« ニコン F4 | トップページ | フジカ ZXM300 »

2007年1月 3日 (水)

京セラ サムライx3.0

Img_8135  0円プリントでハーフ判の72枚のプリントを焼いてくれるのが解ると俄然注目してしまうわけです。まあ、仕上がりはどこと無く投げやりな感もあるんですが、それでも600円弱で72枚のプリントを眺めるのは壮観であります。

 ハーフ判路線というのはカメラ人民として覚醒すると避けて通れない方向性です。大抵はオリンパスペンやキヤノンデミで予想外のいい感じの写真が撮れて、その運動に加速がつきます。72枚のフィルムの巻上げを自動化しようというのは一種の堕落かもしれませんが、中古カメラ主義にも柔軟性が必要と鄧小平さんもおっしゃっていたので、数少ない自動化ハーフ判カメラであるサムライシリーズに白羽の矢が立つわけです。まあ、実際にはズイコーで撮影したネガとの違いに唖然とするのですけどね。

 例によってコンテンツもご覧あれ。

|

« ニコン F4 | トップページ | フジカ ZXM300 »

コメント

おばんです♪
Penは3台持っていますが、このズームでハーフと言うのは写りが・・・で放棄しました。
非常に面白いカメラですが、私的にはちょっと???と言う感じです。
OMですがヤフオクでレンズとも3000円で落としました。10ですよ、前持ってたはずですが(笑
あ・・・またレンズ地獄が始まる。

投稿: めだか猫、時々内海 | 2007年1月 3日 (水) 23時38分

めだか猫さん、どもどもです。
ペンを3台お持ちですか。拙僧もEE、EE3、EESと3台持っています。廉価路線ばっかりですがEE3辺りは信頼性もまずまずで海外旅行でも使っていますよ。
ズイコーで撮影したモノクロプリントと比べてしまうと萎えてしまいますよねえ。でも、部屋で空シャッターを切っていると面白いんですよね、ギミック的に。立体感の無い薄っぺらいカラープリントを部屋一杯に並べるのもオツなので当面は家庭内ジャンク籠にほおりこんでおきます。
既にOMボディを確保とは迅速ですね。これでめだか猫さんの下にビビターとかくもり癖のある頃のシグマの28mm辺りが集まってくるのですね。ご愁傷様・・・、いやいや、ご健闘をお祈りします(^^。

投稿: Rikkie | 2007年1月 6日 (土) 08時34分

SAMURAI×3と言えば
私が写真をはじめようと思って はじめて買った
カメラですよ~
昔あった48枚撮りのフイルムを入れてしまうと
なかなかカメラから出てこなかった記憶はあります。
多少重いですが ツーリングの時とか
大活躍でしたよw
いまだに現役です

投稿: 若宮 | 2007年1月16日 (火) 02時16分

ふむふむ、若宮殿もサムライについては歴史をお持ちですか。
確かに、デジカメなどは影も形も存在しなかった時代ですと、ショット枚数の多いサムライはツーリングには都合が良いですよね。
拙僧はGSX400Rインパルス時代、ペンタックスオート110を使っていましたよん。

投稿: Rikkie | 2007年1月23日 (火) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/13057398

この記事へのトラックバック一覧です: 京セラ サムライx3.0:

« ニコン F4 | トップページ | フジカ ZXM300 »