« USBなんでもチャージャー2ブラック | トップページ | オリンパス FE-110 »

2009年9月11日 (金)

ミノルタ DimageF300

Dscn5960  これは拙僧が本当にうっかりしていたのだけれども。実用的なデジカメは300万画素級で充分と思ってたら、いつの間にかコンパクトカメラも500万画素級になり、今では1000万画素だというから驚きである。困ったのは、数々の200~300万画素級のデジカメがオークションでも処分できなくなってしまったことだ。さっさと使っていればそれなりに価値が有ったものも、今では二束三文である。

Pict0015  本カメラはミノルタがコニカと合併した頃に発売されたカメラである。ブランドはまだミノルタを守っていた。使ってみて驚くのが、フォーカスポイントがあちこちに飛んで定まらない上にAFロックができないのである。それでもAFを外していなかったから不思議なものである。これをミノルタは「ワイドフォーカスエリアの自動追尾AF」と呼んでいる。ミノルタらしい技術先行の困った機能だ。

 例によってコンテンツを作ったので読んで欲しい。

|

« USBなんでもチャージャー2ブラック | トップページ | オリンパス FE-110 »

コメント

Rikkieさん、こんばんは。
とうとう携帯電話までもが1200万画素になるそうですよ。
売らんがためのカタログスペックのマジックとは
わかりつつも日本企業の手にかかると1年後には
中身もともなってしまうから空恐ろしいものがあります。
そんなご時世に昔のレンズが使いたくて
600万画素のデジイチを買ってしまいました。
もし壊れたら買った値段より修理代かかりそうで
戦々恐々としています。

投稿: はし | 2009年9月26日 (土) 23時16分

どもども、はし殿。

携帯電話のカメラが1200万画素になるって事は器になるメモリーやPCが用意されるって事なんでしょうか?
携帯電話のディスプレイやPCのモニターで表示するには大きな器が必要になると思いますが。
600万画素級デジ一眼なら拙僧も手に入れましたよ。初代キスデジです。レンズ付き1.2万円でも安いと思わなかったですが、M42アダプターがあるのでいろいろと弄れると思ったんですよねえ。

投稿: Rikkie | 2009年9月27日 (日) 10時45分

メモリは今はマイクロSDHC対応なので容量に問題はないのでしょうね。
PCとかその他はデジカメが1000万画素オーバーが普通になっちゃっているので
あまり考えてないのだと思います。問題は携帯電話は通信機で当然1200万画素の
写真も送信したいニーズが出て来るのでしょうが、ちゃんと対応するのかどうか。
重いデータは無線LANなんて逃げ道でしょうか。
初代Kissデジ安いですね。僕のはペンタのIST DSです。
Kマウントの昔のレンズとM42で遊びたいと思ってます。

投稿: はし | 2009年9月27日 (日) 12時56分

どもども、はし殿。

そうですよねえ、喜ぶのは回線屋サンばかりだったりして。

拙僧も*istDLもっていますよ。拙僧のデビューデジ一眼です(^^。
良いカメラなんですがKマウントアダプターが見当たらないんですよねえ。昔は1000円だったんですが、1年位前にMAPカメラで見たときは結構なお値段だった気がします。

投稿: Rikkie | 2009年9月27日 (日) 16時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/46078190

この記事へのトラックバック一覧です: ミノルタ DimageF300:

« USBなんでもチャージャー2ブラック | トップページ | オリンパス FE-110 »