« リコーフレックス モデルIV | トップページ | ニコン シリーズE 75~150mm F3.5 »

2008年12月19日 (金)

ミノルタ ウェザーマチック

Dscn6052 こいつは多分MAC-7辺りをベースにした防水カメラである。防水カメラというとヘビーユースとか工事カメラとかを想像しちゃうけど、このカメラにどの程度対衝撃性が備わっているのかはわからない。
CR-P2を使用する当時は普通のコンパクトカメラで2焦点。焦点距離は38mmと60mmくらいで、それほど大きな違いは感じない。電池室は完全に防水されており安心だ。これはベクティスGS-3みたいに「ちょっと濡れても大丈夫よ」程度の防水ではないので、ちゃんと水中に潜らせても壊れない。何か、水中で撮影するマクロモードみたいな機能がついているが。使い方がわからない。このプリミティブなファインダーでマクロ撮影ができるのであろうか?
カラーは派手な黄色。カモフラージュパターンのエピオンRVXより、海上で無くさないためには理にかなっているのかもしれないな。AFのパワーはイマイチ。撮影距離が3~5mmを超えるととたんに外すようになる。海面と被写体の区別がつかなくなるのかもしれない。
フラッシュモードが設定できないとか、カメラの機能としては足りないところもあるけど水中で撮影できるという長所が相殺している。問題は海上に浮かぶと同じような写真ばかり撮影してしまうところなのだけれども、これは撮影者の問題だな。

|

« リコーフレックス モデルIV | トップページ | ニコン シリーズE 75~150mm F3.5 »

コメント

謎のマクロモード。手元の資料によると「焦点調節:自動焦点式(0.75m〜∞)、フォーカスロック、0.75m以下または水中での撮影時は固定焦点に自動切り替え(クローズアップは35mmレンズで0.52mまで、50mmレンズで0.62mまで)…」とあります。何か関係あるでしょうか?

投稿: camera_135 | 2008年12月20日 (土) 20時06分

これのベースモデル、マックデュアル使ってましたよ。35mmと50mmという2焦点というには違いがイマイチわからない控えめなスペック。後藤久美子がCMやってました。購入してすぐ旅先で雨に濡れて不動に。あの頃は、プラカメも新品で買うと高価でしたね。(泣)
防水のこれなら安心。色もポップでいかしてます。
水中撮影用のアンテナみたいなガイドファインダーがオプションであったような気がします。

投稿: まさ | 2008年12月20日 (土) 20時20分

どもども、Camera_135殿。
有効な情報ありがとうございます。
自動的に水中で固定焦点になるのですか!
近接も同様となるとAFが不認識になると固定焦点になるんですかね。マクロ付き固定焦点と考えると考えやすいですね。
そんな透き通る海に潜ってみたいです(^^。

どもども、まさ殿。
マックデュアルなら拙僧も持っていましたよ。ロクに使わないうちに処分してしまったと思います。エンクミがCMやってたってことは割りと最近のカメラなんですかねえ。もっともエンクミももういい歳かしら。
パンフレットもエンクミだったらちょっと欲しいですね(^^。

投稿: Rikkie | 2008年12月21日 (日) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/43211042

この記事へのトラックバック一覧です: ミノルタ ウェザーマチック:

« リコーフレックス モデルIV | トップページ | ニコン シリーズE 75~150mm F3.5 »