメラは35万画素級デジカメとしては高めの値段で拾ったものですが、大佐殿のコンテンツで見てからというもの、欲しくていつかはと思っていたのでした。もちろん、ネットオークションで手に入れられる価格の数分の1程の価格です。

|

« シャープ VL-EX3 | トップページ | シングル8消滅 カウントダウン »

コメント

うひゃぁ、ピコナに手を出すとは。( `◇´ )/

私が引かれたのは当時このクラスで無圧縮モードが選択できたからでした。今となっては「だからどーした」ですが。

あと、液晶付きで単三仕様なのに異様に小さかったのも好きでした。

とにかく電池の持ちが悪かったにゃぁ。電気が「蒸発」してる感じでしたわ。今なら大容量のニッ水が使えるから何とかなるかも。

こいつで撮った絵を「デイジーコラージュ」の水彩画モードに変換して遊んでいました。

投稿: 大佐 | 2006年9月 7日 (木) 23時40分

早速のコメントどうもです。>大佐殿
拙僧の場合はやっぱりルックスですね。それと計算機屋のNECが気の迷いで世に出したという点にも興味があります。
単三電池2本でコンパクトフラッシュ採用ですから、結構しっかりとした作りこみなんですよね。あのレリーズボタンだけはいただけませんが。

投稿: Rikkie | 2006年9月 8日 (金) 20時18分

私もZ80Aには惚れた物です
最もPC8801とかX1でしたが。
二眼デジカメやレンジファインダーデジカメとか
売られているのでまだまだデジカメ混沌時から抜け切ってないですよねぇ??

投稿: 「艦長」 | 2006年9月13日 (水) 13時36分

ああ、艦長殿もZ80世代でしたか。拙僧の始めてのPCはX1ターボでしたね。
ところで最近では二眼レフのデジカメがあるんですか?
ろーらいとかが作っているんですかねえ?

投稿: Rikkie | 2006年9月15日 (金) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/11743610

この記事へのトラックバック一覧です: NEC ピコナ:

« シャープ VL-EX3 | トップページ | シングル8消滅 カウントダウン »