« Mr.Battery 「駆」 | トップページ | インフルエンザ »

2007年4月 3日 (火)

ソニー サイバーショット DSC-P30

   本題に入る前に一寸だけ真面目な話をさせていただきたい。既に公知しているのだけれども拙僧は鬱病を患っている。しかし、「おうつ」や「うつ開放政策」などと称してケセラセラと痴態をさらしているのはご存知の通りである。聞かされる方々はたまったものではないのは承知しているのであるが、生粋のお調子者の拙僧はしばし度が過ぎた発言をしてきた。「30男が落ち込んでいても誰もかわいそうだと思ってくれんすから」等とかっこつけてはいるが、実情は悲惨だ。空気をしょっぱくするのは本意で無いので1例だけ上げると、薬の副作用のせいなのか体中の筋肉が硬くなってしまうのである。冗談抜きで車のタイヤを蹴っ飛ばすより強い力で妻にマッサージをしてもらっても、本当に少しの間だけ気が晴れるだけだ。夫婦揃って涙にふけた日に比べたら、拙僧の所有するガラクタカメラの数など可愛いものだ。それでも、おちゃらけているのは、「病人が病人らしくしなければならないなど御免こうむる」、「自分が病気に負けていない」というレジスタンスの意義を込めているのである。こんなガラクタな夫に付き添う妻に知り合えたのは、本心から奇跡だと思っている。ところが、あまりにもおちゃらけた発言をするので、最近になって複数の知り合いから事実上の絶縁宣言を受けるようになってしまった。確かに、拙僧の稚ブログや実際に会って話をした方から見れば、何故、このお調子者が身体障害者手帳を持っているのだろうと疑念を持つのは当然なのだけれども、やっぱり拙僧も成人として皆様方と対等にお付き合いをさせていただく以上、泣き言は言いたくないのである。しかし、本ブログを読んでくださる皆様方に誤解を与え、お付き合いを遠ざけられてしまうのは非常に悲しいので、かのような事情を酌んでいただきたくお願いしたい。鬱の苦しい話はこれきりにしますが、ちょっとだけ柔らかな目線で眺めていただきたくお願いします。

Dscn3977 さて、ネットオークションの売買もちょくちょく回るようになって調子に乗ってしまったのであろうか。結構、無理目の物件を拾ってしまった。エプソンのフラッドヘッドスキャナーのGT-X700だ。拙僧はPC周辺機器にさほど詳しくは無いのだけれども、従来のGTシリーズとGT-XシリーズのポテンシャルはFFファミリーセダンのランサーとエボⅣ位違うと聞いていたから、目が離せない。価格は税抜きで丁度諭吉さん。拙僧はPC周辺機器の相場に詳しくないけど、これは安い物件だと確信した。理由はあって、ヘッドユニットのヒンジの樹脂が欠けているらしいのだ。しかし、これは別に導線の類が断線しているわけでもないので実用には問題ない。このハードオフは大抵の場合、値付けは高いのだけれども稀に固いガードを下ろす時があるのだ。そして、今がその時だと思った。店員の気が変わらないうちに諭吉さんとジャラ銭の王様を押し付けて拾い上げ。今まで使っていたGT-7000は、一度はネットオークションでさばこうと思ったのだけれども、どうせ大した値が付かないだろうし、takosa56殿に送りつけることにした。氏はブログの更新も意欲的だし、その濃い内容が部外漢の拙僧にも好ましく有効に使ってくれると思ったのだ。かつて氏が立ち上げていたHPの楽しい内容には随分救われたし、これを機会に又コンテンツでも立ち上げてくれれば、埼玉県までのサイズ120のゆうパック送料など安いものである。

