« 銀塩AF一眼レフ | トップページ | I-O DATA MPEG Encoder »

2007年3月24日 (土)

キヤノン Q-PIC

 さて、お待たせいたしました。そもそも、本ブログはルミックスのような評価されたボルシェビキ(多数派)やα7700iのような硬派な実用銀塩AF一眼レフを紹介するのではなく、誰も評価してくれないへっぽこプラ製コンパクトカメラやクラシックデジカメに散財する拙僧のサマを笑っていただくのが主旨でございます。本稿から暫くはミッドウェー敗戦後の日本軍の敗退のような無残な戦いをご報告しましので、せめて笑ってくだされ。

Dscn3600_2 拙僧も齢34になって少しは解った気になっているのだけれども、人生にはタイミングというものがあって、どんなに頑張っても条件が揃わないこともあれば、ふとしたきっかけで思わぬ方向に展開することもある。「縁」という言葉に置き換えても構わないだろう。ここはかっこつけて青春時代の恋愛話などを語りたいのだけれども、残念ながらモスクワ放送などを聴き、しばし国語の授業などを植民地教育だとして教師を糾弾していた拙僧がもてる筈も無く、甘酸っぱい話はとんと無い。しいて言えば八王子在住時代には結構な単車コミュニティを形成できた。例えばどこも具合の悪くないXR-Bajaを1万円で手に入れたり、桶川でレースとなれば女の子に電話をかけまくって自分のチームが一番女の子が多いので悦に入ったりもした。拙僧は特定の女性と深いお付き合いをするより、自分の呼びかけで多くの女性に集まっていただく方が楽しかったのだ。この辺りは歪んだ性癖を暴露しかねないので割愛するけど、最終的には北京に留学中の友人を訪ねた飛行機の隣に座っていた中国人女性と結婚に至るのだから、どんな展開があるか解らない。コラムの一つでも書くから中国国際航空からは月餅の1箱も贈ってもらいたいものだな。

Imgp2437  随分前にハードオフに行ったら見慣れない小ぶりなフロッピーディスクの束を発見した。初めはよく解らなかったけど、良く見ると「VIDEO FLOPPY DISK」と書いてある。ははあ、これがカシオのスチルデジカメインパクト以前のスチル画像の媒体なのだな。実は拙僧がカメラ趣味に傾倒し始めたのは7~8年前であり、これらの現役時代というのは知らない。ただ、拙僧が覚えているのは大佐殿やニコン一千一夜物語で語られる80年代の映像事情の燐片くらいで、そういえば拙僧が小学校高学年のときに父親が当時は高級品のVHSビデオカメラを購入したのを思い出した。拙僧の父親は無学で貧乏で経営能力が無く、ひたすら家庭内工業で奇跡的に21世紀を迎えた典型的な終戦世代の個人事業者だ。それでいて新物好きで高価な光学製品を買っては使わずにしまって壊してしまった。それを拙僧が押入れから出して直して使っていたら「お前が壊した」と言いやがった。性格的にも破綻していて、連日の暴言と暴力で拙僧の人格形成に決定的な影響を与えた。自分の親を悪く言うものではないと先輩諸氏は仰るけれども、友人達が舐めるアイスクリームをひたすら眺めたり、自転車で先を行く友人らを駆け足で追いかけたり、そういう経験がご希望であれば父親を10年ほどお貸しする。

Dscn3598  っで、そういう旧世紀の遺産をものめずらしげに眺めているだけなら誰も傷つかないのだけれども、拙僧は「やべえ」と思った。「縁」を感じてしまったのだ。それから半年後、別のハードオフでそのビデオフロッピーを使用する物件に出会ってしまったのだ。キヤノンのQ-PIC。勿論、その素性は拙僧には全く解らない。しかし、それを爆裂的に欲しいと思った。これは多分、カウンセラーと相談すると不遇だった旧世紀の自分の時間を現在において取り戻したい欲求なのかもしれないけれども、500円でとりあえず撮影できる600万画素手振れ補正付きデジカメが入手できる現在において、確実にバッテリーがお亡くなりになっていて、それの入手など不可能な歴史的産物に野口さん4名を払うのは如何なものかと認識していたのだけれども、もう止まらない。結局、拾い上げた。ここ、せめて笑って欲しいです。

Dscn3601  冷静に考えるとアウトフィット一式が揃っていたのは一種の不幸だな。何故ならボディのみで運用が決定的に不可能だったら流石にスルーするからだ。勿論、バッテリーはお亡くなりになっていたのだけれども、AC電源をつないだら動作はOKだった。その足で件のハードオフによってビデオフロッピーも入手。どうやら小学校だか中学校だかで使用された物らしく、そのような画像が残っていた。勿論、拙僧は悪用するつもりは無いんだけれども、本カメラときたら「ディスクのフォーマット」とか「画像全消し」とか無いので1枚づつ消さなければならないのだ。兎に角、拙僧良心で個人が特定できてプライバシーに関るような画像については封印するので許して欲しいな。

2  ちなみに、本カメラは相当使い辛いカメラなのだけれども、このような決定的瞬間を撮影なさっていたのだから、前オーナーは相当な腕の持ち主だな。この画像は一応個人のプライバシーを考慮してトリミングして有ります。

1 それに、こんな対戦車ロケットを構える画像も含まれていた。時代を感じますなあ。パスポートサイズのビデオカメラが発売されたのは何時頃なんでしょうか?

