« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月19日 (土)

キヤノン T-90

Dscn5691  1.2万円を切るT-90を見たらあなたはどうします。拙僧はためらいましたよ。しかし、その日の3度目のキタムラ来店でご購入。「安い!!」と思いましたね。東京じゃどう何だか知りませんけど。

Dscn5692  ところが家に帰ってシグマの21~35mmをつけるとどうもオカシイ。絞りが動いていないみたい。まさかと思って純正の50mmをつけても駄目。なんと自動絞りレバーが不動だったのだ。速攻でキタムラに返品したんだけど、店長が250円で買えと言うのでしぶしぶ引き取ってきたんですよ。

Dscn5693  それでネットークションで20倍くらいの値段で出品したら速攻で落札されてご発送。もしかして、どこかをちょっと弄ると完動品になるメジャートラブルだったのかなあ。構えた時に至福の電撃が走りましたよT-90には。それで悔しくてα100を拾ったんですけど、あの戦慄は走りませんでしたねえ。うーん、今でも欲しいT-90。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

ソニー α100

Dscn5697  うーむ・・・、D50を買い逃して悶々としていた欲求がこういう方面に行ってしまったでやんす。10%引きで3.5万円。使えば安い買い物なのだが。

 いやあ、αマウントは純正の50mmマクロとコシナの100mmのマクロを残して置いたので未練があったんですよね。カメラも使えば妻も怒らないんですが、使わぬカメラが増えると・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

フォクトレンダー ブリリアント

Dscn5206 早々、フォクトレンダーはもう一台あったのだ。ブリリアントである。これは「ドイツ製カメラ2台ジャンク」とかいう触れ込みでうっかりビットを入れてしまったのである。もう1台の方も興味深い3級カメラなのだけれども、まずはブリリアント。状態はジャンクの名に相応した疲れ具合で、シャッターは開かず、ヘリコイドも欠品。見るも無残な姿だ。Dscn5203

ところが、シャッターは開けてベンジンを垂らしただけで治った・・・、と言うか動くようになった。coldsweats01ヘリコイドはしょうがないのでピントを5mに固定させてエポキシで固定した。そもそも、本カメラは2眼レフの形をした目測カメラだから、これでもよかろう。こうして明るいファインダーを持ったボックスカメラとして復活したのである。いやいや、復活したかどうかは撮影してみなければわからない。

 Dscn5685 今回、執筆に当たって本カメラの外観写真を撮影したのだけれど、どうやらフィルムカウンタが付いているようだ。こういうロワークラスのカメラに凝ったギミックを搭載するのが巷で言うフォクトレンダー魂なのであろうか?

 何れにしろ、ドイツ物を所持するというのはちょっといいものである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »