« ミノルタ AF-Sトークマン | トップページ | オリンパス C-860L »

2009年6月25日 (木)

ソニー サイバーショット DSC-P20

Dscn6540  2009年8月。デジカメの主力は200~300万画素級に至っていたが、まだまだ「ちょっと試してみたい」というコンシューマ層には高すぎ、廉価版の130万画素級デジカメも各社送り出していた。

 そのソニーの答えが本カメラだ。レンズは単焦点なのは勿論、マクロモードつきの固定焦点にしてしまった。お陰で撮影レスポンスは非常によくなったが、この手の廉価デジカメにしては大柄で値段も専用電池キットを買うとあまり安くならなかったようだ。しかし、機能についてはISO400まで対応していたりエフェクト機能が付いていたり奢っている。

 ソニーフォロワーの方々は例え廉価機でもそれなりの機能を求めていたのであろう。

 詳しくはコンテンツをご覧頂きたい。

|

« ミノルタ AF-Sトークマン | トップページ | オリンパス C-860L »

コメント

ふぎゃぁ~
このカメラが発売された2001年、PCを始めたのですが、デジカメもフィルムを取り込めるスキャナーも持っておらず、、、欲しかったですねぇ~デジカメ。
スペックとしては単焦点パンフォーカスは好きなスペックです。2005年に初めて飼ったデジカメFinePix A202も単焦点パンフォーカスで、いまだに使いよかったと思っております。

まだPCも持っていなかった前年の2000年発売のDSC-F55V、単焦点のZeiss Distagonがついているという理由でしこたま欲しかったです。昨年50円で動作不明のものを仕入れ、結局充電器や電池のセットを探したら美品フルセットを安く買うハメになり、今も元気にしておりますが、、、うむ。。。

投稿: 横須賀与太郎 | 2009年6月25日 (木) 22時32分

秩父の写真、いいですねえ。
団子屋で振り向いた少女のさりげない表情。雄大な武甲山と芝桜の絨毯を背景にとびきりの笑顔の子ども。自分にも、父と一緒に出かけられるというだけで大喜びした無邪気な頃があったんだなあ、なんて心が温かくなりました。

投稿: まさ | 2009年6月26日 (金) 00時32分

どもども、横須賀与太郎殿。
2001年頃のデジカメだとAFも結構遅かったりしてパンフォーカスというのは使い勝手がありました。拙僧もデジカメのパンフォーカスは好きですね。撮影のレスポンスが違います。それにコンテンツで紹介するくらいなら画像もOKなので、今でも気分が乗れば使えますね。
拙僧はファインピクスA201を浸かっていました。そのうちコンテンツもご覧下さい。
http://rikkie.web.fc2.com/Camera/dejikame/FinePixA201/CAMFinePixA201a.html


F55のディスタゴンには拙僧も誘惑されました。結局3台くらい転がっていていますが充電器は1つだけです。50円は安い!拙僧が拾った頃はまだ500円はしました。


どもども、まさ殿。
写真を褒めていただくと本当にうれしいです。お団子やさんの娘さんは隠し撮りしようと思って見つかってしまってしまったのですが、良い表情だったのでそのまま撮ってしまいました。
最近は年をとったせいか田舎が懐かしくなります。この日は迎えてくれたように清々しいよい日でした。

投稿: Rikkie | 2009年6月26日 (金) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/44917497

この記事へのトラックバック一覧です: ソニー サイバーショット DSC-P20:

« ミノルタ AF-Sトークマン | トップページ | オリンパス C-860L »