« ペンタックス 6x7 + タクマー105mmF2.4 | トップページ | フジ ファインピクス30i »

2009年11月27日 (金)

フジ ファインピクス40i

Dscn4207  デジカメの黎明記にはスチル画像を撮影するほかに色々な付加機能を持ったカメラが登場した。例えばボイスメモや文字撮影、クールピクス300のような画像にメモができる物まで様々である。それらは結局、コスト高に繋がったり使い勝手が悪かったりしてデジカメの進化はカメラの基本性能の向上といった割と正しい路線に修正されていったようである。後年になって、割と成功したほうではMPEG4動画が撮影できる物があったが、そういうムービー指向のデジカメはパナソニックのムービー一眼の例に漏れず、現在でも有効のようだ。

 旧世紀末。フジから登場した本カメラはMP3プレイヤーとしての機能を持っていた。それ以前もコーワのラメラのように音楽系端末のラジオとカメラが融合したケースはあるが、これは単品のそれぞれを単純にくっつけただけで共有性は無い。同じ記録媒体に音楽と画像の異なるデータを記録して同じ端末で再生しようと言うのがデジものらしい発展として開花したのが本カメラだ。

 とは言っても、拙僧は携帯音楽レコーダーを持ち歩く趣味が無いため、本カメラをMP3プレイヤーとして使ったことは無い。なんでも64MBのスマートメディアで60分の音楽データを記録できるそうだ。勿論、ジャンクで拾ったのなら転送ソフトもリモコンも無いから無用の長物になっているのだろうと言うのは正しい。実は興味があって元箱付きジャンクを拾ってはあるのだ。しかし、実際に音楽を聴きたいのなら今では携帯電話で苦労無く実現できるのだろう等と思うと実行に至れないのである。

 だが、本カメラはいいカメラだ。カメラとしての基本性能が良いのである。本カメラの心臓部である受光素子はあの水増し400万画素と言われたファインピクス4700Zと同じ物なのだ。水増しとは言え400万画素には及ばない物の、並の200万画素級デジカメより良い画像を得られるのは確かなのである。

 フィルムカメラ時代を経験した方なら単焦点レンズを搭載した素性の良いコンパクトカメラというのは、それだけで興味の対象となると思う。スーパーフジノンと言うだけで心が躍るではないか。

 そういう訳で(?)コンテンツも見ていただきたい。

|

« ペンタックス 6x7 + タクマー105mmF2.4 | トップページ | フジ ファインピクス30i »

コメント

本日クロネコが、そちらに向かいましたです。
フォーカスロックが出来ず、MFも出来ない、日の丸構図専用機ですが、しばらく遊んでやってくださいませ。
フジヤカメラのジャンク館で、結構高くて不良債権化しておりましたが、修理できるうちに修理しようかどうか悩んでおりますです。
まあ来年、春過ぎたあたりにでもご返却いただければ結構でございます~。
横須賀与太郎ことナンマイダー村井(JFC)

投稿: 横須賀与太郎@ナンマイダー | 2009年12月 1日 (火) 23時46分

どもども与太郎殿。

催促したようで申し訳ないです(mm。
直すなら部品のあるうちの方がいいですね。
梅にシーズンにはお返しします(^^。
ありがとうございました。

投稿: Rikkie | 2009年12月 2日 (水) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/46536781

この記事へのトラックバック一覧です: フジ ファインピクス40i:

« ペンタックス 6x7 + タクマー105mmF2.4 | トップページ | フジ ファインピクス30i »