Dscn3982  GT-X700のポテンシャルは素晴らしかった。まるでRG50ガンマからGSX400Rインパルスに乗り換えたときのような衝撃である。しかし、諭吉さんの出費は大きい。そこで、早々に兌換性のある物件を出品する必要に迫られた。とは言え、拙僧のようなへそ曲がりの所有するへっぽこカメラは、その価値を共有できる方ならいず知らず、楽々と落札されるような玉は少ないのだ。そこで「兌換性」というキーワードで思い浮かんだのがソニー製デジカメだ。拙僧は何かにつけて独自仕様を立ち上げてはマイナーチェンジを繰り返すソニー製品に良い印象を持っていないのだけれども、それでもジャンク籠から拾い上げた物件は幾つかある。DSC-P30は以前、かなりくたびれた物件を拾い上げて、その報告は既にコンテンツでしたのだけれども、その後にかなり綺麗な物件を再び拾い上げたのだ。こいつなら直ぐに値が付くだろう。そして、それはその通りになった。

Dscn3981

 落札額の話は割愛して、ソニー製品の好まざる点はその独自性だ。それ故のフォロワーの方々もいらっしゃるだろうから、あまり悪く言うつもりは無いのだけれども、拙僧もシステム屋をやっていた時には移植時の互換性に悩まされていたから独自性より互換性の方が遥かに好ましい。これも互換性によるものなのだと思うのだけれども、それにソニーのメモリースティックは高いのだ。レキサーから互換メモリが発売されているのを知って試しに購入したみたけれども、案の定、カメラはメモリを認識しなかった。全く不快だな。しぶしぶ純正品を新品で購入した。ソニー製品を本気で使うつもりは無いから128MBで沢山だ。

Dscn3979  しかし、拙僧も懲りない性分だし、ソニーのデジカメがデジカメ史のマイルストーンとして存在するのは確かなので、ソニーのソニーらしいソニーフォロワーの為の物件も拾ってしまったのだ。何れ報告します。

|

« Mr.Battery 「駆」 | トップページ | インフルエンザ »

コメント

絶縁宣言なんてあんまありだあ! 
自己をを客観視して嗤う…これって高等文化です。「右へ倣え」的マジメさが尊ばれるこの国に特に欠けているもの。
自分の躁鬱病を軽妙洒脱に綴った“どくとるマンボウ”に通じる豊かなユーモアと哀愁。Rikkie様のサイトは多くの人に笑いと勇気を与えているはずです。これからも沢山楽しませてください!

投稿: まさ | 2007年3月29日 (木) 21時21分

興奮しすぎて誤字の連発。「この粗忽者が!」と笑ってお許しください。

投稿: まさ | 2007年3月29日 (木) 22時45分

どもども、まさ殿。
実際のところは調子の良いことを言う拙僧に問題があるんですが、やっぱり悔しいんですよね、病気を抱えて苦しんでいす姿をさらすのは。とは言え、本ブログを見てくださる方々に有らぬ誤解(ううっ、誤解とばかりは言い切れないな・・・)を与えてしまって、お付き合いを閉ざされてしまうのは非常に悲しいので書き綴った次第です。しょっぱい話は今回限りと言うことで、変わらぬお付き合いをお願いします(mm。
ところでDSC-P30ですけど、ソニーという色眼鏡を外すと素性の良いカメラですよ。インナーズーム、インナーフォーカスで取り回しもいいですし、バッテリーは安心の単三型電池。動画もフォーマットは小さいですが、流石にビデオメーカーの第一人者であって、サイレントですがPCで眺める限りでは、なかなか使い物になります。これで媒体がコンパクトフラッシュやSDカードだったら文句無しなんですが。

投稿: Rikkie | 2007年3月30日 (金) 09時58分

蛇足ですが一言だけ。
拙僧はそれでも幸せものだと思っています。
家にふさぎこんでいても、こうやって皆さんとコミュニケーションが成立していますし、なんていったて妻と知り合えましたから。
ばっちこいで行きましょうぜい。

投稿: Rikkie | 2007年3月30日 (金) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/14449268

この記事へのトラックバック一覧です: ソニー サイバーショット DSC-P30:

« Mr.Battery 「駆」 | トップページ | インフルエンザ »