« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月25日 (金)

ソニー DSC-P5

Dscn5779_2  大分くたびれたソニーの300万画素級デジカメ。しかし、これが100円なのである。しかもバッテリー付き。勿論、充電器が無いと使えないのだけれども、こういうときの為に拙僧は旧世代のソニー充電器を数セット用意しているのだ。

 その100円デジカメがどの程度使い物になるのかはコンテンツをご覧あれ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

ケンコー SD-05W

Dscn5754  この旧世紀時代のワイコンを見つけたのは帰省途中のアルプス堂だった。こういう汎用製品を使うには別途アダプターを見つける必要があり、この21世紀ではそういったケンコーのニートなアイテムを探すのは砂漠で針を探すに等しい行為だという事はわかっていたのだけれども、まあ、価格が1000円だったので拾い上げる事にした。そしたら帰省先の秩父のカメラ屋で900系クールピクス用のアダプターが売れ残っていた。これは奇跡である。勿論、喜んで拾い上げたのだけれども、これが悪い癖で手に入ったら満足して使わないのだ。

Dscn5752 ところが1年以上も経って、クールピクス800を拾ったことで事情が異なった。クールピクス950だと嵩張るけどクールピクス800ならバランスが良いのだ。

その撮影結果はコンテンツをご笑覧いただきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

ソニー DSC-P2

Dscn4639 

 どうも保守的なカメラ民族の拙僧にとってはP型サイバーショットの海坊主が寝込んだようなスタイルは抵抗があるのだけれども、これは相当売れたシリーズで、そういったカメラはジャンク拾いで自然に集まってしまうのである。Dscn4995

 DSC-P2は大変バランスの取れた200万画素級デジカメである。売れたカメラなので3色も集まってしまった。その殆どは処分してしまったけど、処分できる値が付くのはソニーのありがたいところである。

 コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

ソニー マビカ MVC-FD73

Dscn5257  ソニーのマビカシリーズってサイバーショットが出て、いつの頃から着ろ機媒体にFDやCR-Rを使うような色物になってしまった。もっとも、当時のパソコンの主力記録媒体と言えばFD。観光地とかの記念写真でその場でPCからプリントアウトするには都合がよかったに違いない。拙僧は現役時代を知らないのだけれども、メガピクセルになってFD1枚当たりに4画像しか保存できないMVC-FD83だって、そういう目的なら別に困らない。散歩写真には実に困るのだけれども、そのお話は新たな項目を設けて何れ。

Dscn5270  本カメラの魅力はその広大な平面に所狭しと並べられたボタン類が、まるで航空機のコンソールの様でイカシテいるのだ。

Mvc026s  ちなみにカメラの出来としてもFDDがガーガー頼りないのは兎も角、35万画素級クラデジカメとしては画像は晴天下でも飛びも少なく、薄暗い室内でも意外と粘って好ましい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »