« リコー ハイカラー35 | トップページ | カールツアイスイエナ テッサー50mmF2.8 »

2009年5月22日 (金)

フジカ AX-1

Dscn6437  フジカAXシリーズは欲しいカメラだった。と言うのは以前ジャンクで拾ったAX-3のレンズが残っていたからである。AX-3の方はなんともならない完全ジャンクであった。考えてみれば、このときにレンズだけでも売り払ってしまえば何の問題も無かったのだ。
 それでAXシリーズはネットオークションで探したのだけれども中々出ものが無いのだ。あっても店で売っているくらいの値段がする。ならば店で買ってもと上京の折には考えるのだけれども、実際のプライスタグを見ると躊躇していしまう。義理だてしているのはたった1本の標準レンズなのだ。それで、たまにネットオークションを眺めていたら3年が経ってしまった。1回だけ、適価な物を見つけたのだが、それは競り負けてしまった。そもそも、ネットオークションもキリが無くなってしまうので遠ざかっていたのだけれども、眠っているフィルムカメラや低画素数デジカメなどが完全なゴミにならないうちにと売る方でネットオークションを再開した。しかし、売るとなると相場を知る為に買うと言う立場でも見てしまう。これが悪夢の始まりだったのである。
 ある日、AX-1を見つけた。価格はちょっと高めだったが電池を入れてシャッターチェックを行ったと言うのである。AXシリーズは4LR44を使うので、例の「おじいちゃんのカメラです。使い方は分かりません。」が多いのでこれは福音だと思った。既に月の小遣いは使い切っていたが、ちょっと言えない程安い値段で拾ったマミヤ645のフィルムバックが出品金額を上回る値で売れて上機嫌だったのでビットを入れたのだ。そして、それはそのまま落札されて速やかに拙僧宅に届いた。ブツはケース付の美品でその時は喜んだ物である。
 早速テスト撮影に入った。テスト撮影といっても1本のフィルムを複数のカメラで使いまわす簡素な物だ。結果はフーテージにホワイトボードに「AX-1」と書いたカットが1枚写っていた。・・・おかしい、AX-1のテストカットは2枚撮影したはずである。裏蓋を空けてのテレビを使ったシャッターチェックを行っても問題は発生しなかった。ちなみに、この時、ミノルタXG-Eに問題が発生して、シャッターチェックをしたら明らかにシャッターが開いていない時があった(涙。おかしい。念の為、今度は3カット撮影して現像に出した。そして帰ってきたフーテージには「AX-1」のタイトルが写っていたのは一カットだけだったのである。やられた!!!フィルムを1本通した本撮影をしたら見事に2~3カットに一枚しか撮れていない。完全ジャンク物を掴んでしまったのである(涙。
              ☆              ☆
 文句ばかり垂れていても情けなくなってくるので本カメラの生い立ちなども紹介しよう。
 それまでM42マウントのカメラを出していたフジが時代の流れに乗ってバヨネットマウントにしたものである、時代の流れと言うのは、ちょうどミノルタXDが両モードAEを実現させた頃で、流石にスクリューマウントでは対応できなくなってきたと言うことらしい。そこで登場したのが両モードAEを搭載したAX-5であり、絞り優先モードAEとマニアル露出に限定された廉価版のAX-3であり、更に絞り優先モードAEのみを搭載した最廉価モデルが本カメラAX-1ということなのである。マウントはXマウントと言うらしいが、まあ、なじみのないマウントである。しかし、後発のマウントと言う事で大口径でよく考えられたものだそうだ。特に、純正のST(M42)マウントアダプターが凝っていて、取り付けるとスクリューマウントのレンズも自動絞りが連動するのである。ペンタックスの場合、シンプルなリングで絞りはマニアルで操作していたからよく出来た代物である。
 ボディはペンタックスMEに比べても安っぽさが隠せないが、MEは同じ絞り優先AE一眼レフでも金属ボディの時代だったから単順には比較できないだろう。例えばライバルのミノルタX-7と比べて特に劣るという事は無いのだけれども、この種のカメラを見るたびにニコンEMはよく出来ていると思ってしまうのは身びいきだろうか?
 カメラを構えて左側のダイヤルが感度設定で右側のダイヤルが「OFF」「AE」「60x」「B」とシャッターモードダイヤルとなっている。1/60と言うのはシンクロスピードとしては遅い方だろう。また、バルブもそうだがペンタックスMEやニコンEMと違ってメカニカルシャッターになっていないので電池が切れればそれまでである。LR44を使う前者に比べ本カメラは4LR44を使うから予備も高く尽くしどこでも手に入る物ではない。これは注意が必要だろう。シャッター速度は1/2~1/1000と特にスローで物足りないが、まあ、フジの廉価カメラはこんなものだろう。
 本カメラの明確な欠点は測光時にある。露出計は赤いダイオードの点灯で表示されるが、レリーズボタンを半押しするまで露出計は表示しない。レリーズボタンを半押しすると適切なシャッタースピード表示の横にダイオードが表示されるが、今度はそれが固定されてしまうのである。つまりAEロックされるのだが、普通、そういうのはフレーミングによって変化する露出をレリーズボタンの半押しによって固定(AEロック)すると思うのだが、フレームの各部分の露出を測る為にはスポットメーターのように各部でレリーズボタンを半押ししなければならないのでちょっとイライラする。こういうのは電池の消耗の対応とかコストダウンになるのだろうか。
 まあ、拙僧は外れを引いてしまったのでネガティブな面がどうしても見えてしまうのは致し方ないな。ちゃんと写っていれば流石のフジノンで鮮やかな写真を写し出す。

|

« リコー ハイカラー35 | トップページ | カールツアイスイエナ テッサー50mmF2.8 »

