« パナソニック ルミックス DMC-FX07 | トップページ | パナソニック ルミックス DMC-F7 »

2007年3月13日 (火)

パナソニック ルミックス DMC-FX9

Dscn3711  松本零士で入るか新谷かおるで入るか、それは様々でしょうがフイッシュベットCとフイッシュベットFの相違点などを指摘して悦に興じていたへっぽこ中学生も、高校生辺りになるとクラウゼヴィッツの「戦争論」辺りを持ち出して、自分の知的階級が上がったと勘違いするわけです。とは言え、この本は拙僧も開いてみたことは有りますがロシア文学みたいに難解で理屈っぽいので数ページでダウン。だいたい、卒業生が単車に3人乗りで上半身裸で授業中に後輩の学業を応援してくださるような工業高校の頭では理解の幅もタカが知れていると言うものです。確か、期末テストで漢字で名前が書けると30点くれる教師もいた気がするんですが、まるでクロマティ高校と指して変わらずと言うのは我ながら自身の記憶に自信が無いので、同級生の方々に真相をお聞きしたいんですが、如何なものでしょう?

 既にカミングアウトしているのだけれど、拙僧は少年期にアニメやゲームマニアでした。それでいてモスクワ放送なども聴いていたのでややこしいのだけれども、それの件については一時的に忘れて頂くとして、ゲームやアニメ系のアイテムを収集するのは上京して新宿で2番目くらいにデンジャラスな地域の専門学校に通い始めても暫く続いたのです。正確には出席確認を済ませたら速やかに雀荘に足を向けたのですが。それは兎も角、上京後にもゲーム系のイベントに参加したりもしました。ところが、東ドイツ軍の軍服を着た絵に描いたようなオタ青年が拙僧のセッションに割り込んできたのですな。不快に感じた拙僧は彼のベルトポーチがユーゴスラビア製であることを指摘して追っ払ったのですが、これは別に拙僧の知識が彼を上回っていたのを風潮したいのではなく、既にそういうセッションに対する愛情が無くなっていたのだと気づき、その手の趣味は動的に排除しました。この判断は結果的に良かったと思っております。まあ、その後、ブランキージェットシティやギターウルフに傾倒してしまうのですから、やっぱり工業高校卒業生の限界では有りますな。

Dscn3717  そんな、まあ、「おりこうさん」とは程遠いプロパティを持つ拙僧が、北京の高度な教育を受けている女子高生と何とかネットコミニュケーションを成立できるのだから不思議な次第でございます。本ブログの英文や漢文を見て拙僧が言語能力を持っていると勘違いなさらないでいただきたい。かのような簡単な英文や漢文を作成するのに5~6冊の辞書やガイドブックを傍らに2時間も時間を要しているのです。故に、姪に日本ではデジカメが安価に入手が可能であるかを正確に伝えなければなりません。そこで本カメラの登場です。

 ネットオークションで発送するカメラの為の箱を定期的に近所のキタムラで貰っているのですが、最近では店主ともツーカーの中になって、拙僧の病気や経済状況をおもんぱかった店主は拙僧にカメラを売ってくれないのであります。この間などは店主が清掃しているニコンFE2に関心を持つなり、「今月は売りませんよ。」とぴしゃりと仰る。拙僧のような「本物の病気持ち」な客と売り手とのこのような関係は理想的だと思われるのですが、アンダー500円のジャンク物の購入まで制止されてしまうのは一寸困ったものであります。いやいや、お陰で妻は安心して拙僧をキタムラに送り出せるので良い事ではあるのですが。しかし、新車の光の面影を残す浜アユが500円で転がっていたら拾わざるを得ません。あれやこれやと店主を説得して入手。しかし、店員にまで言い訳をしないとカメラが買えないとは愉快な人生ではありますなあ。

Dscn3720  「ルミックスDMC-FX9」というカメラがどのようなプロパティを持つカメラなのかは陸サーファー系カメラ人類の拙僧も良く分からないのですが、どうも28mmにワイド側が広がる以前の「手振れ補正付600万画素級薄型コンパクトデジカメ」という表現があたっているようです。つまり、搭載する「バリオエルマリート」がライカ判換算で35mmから始まるズームレンズを搭載したDMC-FX07という認識でほぼ間違いは無いのだと思われます。枝番がFX07の方がFX9より新しい機種なのは既に30代も半ばを迎えようとしている拙僧には理解できませんが、浜アユ世代にとってはさして不思議ではないでしょう。

 物件は勿論完動品ではなくて、折角の大型液晶ビュワーが破損しているのですな。本カメラは光学ファインダーを搭載していないので事実上フレーミングが出来ないのですが、とりあえずSDカードを挿してレリーズしたら画像が写っていたので、撮影機能に問題は無いわけです。ここまで薄型だと組み付け精度も高いだろうと予測できるので、液晶の生きているジャンク物を拾ってもニコイチにするのは難しいと思われますが、この物件にはバッテリーが入っていて、それは充分生きていて手持ちのDMC-FX07と互換性が有るので、新品を買ったら確実に5000円以上する予備バッテリーが500円で手に入ったのですから家に帰ったら踊りましたね。もう、日本てば素敵。皮肉なことに中国製ですが中国でこのバッテリーを手に入れようとしたら30元では絶対に手に入らないでしょうな。姪が来日する日が楽しみです。

 問題は浜アユが本物件で留まらない点なのですが・・・。

|

« パナソニック ルミックス DMC-FX07 | トップページ | パナソニック ルミックス DMC-F7 »

コメント

うははは500円とは凄い凄い。安全第一のファインダーを両面テープで貼り付ければバッチリ。( ¨ )\☆ばし

なぁんて人様の事は笑えません。私も昨年、液晶のつぶれたデジカメを1000円で買いましたから。光学ファインダーが使えるので妻に「これ使う?」と尋ねたら「恥ずかしくて使えません」そりゃそーだ。

私のほうも春の新作アップしました。ご笑覧あれ。

投稿: 大佐 | 2007年3月13日 (火) 22時09分

どもども大佐殿。
ルミックスの予備バッテリーが500円ってのは笑っちゃうでしょう?
なるほど、外付けファインダーという手がありましたな。600万画素級35mmF2.8単焦点デジカメとしても価値は有りますしね。カメラ側の諸設定はFX07のアクセサリーがつけるはずだからTVにでもつなげれば出来そうですし。本当にエピオンRVXのファインダーを貼り付けてみようかな。ファインダーの方が遥かに巨大ですけどね(笑。

投稿: Rikkie | 2007年3月14日 (水) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/14198827

この記事へのトラックバック一覧です: パナソニック ルミックス DMC-FX9:

« パナソニック ルミックス DMC-FX07 | トップページ | パナソニック ルミックス DMC-F7 »