« ソニー サイバーショット DSC-P30 | トップページ | Tマウント->Fマウント変換アダプター »

2007年4月 6日 (金)

インフルエンザ

実は3週間ほど前から「かめらの村さ来」でバイトを始めていた。なんだけど、どうにも体がしんどいのでやめる事にした。まあ、これはカウンセラーや診療医師の判断もあるので、不正解ではないと思うのだけれども、高熱で起き上がるのも苦痛になってしまい。夜中に体温計で測ったら39.5度も有った。余程、救急車を呼ぼうと思ったけれども、救急外来というはあまり居心地がよくないので、翌朝に最寄の内科に行った。結果は非の打ち所の無いインフルエンザだった。そりゃ身体はしんどいわけだわい。

「かめらの村さ来」で一回りも若いバイトの女の子に馬鹿にされながらレジを打つ30男の笑い話とか用意していたんですが、熱が引くまでお休みします。

皆さんもお気をつけを。

|

« ソニー サイバーショット DSC-P30 | トップページ | Tマウント->Fマウント変換アダプター »

コメント

ああ、そうだ。熱が39.5度もあったら救急車を呼ばなければいけないそうです。

投稿: Rikkie | 2007年4月 6日 (金) 11時58分

うん、私も以前体調を崩して病院に行ったら即入院しろという事になった。このくらいの熱になると熱っぽいを通り越してひたすら悪寒三昧というか、とにかく寒くて寒くて大部屋の中で私だけ毛布をいっぱいかけてガチガチ震えてました。

友人の保険屋の話では保険申し込みで意外と引っかかるのが「風邪」と告知したとき。たかが風邪ごときでとお思いでしょうが保険屋に言わせれば「本人が風邪と思ってても違うケースが多い」だから「風邪を治してから申し込んでください」となるらしい。

何にせよ風邪は万病の元早く治して下さいね。

投稿: 大佐 | 2007年4月 6日 (金) 22時42分

これを読んでるということは体調が回復したのだと思いますが、身体だけは気をつけたいものですね。
私はタイピングは遅いのですがテンキーはちょっと自信があって、若い頃に店でバイトしてた頃はレジを打つのが早いと思っててそれが自慢でした。
しかし、20代の女性にそのことを話したら「ええっ、いつの時代?」と言われてショックだったことがありますねえ。
「スーパーやコンビニじゃないんだけど…」「バーコードじゃない店なんて見た事がない」なんて問答になりました。

さて、病み上がりの人を前に勝手に書いていきますが、この前映画を観て来ました。
「ポリス インサイド・アウト」
http://thepolice.jp/indexp.html
POLICEなんてちゃんと聴いたことがなかったんですが、8ミリで撮られた映画ということで観に行ってきました。(一応、スティングは好んで聴いてましたが)
74分、ほとんどが8ミリカメラで撮られたものでザラザラな8ミリ感を大きな画面で楽しめました。
ワイコンは歪むなあとか、バンドが成功していくと画面がつまらなくなっていくのかとか、アニメーションなんか撮ったのはホテルで閑になったからなのか?とか、1980年の東京面白い「うわ、電車乗るんだ」とかいろいろ思いましたねえ。
あと、8ミリで撮った映像を映画館で観るより、35mmで撮られた映画の8ミリを家の1.2m x 0.9mのスチレンボードに映し出した映像の方が立体感とシャープさがあるんじゃないかとも思いましたね。

投稿: yoh | 2007年4月 7日 (土) 01時54分

かめらの村さ来・・・?
初めて耳にするお店の名です。
それはともかく、インフルエンザ、治して下さいね。
スカラー到着しましたでしょうか?
切手代、足りてましたか?
私が仕事が終わる頃には郵便局は決ってしまってるので切手を買うのが大変です。
郵政民営化がどうのこうのと言う前に少しは働けよと言ってやって下さい(笑

投稿: めだか猫 | 2007年4月 8日 (日) 16時16分

どもども、大佐殿。
拙僧も救急車を呼ぶのが得策だと思ったんですけどねえ。あの、リーチがかかった方々の中で電子音と声を押し殺した医師と看護婦の会話に挟まれてベットで寝転ぶのを思い出すと、夜明けまで後5時間ぐらいは我慢しようと思ってしまったんですよねえ。
でも、次回は救急車を呼びますわ。

