« フジ Q1digital | トップページ | キヤノン パワーショットA5 »

2008年9月 5日 (金)

コニカ Q-M100V

Dscn5792  大佐殿のコンテンツ「デジカメ温故知新」でヘヴィーユースのRDC-100G蛾紹介されているので、拙僧はそのベースとなったQ-M100Vを紹介するのだ。

 そもそも、本カメラのデザインは無骨で現場監督に通じるものがあり、それに見合ったものだ。そこそこよく出来た108万画素級なのだが、定価ベース5000円アップで150万画素級のファインピクス500が買えてしまったから勝負は決まってしまったのだろう。

詳しくはコンテンツを立ち上げたのでご覧いただきたい。

|

« フジ Q1digital | トップページ | キヤノン パワーショットA5 »

コメント

M100は2モデルあったんですね。こちらは知りませんでした。スタイル的にはVの方がずっと良いです。こっちなら触手が動きますね。

投稿: 大佐 | 2008年9月 6日 (土) 00時54分

どもども、大佐殿。
ヘビーユース風なデザインがちょっと魅力的ですよねえ。
でも、大佐殿の「本物」の方がより魅力的ですよ。
画は結構いいものを出すんですけど、もう少し液晶ビュワーにお金をかけて欲しかったです。

投稿: Rikkie | 2008年9月 6日 (土) 07時04分

どもども。

リコー版現場監督もコニカの完全OEMなんだから
レンズ表示はヘキサノンにして欲しかったです。

液晶はピコナと同じという記事を見ました。ピコナの蒸発するバッテリー寿命を思い出すと標準で点灯しないようにするのが賢明な選択だと思います。

追従性についても初代の流用であれば致し方ないところというか、多分同世代と思うコダックの240iもすさまじいカクカクです。

投稿: 大佐 | 2008年9月 6日 (土) 11時10分

どもども大佐殿。
なるほど、これはピコナの液晶ビュワーと同じですか。それは納得です。
ピコナの液晶ビュワーもカクカクが激しかったですが、あれはあれで工夫されていて飽きない仕様になっていましたね。
ピコナも2台持っているのでいずれ報告いたします。今はエネループもあるし、使いやすい世の中になりました。

投稿: Rikkie | 2008年9月11日 (木) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/42324500

この記事へのトラックバック一覧です: コニカ Q-M100V:

« フジ Q1digital | トップページ | キヤノン パワーショットA5 »