« ペンタックス ME | トップページ | ニコン FE2 + 28~50mmF3.5 + 70~200mmF4 + そのほかもろもろ »

2009年7月28日 (火)

オリンパス C-21

Dscn6790  キャメディアC-21と聞いてどの程度の方がぴんと来るのであろうか?本カメラは旧世紀の1999年。ヒット作、C-2000と同じ年に発売された単焦点コンパクトデジカメである。なんでも、単三型電池を2本使いながらも当時最軽量のデジカメだったそうである。他が大きかったのだ。

Dscn6797  38mmF2.4と明るい単焦点レンズを搭載したちょっと高級なデジカメとして売り出されたそうだ。巷にはフィルムカメラのTC-1とかGR-1とか単焦点の高級機が気を吐いていた。しかし、本カメラは割りと品のいい金属外装をまとっているが、何処と無くプラスチッキーで高級機というには少し無理がある。起動や撮影・記録は当時としては高速で基本性能は良いのであるが、ボタン類が非常に押し辛く。特に頻繁に押す液晶ビュワー表示切り替えボタンが実際に運用テストをしたのか疑問に思うほど使い辛く閉口してしまう。これでは折角の高画質も台無しだ。

P1010006  実際に写り具合はどうかと言うと、結構、良い感じである。いいレンズを使っているのだろう。このあたり、同世代のエプソンCP-800Sは簡単に馬脚を乱すから大したものだ。

 スタイリッシュで軽量コンパクト、しかも単三型の汎用電池を使うデジカメというのはそれなりの市場を形成しそうなものだったが、これも一年後にIXYデジタルが発売されて方向性は決定的になってします。

コンテンツもご覧頂きたい。

|

« ペンタックス ME | トップページ | ニコン FE2 + 28~50mmF3.5 + 70~200mmF4 + そのほかもろもろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/45418708

この記事へのトラックバック一覧です: オリンパス C-21:

« ペンタックス ME | トップページ | ニコン FE2 + 28~50mmF3.5 + 70~200mmF4 + そのほかもろもろ »