« ミノルタ ベクティス GS-3 | トップページ | ワルツワイド »

2006年10月 6日 (金)

フジカ ZXM500

Img_8264  もはや運命の決まったシングル8なのだけれども、まあ、嘆くよりは多くの撮影をして多くの思い出を残す方向に考える方が健全だと言えよう。

 そう入っても、そんなご時勢だから「もう8mmシネカメラは買わない」と妻に誓った。でも、やっぱりやってしまうのだな。しかもネットオークションの「セットもの」だから一度に6台のシネカメラが届いてしまった。勿論、ゴミ寸前のコンディションのものばかりである。そんな中で使えそうだったのがこのZXM500だ。

 詳しくはコンテンツをご覧いただくとして、流石の拙僧もシネカメラ買いは最後にしようと思っている。暗闇で映し出される不完全で美しい映像と言うのは今でも魅力があるのだけれども、フィルムがなくなってしまうのだから仕方ない。デジタルビデオも買ってみたけれども、だらだらと流れるTVの映像も悪くは無いけど、3分間のフーテージの美しさと比べるものではないな。

|

« ミノルタ ベクティス GS-3 | トップページ | ワルツワイド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/12148486

この記事へのトラックバック一覧です: フジカ ZXM500:

« ミノルタ ベクティス GS-3 | トップページ | ワルツワイド »