« インフルエンザ | トップページ | フジ ズームカルディア3000 »

2007年4月11日 (水)

Tマウント->Fマウント変換アダプター

Imgp2483 拙僧が珠海から帰ってきたときだから、既に3ヶ月くらい前の話なのだけれども、故郷である埼玉の辺境のカメラ屋でなかなかのへっぽこレンズを拾った。そのレンズについては別の項で紹介させていただきたいので割愛するとして、そいつがTマウントというだけで「トホホ・・・」っぷりは想像に難しくないと思うな。店内にはFマウントとKマウントとEFマウントのアダプターと、対になる3本のレンズが有ったのだけれども、拙僧はKマウントを選択した。何でかと言うと当面の主力は唯一のデジ一眼である*isDLになるからだ。レンズの方も家庭内手工業のオーラがばりばりに出ており、ケツから覗くと明らかにコーティングの色が違ったり、接着剤(?)がレンズにはみ出ていたりと製品公差が素人の拙僧でも解る程だったので、3本の中で一番良さそうなのを選んでKマウントアダプターとセットで拾い上げた。もっとも、そうは言っても拙僧も底辺に属するとは言えニコン者なのでFマウントのアダプターも欲しい。それでビクセンのアダプターをキタムラに注文したのだけれども、オークションに出品する物件を探すために家庭内ジャンク籠を発掘していたら、シルバーとブラックのツートンカラーのごく初期のタムロンのズームレンズが出てきた。Fマウントで絞りなんてプリセットである。これを拭いていたらマウント部がくるくる回りだしたので驚いた。なんと、こいつにもTマウント->Fマウントアダプターが付いていたのだ。そういえばTマウントのTはタムロン(泰成)のTだと聞いた事がある。あわててキタムラにキャンセルの電話を架けた。

 さて、時は過ぎて梅のシーズンになり、残り少ないコダクローム64をF4につめて、いざ出陣したのだけれども、天候が不十分でISO64の手持ちでは結構厳し撮影環境だったので、F4はプールしてシングル8のAX100を主軸に撮影を行った。それからすっかりF4の事は忘れたのだけれども、拙僧の体調の津波とは裏腹に季節は桜のシーズンになってしまった。そこで再びF4の事を思い出し、実戦に出た。とは言っても病みあがりだから、近所の公共施設や寺院などの数本の桜を撮り歩く散歩撮影のレベルだ。

 中国を旅すると必ずやってしまう失敗がある。中国の一般の食堂に行くと、例えば水餃子などは一斤(500g)単位でメニューに記載されているのだ。それが、せいぜい20~30元(600円くらい)なので迂闊な日本人は「残してもいいから3種類くらい頼もうかしら」と注文してしまうと、1.5kgの水餃子の山が目の前に置かれてしまうのである。これはどの旅行ガイド文にも載っているエピソードで、北京に留学中の友人を訪ねた際にも再三店主から「本当に3斤も注文するのか?」と訊ねられたのに、このざまであった。北京に半年以上留学していた友人と一緒でもやってしまうので、この種のミスは恥では無い。

 思えばテスト撮影以外で銀塩一眼レフを使うのは久しぶりだ。持ち出したのはF4にレンズ2本とシングル8のP300、それに中々売れないペンタックスZOOM60にカラーネガをつめた筈だった。まず、逆光気味だったので+1段の補正をして戻し忘れ。大体、拙僧の浅知恵などニコンの技術陣の足元にも及ばないので余計なことをしなければいいのだけれども、拙僧もたまには「かんたん!一眼レフの使い方」みたいな事をやってみたくなったのだ。大体、ポジなんだから少しアンダーだって対した問題にはならないのである。しかし、トラブルはこれに尽きない。件のTマウント->Fマウント変換アダプターは基本的には非Ai対応なので、F4のAi連動リングの爪を跳ね上げた。実は別に件のFマウントアダプターはAi連動リングの爪に干渉するほど大柄ではないので、そんな必要は無いのだけれども、やっぱりそういうことをやってみたかったのだな。問題はAFニッコールに付け替えたときにも、その爪を戻すのを忘れてしまったのだ。こういう場合はAVモードだと、一応開放でAEが効くのだろうか?当日はISO100でF16で1/125位の快晴だった。それはコダクロームをキタムラに置いて、家に帰ってきてから気づいた。まあ、開放オンリーの超ハイキー表現も満更ではないだろう。なんていったてF4だから開放値F2.2でもシャッターが追いつくのだと期待しているのだけれども。

Dscn4000  脱力感にトドメをさしたのはZOOM60にフィルムをつめ忘れていたのに気づいたときだ。嗚呼、一体拙僧は写真を始めて何年になるんだろう。これも年齢や「おうつ」のせいだろか。もう、既に存在しないハイロウズやブランキー・ジェット・シティの影を追うのは止そう。これからは冠二郎しか聞かないことにしよう、そうしよう。

|

« インフルエンザ | トップページ | フジ ズームカルディア3000 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/14640079

この記事へのトラックバック一覧です: Tマウント->Fマウント変換アダプター:

« インフルエンザ | トップページ | フジ ズームカルディア3000 »