« フジ フジカスコープM40 | トップページ | キヤノン AC 35-70mm 1:3.5-4.5 »

2007年2月 1日 (木)

ニコン クールピクス2500

Img_8584  拙僧の手持ちの陣営で最も稼働率が高いのはパワーショットA10だ。3倍ズーム付きの130万画素級デジカメで、キヤノンとしても本命のIXYデジタルシリーズでは切れ味が強すぎて、いままで何の疑問も抱かずにオートボーイを使っていた中高年の方々向けに安く作ったものである。したがって、画質は平均以上だが操作系はオートボーイを踏襲している。つまりユーザーに余計なボタンを押させないように小さなボタンをフィクスしている。

 どちらかというと外へ出すよりは三脚の上に乗っている時間のほうが長かった。つまり、コンテンツ作成用のブツ撮りに使っていたのである。そうなれば130万画素級どころか、一番小さなサイズで撮影していた。それ程、マクロ撮影に向いているわけでもなく、小さなボタンをちまちま押すのも面倒ではあったが、慣れてしまえばどうと言う事は無かった。あえて付け加えれば蛍光灯下でのホワイトバランスの具合が良かったけれども、そんなデジカメなら他には幾つでもある。なのでデジカメは1リーグの野球チームを作るほど持っているけど、実際の撮影の殆どはパワーショットA10とファインピクスF401で用は足りていた。つまり、他のカメラは殆ど使わないと言うことであまりの馬鹿さ加減に自分で言ってて片腹痛いな。

Img_8600_1  ところが度重なる転倒にも耐え切れなくなったのかパワーショットA10の調子が悪くなった。やべえと思うほどの衝撃を受けてフリーズしたことも何度もあったが、どういう訳か自然治癒していたのでほっとしていたのだけれども、とうとうズーミングボタンの具合が悪くなってしまったのである。まあ、あれだけの災難を受けて、とりあえず撮影は出来るんだから大したものである。しかし、手持ちのデジカメの中でブツ撮り用として都合の良いデジカメがなかなかった。いかに拙僧がへぼな買い物をしているかを口外する様で恥ずかしいのだけれども、どれも帯に短し襷に流しなのである。ところが、意外なデジカメがその用途に適する事が解った。ニコンのクールピクス2500である。

 詳しい経緯はコンテンツで紹介しているので読んで頂きたい。クールピクス2500は、その登場時にはどちらかと言うと悪い評価をしていたのに、人間が成長すると良い部分が見えてくるものである。

 いや、成長はしていないな。家庭内ジャンク箱に溢れるカメラ郡を見れば。

|

« フジ フジカスコープM40 | トップページ | キヤノン AC 35-70mm 1:3.5-4.5 »

コメント

ニコン信者の私は店頭で新品を見た記憶が無いんです。いや多分見えてて見えない存在だったのかも。少なくても信者としては「ニコンのデジカメであろうはずが無い。これだけは見たくなかった」という心理が無意識に働いていたのかも。

しかし時は流れて現在店頭に溢れてるスタイリッシュ一辺倒のデジカメを眺めていると、プラボディにブルーのアクセントをまとった2500が実にカジュアルで新鮮ですね。インナースイバルも今となっては貴重な機構です。

んで、届きましたぁ。ビックリしたなもう。サンクス。
これを囲んで「今夜は鍋だぁぁ!」( ¨ )\☆ばし
えっ?プレゼントじゃないの?( ¨ )\☆ばし

墓場屋ですが、最近気になったのはピカイチカリブくらいでしょうか。ちょっと寂しいにゃぁ。

投稿: 大佐 | 2007年2月 3日 (土) 13時36分

どもども、大佐殿。
拙僧も発売当時は「おいおい、ニコンはこれでIXYデジタルと戦争するのかよお」と嘆いていたのですが、現在の視線でみると、軽さと明るさは評価されて良いと思いますね。何しろ、画像は良いですから。
例のブツはその後、5Vのリーダーがもう一つ拙僧の家庭内ジャンク箱から出てきたので無期限供与で結構でやんす。捨てるくらいなら送ってくだされば結構。
このリーダーが出てきたことで、また、歴史的遺物が一つ稼動状態になったのでご期待くだされ。

投稿: Rikkie | 2007年2月 4日 (日) 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/13209223

この記事へのトラックバック一覧です: ニコン クールピクス2500:

« フジ フジカスコープM40 | トップページ | キヤノン AC 35-70mm 1:3.5-4.5 »