« オリンパス C-3030 | トップページ | カシオ QV-R40 »

2009年10月16日 (金)

カシオ QV-10

Dscn7363  言わずと知れたデジカメ市場を開拓したパイオニア、「QV-10」である。勿論、他にもデジカメは存在したし、リアルには知らないのだが電子スチルカメラなどと言うのも存在したが、高価だったり運用性がイマイチだったりして爆発的ヒットには繋がらなかった。本カメラが勝利を掴むことができたのは、そのパッケージングのよさで、特筆できるのは液晶ビュワーの存在だろう。それまで、撮った画像をその場で確認できて気に入らなければ削除できるなんてことができるカメラは無かった。いや、有ったのかもしれないが高価でコンシューマ層の手には入らなかったのである。

 本カメラは現在に通じるデジカメの楽しさの原点を備えている。例えば、自分撮りが出来おるマクロ機能付き回転レンズ。撮影画像の4分割、9分割のサムネイル表示。撮影画像のズームアップ表示。数え上げるときりがないが、注目すべき点はその多くの特徴が画像再生に重きをおいている点である。画像そのものは25万画素級の受光素子で読み込み、2MBの内蔵メモリに96枚もの画像を記録できる高圧縮で保存されたものだから決して良くは無いが、再生時における画像の操作の多様性がビジネスにおけるプレゼンテーションにおいても合コンの二次会のカラオケボックスにおけるプレゼンテーションにおいても抜群に効果的であったのである。本カメラの登場時は電池の消耗の激しさで活動が制限されていたが、現在ではエネループでも詰めて置けばそう困ることは無い。

 惜しむべきは現在、100円未満で転がっている本カメラなのだが、PCに接続するためには接続キットと専用ソフトが必要なのである。これさえ手に入れられれば、現在でもオモデジカメとして立派に通用するのだが。

 コンテンツもご覧頂きたい。

|

« オリンパス C-3030 | トップページ | カシオ QV-R40 »

コメント

パソコン通信のオフ会にQV-10を持ってきている人がいて、ちょっと羨ましかったのを思い出しました。ビデオカメラの映像をキャプチャしたような画像だなとは思いながらも、すぐに画像をデータ化できるのが羨ましかったですね。その頃使ってたカメラで思い出に残ってるのはKYOCERA SlimTでしょうか。
私は、今月ついにNIKON Fを手に入れました。ファインダーの接眼部に小さなカケがある1万円台のものです。今まで食わず嫌いでニコンの一眼レフには手を出したことがなかったのですが、40年前のNIKON Fはよく手になじんで気持ちがいいものだなと思いました。

投稿: hoy | 2009年10月16日 (金) 22時11分

接続用ソフトはカシオ社のHPからdownloadできますよ! 当時のものとは仕様は異なりますが。。 通信ケーブルはRS-232Cをピンジャックに変換したのもで後年式と同一のハズ? 

投稿: キンザザ | 2009年10月16日 (金) 23時22分

因みにQV-10。発売当初に購入して米国でwindows95発売当日に米本土に持込んでPCショップに群がる米国民を撮影しました。。

投稿: キンザザ | 2009年10月16日 (金) 23時26分

おはようございます。
このカメラも液晶ビューカムも懐かしい。
ビューカムは会社の人が社員旅行に持ってきてたのを
思い出しました。
コンデジでスイバルは廃れた感じですが
また復活して欲しいです。出来れば超広角付きで。

投稿: はし | 2009年10月17日 (土) 14時39分

どもども、hoy殿。

パソコン通信のオフ会なら盛り上がったでしょうね!
湾曲を補正するフリーソフトなどもあったと聞いていますが、見つかりませんでした。ニフティ時代が懐かしいです。
当時は拙僧はAuto110をツーリングに使っていました。その後、カメラ趣味を始めて会社の同僚の結婚式にF301を持っていったらソニーDSC-F3の方に「高いカメラなんでしょうね。」と言われてしまいましたが(^^。
ニコンFはいいですね。拙僧もF2を手に入れたら充分だと思っていたのですが、やはり元祖には眼が向いてしまいます。
傷物を一万円台なら欲しいものです。


どもども、キンザサ殿。

そうねんですよね。カシオは古いデジカメでもソフトがダウンロードできるんですよね。他にはエプソンなども今は分からないのですが面倒見が良かった気がします。
問題はシリアルケーブルですね。このシリアルケーブルはメガピクセル時代になっても互換性のある良心的な物で、一つ持っていれば色々なカシオデジカメで使えるのですが。
Womdows95時代に米国に持っていったのであればリアルにショックを体験なさってのですね。ちょっと自慢できる体験なのではないでしょうか(^^。

どもども、はし殿。

スバイルはニコンもやめてしまいましたね。
先日、そのスタイルングに惚れ込んで完全ジャンクのクールピクスS10を拾ったのですが、やはり楽しいものです。3年後くらいに拙僧の買える価格帯にならないかと思っています(^^。
スバイルで広角と言うと900シリーズのワイコンを思い出しますね。あのアンバランスな姿に惚れてしまう方もいらっしゃるようです。
また、懲りずにスバイルのクールピクスを出して欲しいものです。

投稿: Rikkie | 2009年10月19日 (月) 10時17分

すみません自分の名前間違えて入力してます。hoyではなくてyohでございます。メールアドレスはyoh@で登録できなかったのでhoy@で登録して使っているのですが、そちらの方につられてしまいました。
じつは、NIKON Fだけでなく、ワゴンでみつけた300円のCanon 310XLも手に入れてます。レンズ内にゴミか虫かよく分からないものが入ってるのが気になる他は大体問題なく稼動しているようです。
オートズームが動かない、と思ったのですが、撮影中しか作動しない機種なんですね?

投稿: yoh | 2009年10月19日 (月) 18時13分

おおっ、yoh殿でしたか。お久しぶりです。

キヤノン310XLを拾われましたか。中々良いカメラですよ。F1.0ってのが痺れますよね。
オートズームはモーターが回っている時でないと動かないので正解です。こういうシネカメラって多いんですよね。拙僧も初め壊れているのかと思いました。
レンズは確か簡単に開けられたと記憶しているんですが、小さな物なら気にしなくても良いと思います。
問題はフィルムで310XLはISO40とISO160のフィルムしか認識しないのですが、現在コダックが出しているのはISO64のエクタクローム64Tしかないことです。
レトロ通販がISO50のベルビアを切ってカートリッジにつめた物を用意しているのですが長らく品切れ中です(--。

投稿: Rikkie | 2009年10月19日 (月) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/46400893

この記事へのトラックバック一覧です: カシオ QV-10:

« オリンパス C-3030 | トップページ | カシオ QV-R40 »