« ニコン クールピクス2500 | トップページ | コシナ AF ZOOM LENS 28-70/F3.5-4.8 (FDマウント) »

2007年2月 5日 (月)

キヤノン AC 35-70mm 1:3.5-4.5

 岡田いさく(ださく)氏は自身の著書で帝国主義政権下の日本軍の開戦は「自分勝手な思い込みと、相手に対する無理解」によって行われたと述べている。勿論、氏の著書であるから、知的なユーモアで巧みに読み手に重さを感じさせないのだけれども、恐らくその通りだろう。じゃあ、戦後の日本が戦前とどの程度違うかを真剣に考えると、かなり悲観的な気分になってしまうな。「自分勝手な思い込みと、相手に対する無理解」は、我々個人レベルでも日常的な悲劇を招いてしまうものである。Dscn3368_2

 さて、これも成田からの帰りの途中で拾ってきたレンズである。一瞥して黎明期のAF一眼レフレンズだと解った。純正のFDマウント物を手に取ったのは初めてだけれども、ペンタックスのME-FやオリンパスのOM30のように専用レンズをつけるとAFが機能し、そうでないレンズをつけるとフォーカスエイドが利用できるMF一眼レフベースのカメラは知っていたからその類だと思った。義理兄がたしかフォーカスエイド機能の付いたキヤノンのAシリーズボディを持っていたから、あれに組み合わせればAFが機能するのだと思った。絞りリングが省略されているから、プログラムAEとシャッター優先AEにしか使えないなあとは思ったのだけれども、キヤノンは絞り優先AEをトロツキー並みに警戒していたから、さほど不自然だとは思わなかった。

 三河へ向かうついでに大佐殿と連帯し、新宿・中野・秋葉原などで闘争を行い、新幹線に乗った。阿呆が映写機まで担いで転戦したのは記述の通りである。っで、その際に「キヤノンのEOS登場以前のAFレンズ拾ったんすよ」とポロっと洩らしたら「ああ、あのT80用のね」と仰る。そのT80がソビエト製主力戦車を指しているのではない事ぐらいは拙僧も理解していたのだけれども、何せ戦闘疲労で頭が緩くなっていたから、それ以上の思考は停止した。そういえば件のレンズの外装はAシリーズというよりはTシリーズの位相のものだ。いやいや、今は路上でイラン人と価格交渉するのが先だ。Dscn3377_1

  結論から言うと、本レンズはやっぱりT80専用のAFレンズであった。まあ、折角だから義理兄のボディも借りてきたんだけれども、それはAL-1であった。じつは拙僧もAL-1は持っていたのだ。この1~2年で爆発的に増えたのがFL/FDマウント物だ。ボディは少なくても3台、レンズは確実に1ダース以上転がっているはずだけど、怖くて数えていないでやんす。それに、ここん所が重要なのだけれども、それらのボディやレンズは1度も実際に撮影に使った事はないのだ。妻が本ブログを見たら、本当に離婚宣言をされてしまうかもしれないな。そんな重要なことをネットで公開する、この快楽よ。拙僧は興味が無いのだけれども、浮気と言うのも、こういった快楽なのだろうか?

 T80と言ったらガスタービンの125mm滑空砲では無くてTシリーズのセミエントリーモデルのようだ。「セミ」というのは上位機種にはマルチモードAE搭載のT70があって、下位機種にはプログラムAEオンリーのT50があるのだけれども、T80ときたら別に任意の露出を設定できるわけではないのだけれども、さりとて単純にプログラムAEオンリーと言うわけでも無いらしいのだ。これ以上は拙僧は実物を見たことが無いので断定できないのだけれども、どうやら3~5種類のプログラムAEパターンを搭載していて、それはピクトグラフ(絵文字)から選択するらしいのだけれども、多分、今時の一眼レフにも搭載しているポートレイトモードやらスポーツモードやらから任意のシーンを選択できるということなのだと思われる。ついでに言うと、AF性能は殆ど実用にならないレベルだそうだ。これで登場時はα7000と同じだと言うから、一種の悲劇ではある。