どもども、yoh殿。
DPE屋ってのは1枚幾らだから、結構と言うか殆どが手打ちなんですよねえ。それでいて複数のポイントカードなんか有りやがるから、誤打するとポイント還元もキャンセルしなきゃ出し、頭は飛んじゃうし参りましたわ。この辺の話は、拙僧の稚筆が「うつ」に悩んでいる方々と、その周辺の方々の誤解や影響を発生させてしまうかもしれないので、慎重なコンテンツを作成するつもりです。
ところで最新号の「大人の科学」見ましたあ?付録が幻灯機。紙製のフィルムで「のらくろ」が動くらしいですわ。拙僧はあの8mmのあやふやな映像が気に入っているので楽しみです。ハードオフのジャンクコーナーで赤の他人のシングル8のフーテージの束が転がっているんですが、どういった時代背景の映像なのか興味があるんですが、個人のプライバシーを買い上げるのも気がひけて、手が出せません。

どもども、めだか猫殿。
全国チェーン展開で有名な「かめらのムラサキ」。ここは大人って事で勘弁してくだされ(mm。
スカラーが届かないんですよ~。楽しみにしているんですが。ゆうパックの配送のおっちゃんなんて妻がいない午前配達でお願いしても、「窓に電気が付いていたから」なんてわざわざ届けてくれるので、しばしば家庭内戒厳令が施行されてしまうのですが。

みなさん、本当に熱が出たら、速、救急車を呼んでくださいねえ。救急車がタダなのは日本と中東の裕福な首長国くらいですから。

投稿: Rikkie | 2007年4月 8日 (日) 21時03分

うーむ、私も咳が止まらないのだ。ただ困った事に熱が出ないので救急車を呼べません。( ¨ )\☆ばし

んで、日曜は寝てたのでデジカメ温故知新を更新したのだ。みてちょんまげ。

投稿: 大佐 | 2007年4月10日 (火) 00時31分

どうもです。この間、人生で二回目の8ミリ撮影をやったyohでございます。(一度目は20年前)

プライベートな8ミリフィルムをわざわざ買うっていうのはどうしたもんかなあと思います。が、8ミリの機材を手に入れた時におまけで貰ったフィルムを見ると面白いですね〜。
今と見た目が変わらない海、山ばかりだと退屈ですが、昭和40年代の人物の服装、行為、表情なんかは興味をひかれます。
貴重な記録、資料として後世に伝えなければいけないんじゃないかと思ったりもしますね。(そんなにたいしたもんじゃないかもしれませんが)

『大人の科学』検索してみました。
紙フィルムは、紙芝居程度のスライドショーみたいなやつかと思ってましたが違うようですね。ちょっと興奮しました。
「8mmのあやふやな映像」ですか。
私はデジタルカメラの画像に飽きた部分もあるので、粒子がザラザラした感じや、夢のような感じのやさしい映像を期待して8ミリを始めました。
しかし、映写機を手に入れて映し出してみると作動音が五月蝿い。映写機の音を忘れてました。
それでも電気を消して光を映し出す感じは、わくわくします。
そして、発泡スチロールに貼られた上質紙の奥に景色が広がるのを感じたり、生きた人間が向こう側で動いているのを感じたりしました。
いつも見ている四角いプラスチックの中で動いている人にはない皮膚の感じを受けましたね。
私は8ミリの撮影でフィルムに感じる生々しさの方に挑戦してみたいと思いました。
(でも、アマチュアの映像では奥行きとかあまり感じられないんですよね
    …とりあえず三脚使ってみるかな)

投稿: yoh | 2007年4月11日 (水) 01時15分

どもども、yoh殿

>私はデジタルカメラの画像に飽きた部分もあるので、粒子がザラザラした感じや、夢のような感じのやさしい映像を期待して8ミリを始めました。
 まさに同感であります。拙僧もデジタルビデオカメラを持って入るんですが(複数)、写り過ぎるんですよねえ。それは一寸、大げさだとしても、TVモニターでレンタルDVDを借りてきたような映像と、室内を暗くしてあやふやに瞬く光を見つめる快感は同列には並べることが出来ません。興味深いのが、先日、義理兄の娘さん(2歳)と公園で遊んだフーテージを映写したのですが、暗い室内で興奮していた彼女も、自分の顔が映り始めると興味深そうにじっと見ていましたねえ。映写画像は多少あやふやなのですが、2歳の彼女の頭の中でどのようにリアリティに変換されているのか興味に尽きません。こういうのは趣味ものとしては一種の達成感があります。
「大人の科学」の「映写機」、結構興味深いでしょう?
拙僧も体力回復が遅れているので、まだ、封も開けていないんですが楽しみです。

投稿: Rikkie | 2007年4月11日 (水) 05時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/14576364

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザ:

« ソニー サイバーショット DSC-P30 | トップページ | Tマウント->Fマウント変換アダプター »