コメント

いやぁ、このカメラってミノルタXGと同世代のカメラだったのですね。この時代既にフジは35mmSLRから撤退していたとばかり思っていました。

そしてシャッター半押しAEロックですか。

Nikon F3を使っていたころ、AEロックするには別のボタンを押す必要があって、ライカR4はシャッター半押しAEロックで「ライカって良いなぁ」と羨ましかった記憶があります。

投稿: gratt | 2009年5月24日 (日) 16時50分

こんにちは
フジカAX-1の情報が欲しくて検索していましたらこちらを発見致しました。
名前、メールアドレスとかURLなどが任意と
ありましたので楽な気分で投稿させていただきます。(パソコン歴10年くらいになりますが操作習得範囲は狭く、時には使用法がわからず、やっぱりパソコン教室に行かなきゃダメかなと思うこともありますが、心底困った状況じゃないので、まいいかってこんにちまできています。投稿についてもセキュリティのことを考えればパスワードとかなんとかをクリアしなければ叶わないのでしょうがここはその点操作に悩まされそうにない感じでしたので書かせていただくことにいたしました。ご迷惑でしょうがよろしくお願いいたします。さてフジカのAX-1ですがこれはプラスチックボディなのですか?当方金属製マニュアルカメラが大の好きでいろんなカメラを楽しんできました(います)。フジカはST801,901を所持していますがこれらの電子カメラはAUTOがダメになって今やホコリで化粧された状態になっています。レンズは使えそうなので安価なAX-1で使ってみるかと思ってご意見次第で、AXー1を入手しようと思っています。フィルムカメラが力取り戻すには若い世代が認知しどんどん使ってくれないとフィルム事情も悪化する一方ですね。デジカメは確かに便利でよく写ってくれますが、どうも当方には・・・って思いです。


投稿: | 2012年3月 3日 (土) 11時31分

どもども。

コメントを戴き、ありがとうございます(mm。

気楽に読んでいただければ幸いです。反応を頂ければ、やはり嬉しいですね。
ST-801は機械式シャッターではないでしょうか?露出計が壊れてしまったのでしょうか?ST-901は気になるカメラなのですが、おっしゃる通り、電子シャッターの寿命がそろそろ気になりますよね。あっしも、ようやく使い物になるペンタックスESを手に入れたのですが、2~3台は不満足な物を掴みました。
フジカAX-1はプラボディです。それに、AXシリーズはバヨネットマウントなので、フジカのスクリューマウントのレンズは使えません。年式の新しスクリューマウントのボディだとAZ-1もありますが、これは手の取ると廉価機なのが伝わってしまうので、金属外装の良さと比べると見劣りします。
オートがダメなら単体露出計は如何でしょうか?また、絞り込み測光になりますが、ペンタックスのボディという選択肢もあります。ペンタックスの方が玉数が多いので選べるかもしれません。
もっとも、フジカのあか抜けない魅力がありますよね。どうぞ、埃をぬぐって使ってあげてください。

誰に見せても褒められる写真を簡単に撮ろうというのであればデジカメで全く不足は無いのですが、自分なりの写真を掘り下げるとなると、フィルムの魅力は色あせませんね。それにカメラとしての魅力がないので、デジカメは次々と手を離れていきます。
フィルムカメラは手放せないんですよねえ。

投稿: Rikkie | 2012年3月 4日 (日) 08時22分

あ~っ、オモロ記事めっけ!
実は愛しのAX-1が壊れたらしい。
先輩901は健在ですが、後輩のくせに突然逝ってしまった。東京には珍しく雪に降り込められて弄んでいたら。南無阿弥陀仏。
やっと純正M42→AX変換マウントを手に入れてこれで拙僧にも春が…と思った矢先のことでございました。
東北から池袋に避難してきたフジのSステーションに行くべきかヤフオクで探すかニ三其徳、貴僧に言いつけようかと。

投稿: かめらねこ | 2012年3月 4日 (日) 11時03分

どもども、かめらねこ殿。

AXシリーズって耐久性に問題があるのか、結構壊れているブツが多いですよねえ。ペンタックスESの方が生存率が高いような気がします。
M42->AX変換アダプタ―を確保されたのでしたら悔しいですよね。あれは自動絞りが効くらしいですから。
万策尽きたらメールをください。送料着払いでダブついた、AX-1を送ります。素敵な出会いがあるまでお使いください。何か飽きたカメラと交換でもいいですよ。
もっとも、最近使っていないので、我軍のもまともに稼働するか怪しいですね。

投稿: Rikkie | 2012年3月 4日 (日) 16時38分

早速愚僧には勿体無き御返答、慎んで遠慮申し上げます。
ただ不憫なのはAXマウントのコシナインナーAF75-200でございます。親亀コケたら皆コケるのは世の倣い。南無阿弥陀仏。
有難うございました。

投稿: かめらねこ | 2012年3月 4日 (日) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/44700099

この記事へのトラックバック一覧です: フジカ AX-1:

« リコー ハイカラー35 | トップページ | カールツアイスイエナ テッサー50mmF2.8 »