 ところで、大佐殿がうっかり「電子カメラをあげるよん」と口を滑らしたのを拙僧は覚えております。よろしければ着払いで送ってくだされ。拙僧の悲惨な戦いのせめての情けとして。

Imgp2442  ううっ、もはや拙僧も自分が何をしたいのか解らなくなってきてしまって・・・。

|

« 銀塩AF一眼レフ | トップページ | I-O DATA MPEG Encoder »

コメント

うわちゃぁ。貴兄に献上予定の唯一の電子スチルカメラがQ-PICだったのにぃ。無論2台体制がお気に召すなら差し上げます。何せ墓場屋で500円と言われ「バッテリーもディスクもないのに高い」と違うカメラ買ったらおまけに付けてくれたものですから。

しゃーない、忘れた頃に出現する京セラのスカタン電子スチルカメラが墓場屋に出てきたら確保しときますね(何時になるか解らないけど)。

投稿: 大佐 | 2007年3月24日 (土) 09時33分

そうだ、2台でステレオカメラにするのだ‥ってバッテリーが二個あって尚且つ当方の献上するカメラが動くという厳しい条件付きだけど。

投稿: 大佐 | 2007年3月24日 (土) 09時35分

どもども、大佐殿。
我が方のシュガレットインバーターはソケットが二つあるので、大佐殿の蔵が手狭になっていらっしゃったらお譲りくだされ。
純正バッテリーなんて初めから当てにしておりませんぞよ。どのような運用構成になるのかは既に大佐殿の掲示板に画像を添付しておりまする。
http://8817.teacup.com/captaingratt/bbs

意義などと言う野暮は無しにしてくだされ。拙僧も、我ながら如何なものかと思いつつ・・・。

投稿: Rikkie | 2007年3月24日 (土) 09時42分

こんばんは。
Q-PICは、俺達が修学旅行に行っていた頃、現役だったはずだよね。あの頃、ちょっと欲しかったんだよね。
カタログもカッコ良くてね。
例の物、届きました。学生の頃に撮影した、カワセミのネガを取り込めるので、助かります。レンズの方は、出来る範囲でね。

投稿: takosa56 | 2007年3月24日 (土) 19時37分

月刊ASCIIで見ただけで、現物にお目にかかったことがないです。そのころのスチルカメラは記録媒体を自前で作らないとで大変だったでしょうね。SONYはスキャナにMDをつけたのとかありましたから。

投稿: やまなか | 2007年3月24日 (土) 21時09分

どもども、takosa殿。
そうかあ、我々が修学旅行時代の電子カメラなのかあ。当時はカメラ人民として覚醒していなかったからなあ。そういえば「部室」に、今から思えばヤシカフレックスがあったよね。こっそり、持ち帰ればよかった。
レンズの件はお願いします。多分、FDの35mmはだめだろうけど、ズームの方はtakosa殿の手にかかればちょちょいでしょう。
厄介なのはタクマーでしょうが、期待してますぜえ(^^;。
ネガを取り込むのもあれだと出来ないことは無いけど面倒でしょう。何ならフィルムスキャナーも送ろうかあ。SCSI物だけどねえ(ーvーニヤリ。

投稿: Rikkie | 2007年3月24日 (土) 21時13分

あら珍しい、やまなか殿。
あの頃はZ80が標準でモトローラの16ビットCPUがすげえ、なんて言ってたもんねえ。
原付にビデオを括り付けて箕の山登った先輩もいたよねえ。
今なら、とりあえず動画の撮影できる機材もアンダー1000円で入手できるけど、あの頃はそうじゃなかった筈だから、こけたらどうするつもりだったのかねえ。

投稿: Rikkie | 2007年3月24日 (土) 21時22分

ヤフオクで結構調子良い金属のブツ落としましたね。
見てましたよ(笑
私も狙っていたんですが今月は車検があるんで金欠なんですよ。
試写でもアップして下さい。
首を長~くしてまってますよ(笑

投稿: めだか猫 | 2007年3月26日 (月) 22時43分

どもども、めだか猫殿。
いやあ、見られていしまいましたか(笑。
最近、80年代プラ外装電子物の入手やクラデジカメの出品で鬱憤が溜まっていたんですよねえ。
出品者の方も誠実な方のようで、到着が楽しみであります。

投稿: Rikkie | 2007年3月27日 (火) 05時03分

はじめまして、Canon Q-PICの記事を読ませていただきました。私もQ-PICを2台持っているのですが、最近、10数年ぶり身辺整理を兼ね押し入れから取り出し、2台とも起動させてみたのですが、まったく起動しません。どうしても見たいFDが数枚有るので、この数か月、四方八方、手を尽くしたのですが、何せ20数年前の製品、修理専門店に出しても修理出来ませんでした。どなたか、作動するQ-PICをお譲り、または、有償でお貸し頂ける方を探しています。
突然で大変恐縮です。
gojin

投稿: gojin | 2013年9月 8日 (日) 16時47分

gojin殿

残念ですが、ご期待に沿えません。

投稿: Rikkie | 2013年9月 9日 (月) 07時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/14323050

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノン Q-PIC:

« 銀塩AF一眼レフ | トップページ | I-O DATA MPEG Encoder »