« キヤノン 110E | トップページ | フジ ファインピクス4700Z »

2006年11月 5日 (日)

ニコン オートニッコール200mmF4

Img_8320  本レンズについてはその存在感や重厚感、そして東京オリンピックといった時代背景がこの趣味の世界の重鎮たる田中長徳氏や飯田鉄氏にて語られているのだけれども、興味深いのはその描写力については全く語られていないのだ。「使うニコン」の作例もそれは意図的に手を加えたであろうはっきりしないモノクロ写真が使われている。

 当時としては需要があったので供給量は多いらしく、更にスペック的には特に魅力的ではないからジャンク籠に捨て値で転がっているのは珍しくない。拙僧はその重厚なルックスに魅せられていつかは欲しいと思っていたのだけれど、何度も手にして結局買わなかったのは非Aiマウントのレンズだからだ。手持ちではニコマートFT2やFEで使えないことは無いのだけれども、どちらのボディもくたびれていてちょっと実戦には耐えそうも無いのだ。

 10月の戦闘的中古カメラ戦線の共同運動ではめぼしいものは無かったのだけれども、フジヤカメラのショーケース内で本レンズを見つけたときは色ときめいた。それはAi改だったのだ。なのに価格は非Aiものと同じ3000円台だったのである。しかし、すぐに飛びつかなかったのは200mmという焦点距離のレンズは幾つかのマウントのものを持っているのだけれども1度も使っていなかったからだ。

 その後、共同戦線を結成している先輩諸氏とルノアールで小休止。日東光学で非Aiもののオートニッコール200mmF4が1万越えで売っているのを見て決意した。物件は経年を考えれば備品の部類でヘリコイドのなめらかさかさから一度はOHを受けたのではと思われる。大切に使われていたのではないだろうか。始めはちょっと後悔したのだけれども、ズイコーやタクマーに比べても作りこみはしっかりしているなあ。さすが日本光学だ。

 それにしてもいつもは「籠」や「棚」のブツしか拾っていないから、ショーケース内の物件を購入したのは久しぶりである。

|

« キヤノン 110E | トップページ | フジ ファインピクス4700Z »

コメント

登場を待ってました。最初見たときはそれ程物欲が沸かなかったのですが後になって沸々と物欲の湧き上がる名レンズですね。特にAi改が素晴らしい。箱や棚で良くお会いできるレンズですが、いずれもNonAiなんだよね。良く考えればAi改って見かけませんね。さすがは鋭い観察力。

投稿: 大佐 | 2006年11月 5日 (日) 20時34分

EMがいいですねえ。
200mmF4、こういうので撮影会してみたいものです。

投稿: 一成 | 2006年11月 5日 (日) 22時06分

その節はお世話になりました。>大佐殿
大佐殿が全く関心を示さなかったのが始めに逡巡した理由でもあるのですけれども(笑)、これは眺めたり持ち上げたりする分にはいいレンズですよ。同クラスのズイコーやタクマーとは作りが違います。問題は200mmなんていう焦点距離のレンズを全く使わない事なんですが、まあ、そんなレンズはごろごろしているので1つ増えたところでどうでもないかもしれません。もっとも、近所のハードオフにMCロッコール200mmF3.5が・・・。
EMにオートニッコールはいいですよ。>一成殿
これはボディの存在感がレンズに負けているのがいいですね。コンタックス叔父に見せてやりたいですね。これでポートレイト撮影をしたいものです。モノクロで硬めに焼いてみたいですね。本音を言うと西八王子に帰りたいです。

投稿: Rikkie | 2006年11月 8日 (水) 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/12563799

この記事へのトラックバック一覧です: ニコン オートニッコール200mmF4:

« キヤノン 110E | トップページ | フジ ファインピクス4700Z »