 ところで、拙宅の隣接する市に義理兄の細君の弟さん夫婦が住んでいて、その弟さんがAE-1プログラムを持っていて「2万で譲ります」などと言うので笑って誤魔化したのだけれども、帰りの車中で妻が「あのカメラは幾らぐらいなの?」と聞いたのだ。それで「まあ、露出計とシャッター速度は正常みたいだけれども、シャッターに泣きが出ているから高くても買取で2000円くらいかな」と答えたら、「結構高いねえ、それなら売値は5800円くらいだね。」と言うのだ。拙僧は一瞬背筋が凍りついた。そういえば、妻は職場で工場の原価計算や利益計画をしているから、工業製品の利潤については3年前とは比べ物にならないほど詳しくなっているのだ。年末の掃除であまりのカメラやレンズの多さを目の当たりにして本気で怒られてしまったのだけれども、その商品価値を正確に把握するようになったら、かなり都合が悪いな。いや、勿論、悪いのは拙僧の方なのだけれども。

 「自分勝手な思い込みと、相手に対する無理解」は、我々個人レベルでも日常的な悲劇を招いてしまうものである。

|

« ニコン クールピクス2500 | トップページ | コシナ AF ZOOM LENS 28-70/F3.5-4.8 (FDマウント) »

コメント

自分はT80は好きなボディのひとつなんです。墓場屋にも1台埋もれているんですけど、以外に強気の値付けなんでもう少し風化するのを待とうかと( ¨ )\☆ばし

一部の高性能レンズを除くFDレンズの暴落は激しいですね。多分、デジカメで流用が利かないためだと思います。

投稿: 大佐 | 2007年2月 5日 (月) 23時50分

どもども、大佐殿。
キヤノンの電子物は値付けも風化するかもしれませんが、運用に致命的な電子部品や樹脂製ピニオンも風化するかもしれませぬぞ(笑。でも、ちょっと気になりますよねえ。
そうかあ、デジ一眼で流用できないからFDレンズは安くなっているのかあ。つまらない望遠ズームならともかく、28mmとか35mmのおいしい単焦点レンズも平気で2000~3000円で転がっていますよねえ。MCロッコールもそうかな。
拙僧はいくらSMCタクマー55mmF1.8が好きでも*istDLで本気で使おうとは思いませんねえ。
ちなみに、この話には続きが・・・。

投稿: Rikkie | 2007年2月 6日 (火) 09時39分

ミノルタレンズもフランジバックの関係でデジタルでは使えないケースが多い(唯一可能なのはオリンパスE-1だけだと思った)のですが、キャノンは何せ絶対数がミノルタに比べて多いですから。

>ちなみに、この話には続きが・・・。
うふふふ、なぁーにぃー?( ¨ )\☆ばし

投稿: 大佐 | 2007年2月 6日 (火) 22時46分

手に汗握る内容で・・・面白かったですよ。
後付けのAFってどん臭くってダメですね。
私もコシナ持ってってますが・・・
手動ズームになっちゃってます(笑
しかし身内のカメラの押し売りは・・・困ったものです。
先日もYashicaのプラカメを「Zeiss」のレンズが付いてる、と言って2000円で買わされました。
500円にせえよ! と言ってやって下さい(笑

投稿: めだか猫 | 2007年2月 7日 (水) 07時47分

どもども大佐殿。
拙僧はデジ一眼で積極的にMF時代のレンズを使おうとは思っていないんですよね。なんだか受光素子に埃でもついたら嫌じゃないですか。
ぼちぼち、訪中のネガを焼き始めているんですが、最近のAFニッコールの解像度は凄いですね。って、拙僧が拾うぐらいですから、大したものではないんですが、アクロスの微粒子と協調して女性の神の表現など素晴らしいです。それにしても4時間かけてプリントできたのは20ショット位。1ショット辺り2~3枚は焼いているのでプリント量は多いのですが、全部焼くのは何時になるやら。

どもども、めだか猫殿。
秋葉でイラン人が路上でカメラやレンズを並べて割高で売っているのですが、日本人はもくもくと選んでいますねえ。拙僧も大佐殿の先導で戦線に達したのですが、実際には価格交渉はしていません。それでも、これは幾らだあれは幾らだと声を張り上げているのは拙僧だけでしたね。あれでイラン人の言い値で買うんですかね。ファインピクス2700が2000円だと言うので1割でも引いたら拾おうかと思いましたが、元箱つきのアウトフィットを増やすには既に荷物を担ぎすぎていたのでスルーしました。
ちなみに京セラのZeissのレンズの付いたプラカメなら500円で拾いましたよん。
実は手に汗握る事態は次回に公開します。結構笑えない話になりそうなのですが・・・。

投稿: Rikkie | 2007年2月 7日 (水) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/13799539

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノン AC 35-70mm 1:3.5-4.5:

« ニコン クールピクス2500 | トップページ | コシナ AF ZOOM LENS 28-70/F3.5-4.8 (FDマウント) »