« フォルテの印画紙 | トップページ | タムロン SP Di 90mmF2.8マクロ (Kマウント) »

2007年6月30日 (土)

フジフィルム ズームカルディア3000

Image1_7  既に紹介したニュータイプ専用モビルアーマーのコンテンツを纏めたので、ご覧いただきたい。

Dscn4105_1  結論から言うと、拙僧には過ぎた代物であった。これは拙僧がニュータイプの素質が無いと言うことだろうな。

|

« フォルテの印画紙 | トップページ | タムロン SP Di 90mmF2.8マクロ (Kマウント) »

コメント

出ました(笑
しっかし妙かカッコやねぇ。。。
恐らく当時の風潮だったんでしょうね。
Minoltaにも同じような未来派カメラがあったような記憶がありますが。
うつりはきちんとFUJIですね。

投稿: めだか猫 | 2007年6月30日 (土) 21時55分

うーむむ、何度見ても素晴らしい。私的にはアイボーグをもって変態コンパクトの最高峰と認めていたのですが、世の中は広い。

よく見ると本体にストロボが内蔵されているようで、着脱式のほうはオプション品でしょうか?だとしてもこのクラスに専用ストロボというのも凄い事だし何と言っても折りたたみ可能と言うのがまた凄い。

これで着脱不可だったら、アイボーグを抜いて間違いなく歴史に名を残す迷機となれたのに惜しいなぁ。( ¨ )\☆ばし


投稿: 大佐 | 2007年6月30日 (土) 23時04分

どもども、めだか猫殿。
フジのデザインのはちゃけブリは、何度か波のように訪れるのですが、これは極めていますね。
それにしても、拙僧の稚コンテンツで小さい掲載画像にフジのテイストを感じななさるのは流石です。カルディアズーム115辺りだと、取り立てて何の感情も持たないのですが、本カメラはカルディア・トラベル・ミニに通じるものを感じましたねえ。
もっとも115辺りになると、本当にフジが作っているのか怪しいですけど。

投稿: Rikkie | 2007年7月 1日 (日) 04時34分

どもども、大佐殿。
本カメラでもっとも頭を悩ませてしまうのが外付けストロボの存在ですね。折りたたむと本当にモビルアーマーにしか見えないから、フジのデザイナーも思い切ったものです。
このフラッシュは脱着式と言うのがミソなんですよ。ニュータイプの方なら遠隔操作が出来るはずだと思うんですよねえ。残念ながら、拙僧はニュータイプで無いので恩赦に預かれませんが。

投稿: Rikkie | 2007年7月 1日 (日) 04時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/15519063

この記事へのトラックバック一覧です: フジフィルム ズームカルディア3000:

« フォルテの印画紙 | トップページ | タムロン SP Di 90mmF2.8マクロ (Kマウント) »