« キヤノン IXY320 その2 | トップページ | I-O DATA SMRW »

2006年12月16日 (土)

フジ クリップイットDS-20

Img_8478  フジのファインピクスはご存知だろうけど、クリップイットといって果たしてどれほどの方がご存知であろうか?フジがファインピクスシリーズを立ち上げる前に発売していたデジカメがクリップイットシリーズだ。液晶モニター無しの35万画素級デジカメから始まって、最終的には85万画素級のモデルも発売されたようだ。

 このクリップイットDS-20は既に2台持っていたのだけれども、3台目を買ってしまった。なぜかというと本体に5Vのスマートメディアが装填されていたからだ。2台目を買ったときも同じ理由だった。実際のところ、DS-20はどういうことの無い液晶ビュワー付き35万画素級デジカメなのだけれども、5Vのスマートメディアは貴重品なのだ。そういえば、本ブログで同じ理由でDS-8を購入した報告をさせてもらった。5Vのスマートメディアも既に予備が手元にあるのだけれども、今回の物件は100円なので、これはやはり押さえておかなければならないだろう。

 将来的に5Vのスマートメディアが高騰するとも限りませぬぞ。

|

« キヤノン IXY320 その2 | トップページ | I-O DATA SMRW »

コメント

クリップイット知ってますよぉ。私の弟は銀塩には
全く興味を持たない代わりにデジカメには私より
早く飛びついて、手に入れたのがクリップイットでした。

当時はハードディスクも凄く高かったようですね。
弟を見てると、腫れ物に触るようでしたね。
私はパソコンには興味が無かったと言うか
何が何だか解らない世界でした。はは

そうかぁ、クリップイットは5ボルトタイプですか。
いつかはDimageVを手に入れたい物欲親父としては
スマメの刺さったクリップイットも要チェックですね。

投稿: 大佐 | 2006年12月16日 (土) 20時58分

このBlogとは全く関係ないんですが、私の野望会議室が悲惨な状況に陥ったのでパート2を立ち上げました。いずれホームページのリンクも更新予定ですが、とりあえずURLから遊びに来てくださいね。

投稿: 大佐 | 2006年12月17日 (日) 22時47分

拙僧なんてクリップイット時代にはひたすら単車のトリップメーターを加算する事しか考えていませんでしたねえ。そんとき使っていたのがニコンFEとペンタックスオート110。酷使したせいかFEは1/125を超えるとシャッターが不安定。オート110は完全に衝天しましたわ。

DS-20は3.3Vのスマートメディアもいけます。但し、8MBまでのようですね(16MBもいけるという説あり)。拙僧もよく解らないんですけど、スマートメディアって16MBを超えると仕様が異なるそうで、150万画素級のオリンパスC-1400Lが8MBまでのスマートメディアしか使えないとか当時のデジカメ族の方々の苦悩が酌んで取れますね。なんでそんな事を知っているかと言うと8MB超えのスマートメディアを使えるC-1400XLを拾っているからなのだ。これもその内レポートします。前にC-1000Lを拾った話を書き込みましたが、やっぱりメガピクセル級物が欲しくなって、それから2週間もしないうちに落札してしまったのだ。

DS-20にはついてはコンテンツも作ってありました。
http://homepage3.nifty.com/Rikkie/Camera/dejikame/DS20/CAMDS20a.htm

DimageVは良いですよ。受光ユニットが外れるとか理解に苦しむ点はありますが、ミノルタが渾身を込めて作ったことが伝わります。ただ、5Vのスマートメディアしか使えないというのは如何な物かと思いますが。

投稿: Rikkie | 2006年12月18日 (月) 18時12分

うむむむ、実は最近気になってきてるのが、1400なのだ。デザインも発売当初は嫌いだったけど今は俄然好きになってしまった(本当に節操ないわねぇ)。

気になるのがこれって「光学ファインダー」なんですか?

投稿: 大佐 | 2006年12月18日 (月) 23時17分

C-1400ですよねえ?
これはれっきとした一眼レフですよ。ただ、多分ハーフミラーで受光した一部分をファインダーに持ってくるタイプじゃないかと思います。でも、電源を入れないとファインダーは真っ暗なんですよねえ。電源OFF時にはミラーが上がっているのかなあ。ミラーショックが全く無いんですよ。ファインダーの見え具合は京セラのサムライ並ですね。でもレリーズラグが殆ど無いんですよ。だから並みのEVFより使えると思います。
それに、こいつの液晶ビュワーは再生専用なんですよねえ。この割り切り方はびっとしてますよねえ:)。
何れにしろ、そのウルトラ警備隊なスタイリングと歴史的価値で抑えておくのは得策かと思います。但し、Lだと8MBまでのスマートメディアしか使えないのでXLじゃないと禁欲的な撮影をしいられますよん。3000円位までなら払ってもいいのではないでしょうか?

投稿: Rikkie | 2006年12月19日 (火) 13時56分

ぐわっはっは。1400XL買ってしもたぁ。( ¨ )\☆ばし

んで、早速自宅で64メガのスマメ刺したら「カードエラー」
調べたら32メガまでだったのね。

んで、机の中を引っ掻き回して昔C2000時代に手に入れてた32メガのスマメを刺したら、やっぱりエラー。
‥調べたら35メガの方はカードが壊れてました。

うーん、記憶容量では今一番高価なスマメを買い足すもの気が引けるけど、いかんせんカードを認識しないとファインダーが開かないみたいね。

投稿: 大佐 | 2006年12月24日 (日) 03時07分

間違えた。シャッターが切れないのよね。

それじゃ面白くないので今日スマメ買って来ました。

試し撮りの感想は「今でも充分使えるじゃん」

投稿: 大佐 | 2006年12月25日 (月) 00時31分

おおっ、C-1400XLを手に入れなさりましたか。
これはデジカメ史に名を残すマイルストーンでありますからして、大佐殿のような見識の有る方の手には必ず有るべきものでございます。
次はクールピクス900ですかねえ(’v’トオイメ。
この85万画素紀から300万画素紀に至るまでのオリンパス黄金時代のデジカメを見ますと、偉いなあというのはちゃんと「カメラ」しているのですよね。ニコンなんて変に奇をてらったデジカメか、思いっきり割り切ったデジカメしか出していなかったですから。
C-2000シリーズもリキが入っていましたよねえ。
あの名機クールピクス950ですら選べる絞りは3種類ですからねえ。

投稿: Rikkie | 2006年12月25日 (月) 09時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/13041849

この記事へのトラックバック一覧です: フジ クリップイットDS-20:

« キヤノン IXY320 その2 | トップページ | I-O DATA SMRW »