« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

ニコン D70 その2

Dscn6029 D50を弄ってから数日後。妻が会社の歓送迎会で帰りが遅くなるのを見払って、ちょっと遠くのキタムラへ行った。そして、そこで再びD70に出会ってしまったのである。
ちょっとくたびれた風合いでモニターカバーも傷だらけなのだけれども、レンズキット付き。AFはスパスパ合うし連射もパスパス決まる。あのD50はどこか調子がおかしかったのではと思うほどAFが弱かった。価格はD50に比べて3000円高。少しだけ悩んで拾い上げた。
専用標準ズーム付きなので例のタムロンの超広角ズームは余剰になってしまった感もあるがフィルムカメラもまだまだ使うのでこれでいいのだ。今年の年末はタムロンを付けたF401とD70で北京を歩くつもりである。

P.S.

やっとネット接続が出来ました。光です。

しかし、あまり速度はADSLと変わらないような・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

ニコン D50 その2

D50をまたまた触ってみた。これは難しいカメラである。
SDカード使用とか良い部分もあるのだけれどもAFのパワーが致命的にプアーなのだ。
これで値段は3万弱。これならD70の中古を探すわよねえ~。どこかに落ちてないかしら?それともキタムラのネット中古か?
キタムラのネット中古は店頭引渡しなので家庭内紅衛兵の目を盗むことができるのだ。
でもD70買うんだったらもう少し粘ってD70Sかなあ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

スバル 4代目レガシィ

P1020682 車を買い換えた。中古の4代目レガシィである。妻の会社の社用車だったものだ。5年落ちで事故暦あり。しかし、破格の安値だったのである。社内の抽選会に見事勝利。我が夫婦の物になった。
グレードはオートマの2000GT。260馬力である。拙僧はビートを初めとしてマニアル車しか乗ったことがなかったので初めは戸惑ったが現在は安定している。買ってからハイオク車だということが分かって臍を曲げていた妻だが、今までの12年落ちのマニアル車のデミオに比べて運転も楽で今は気に入っている。問題はケツが長いのでバック駐車がし辛いところなのだけれども、いずれ慣れるだろう。もっとも1L辺り6kmくらいしか走らないので今後の原油高は心配の種である。デミオは1L辺り12kmは走ったのでこれはびっくりだ。
乗った感触は流石にお金のかかった車である。静粛性はすばらしい。水平対向エンジンのビートを楽しみにしていた拙僧にとってはちょっと肩透かしであるが、乗り心地が良いのは文句にならない。エンジンが下のほうにオフセットされているらしく、振動は更に押さえ気味だ。気になったのは重さである。車重そのものの重さも気になるのだがハンドルが重い。まあ、これはハンドルがふらふらするより良いであろう。ところが高速道路でちょっとハイレベルなスピードで走っているとハンドルがフラフラするのだ。これはちょっと困った。助手席の妻にも指摘されたのだが、車のせいにしようものなら損な買い物だったとうるさくわめきまわるので拙僧の腕のせいにした。勿論、制限速度+αのスピード域ならそんなことにはならない。
感心したのはキーをOFFにすると点灯したライトが消えることだ。だいたい、キーを抜いてもライトが点きっぱなしになるのは解せない。こんなことでバッテリーをアウトにさせてしまうのだ。ACCポイントがあるのだからOFFになったらライトも消すべきである。もっとも、ライトを消し忘れて朝からライトを点けっぱなしで走ったことも一度や二度ではないが、それでもバッテリーが上がるよりましだ。
ちょっと驚いたのがマグネット式初心者マークがつかないのである。つまり非金属製か軽金属のようなものをつかっているのであろうか?なんだかお金のかかった車だなあと改めて感心するのだ。
前のデミオも気に入ってはいたが、やっぱりお金のかかっている車は良いと感じた。こんな車がニコンD3よりも安く手に入ったのはバン万歳である。

P.S.

引越しのためしばらくリコメントできません。ご了承ください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

メラミン

Dscn6027 メラミン混入で騒がれているけど、ちょいちょい登場するのがこの白兎の飴だ。もう既に食べてしまってこれしか残ってないな。あっはっはっ。
我が家でも湯葉や雑穀など、日本で高いものは妻が海外出張の折にハンドキャリーして来たのだけれども今後は止めるつもりである。もっとも、国産製品が安全だとも到底思っていないけれども。去年は捨てていた牛乳がなんでこんなに高いんだろう。飼料の高騰のせい?市場主義は分からないなあ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

引越し

10月の中旬に引越しを考えているんだけど、これは非常に困った次第なのだ。つまり、あちこちに隠していたカメラ・レンズが白日の元にさらされてしまうのである。

今から家庭内紅衛兵の怒る姿が怖い。いや、ほんとに怖いんだけど・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

フジカ P300

1444439_img シングル8の「その時」へのカウントダウンが着々と進んでいる。すでにキタムラの価格表にはシングル8の項目はなくなった。レトロ通販を利用するという手も有るが、通販となると送料の関係でまとめ買いになるし、そもそも割高だしで利用するかどうかは微妙だ。まあ、8mmシネ趣味も現在は落ち着いているので、また再燃すれば考えることにしよう。
そんなわけで短い8mmシネの趣味の時間を過ごしているのがフジカP300なのである。レンズにカビは生えているし、再現する色彩は明らかに現実のものとかけ離れているのだけれども、そのセピア色に傾いた色調が何とも愛らしいのである。
もっとも、コンディションのいいZXM300も使いたいのだけれどもどこかに行ってしまって分からないのだAXM100もない。シングル8趣味も離れていくなあ。

コンテンツもご覧あれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »