« マミヤ光機 (旧)マミヤ6 | トップページ | ミノルタ α303si »

2010年1月 1日 (金)

ペンタックス6x7のグリップとマミヤRB67のストラップ金具

 あけましておめでとうございます。

 昨年は拙僧の読みづらいコンテンツを見ていただき、ありがとうございます(mm。

 今年も飽きずにお付き合いください。

 さて、本年のポリシーとしてどう舵取りをしようかと考えた。今やフィルムプラカメを拾うと言うのはリセールバリューの観点からすると相当リスキーな時代となった。しかし、個人的にはフィルムの風が吹いている。昨年末には220判のプロビア100が1本100円で5本転がっていたので全て拾った。別に期限切れと言うわけではない。どうやら、220判のポジなどを店頭に並べるのは割に合わないと言うことのようだ。実際、98円だったライカ判の24枚撮りDNPセンチュリア200も姿を消してしまった。代わりにコダックのゴールド100が178円で並んでいるが、大幅値上げに悩んでいる。

Dscn7923 だから、と言うわけでもないのだが、今年は中判。特に67判に熱を入れようかと思っている。昨年はマミヤRB67、ペンタックス6x7と相次いで67判カメラが戦列に加わった。既存のホースマンプレス670も67判ホルダーしか持っていないので67判カメラに加えていいだろう。そこで、まず手に入れたのがマミヤRB67用のストラップ金具である。ネットオークションで1280円だったが、以前、旧マミヤ6用の物を市場で探してもらった時には5000円を請求されて顔が引きつった覚えがある。何れにしろ、この三河の地では探そうと思って見つかる物ではないので押さえることにした。しかし、三河も捨てた物ではない。

Dscn7959  クリスマスもたけなわ。全く未防備な状態で遭遇したのがペンタックス6x7用のグリップである。これは定期偵察しているキタムラで、以前ペンタックス6x7本体を拾った戦場でもあった。まさか前オーナーが放出し忘れた物ではないと思ったが、1000円のプライスタグに躊躇も無く拾い上げた。右につけるものとも左につけるものとも知らなかったが、そんな事は全く問題ではない。果たしてグリップを装着した姿は凛々しく、ぐいぐい来てしまうのである。

 そぞろ、使いもしない物をと言う汚名は返上しなければならない。まずは初詣の戦場で活躍させるつもりだ。

|

« マミヤ光機 (旧)マミヤ6 | トップページ | ミノルタ α303si »

コメント

あけましておめでとうございます。
旧年中はお世話になりました。
今年もRikkieさんの記事を楽しみにしてます!
PENTAX6×7で初詣とはかなり注目の的になりそうですね。
みんなきっとシャッター音にびびりますよ!

投稿: はし | 2010年1月 1日 (金) 20時59分

おめでとうございます。
最近はカメラから遠ざかってますが
RikkieさんのBlogは楽しみに
呼んでいます。
今年もよろしくお願いします。

投稿: 大佐 | 2010年1月 2日 (土) 00時02分

どもども、はし殿。

本年もよろしくお願いします。
ペンタックス6x7は以前から欲しかったですから去年では一番のパフォーマンスを持った買い物となりました。期限切れのポジを安く買ってありますから、今春は楽しみです。

どもども、大佐殿。

本年もよろしくお願いします。
大佐殿の独特の切れ味が冴えるコンテンツが最近は伝わらず残念です。拙僧の浅知恵が明後日の方向に向かった時には叱咤ください。
GWの帰郷の際にはカメラ活動、ご同行お願いします。

投稿: Rikkie | 2010年1月 2日 (土) 11時14分

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
新年早々、金持ちカメラへ走っておりますね(笑
貧乏人も忘れないで下さい・・・

投稿: めだか猫 | 2010年1月 3日 (日) 15時57分

どもども、めだか猫殿。

本年もよろしくお願いします(mm。

いやいや、このペンタックス6x7はボディで4000円ですよ。レンズも含めて1万円弱。安くなりましたねえ。67判より645判の方が高いですね。マミヤもペンタックスも。
初めて220判フィルムを使ったら、切り替えを忘れていて10枚しか撮れないと言うポカを新年早々から・・・。

投稿: Rikkie | 2010年1月 3日 (日) 16時09分

Rikkieさん、明けましておめでとうございます。

「フィルムの風が吹いている」とは、心強いです。
私も最寄りのキタムラでコダックゴールド100が178円で並んでいるのに、せめて105円にしようよ、なんて思いながらも、安売りはこれが最後かもと考えて10箱ほど買いました。
フィルムが消えていくことに対する潜在的恐怖感は拭いきれませんね。

Rikkieさんに中判の面白さを教えていただいてから、はや2年になるでしょうか。
私、今年はマミヤフレックスでの6×6により力を入れて精進しようと思っています。
ウエストレベルの自由度が昨年末から面白く感じられたもので。。。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: Syari | 2010年1月 4日 (月) 22時28分


おそばせながら、あけましておめでとうございます。

今年も、Rikkieさんの記事を楽しみにしております。

よろしくお願いいたします。

投稿: Bell | 2010年1月 5日 (火) 01時21分

どもども、Syari殿。

本年もよろしくお願いします(mm。
早速、昨年期限切迫で半額だった220判のベルビア100をペンタックス6x7に詰めたらカウンターが120判のままで半分しか撮れなかった拙僧でございます。
フィルムカメラの撮影時の緊張感はデジカメの比ではありませんね。上がりの情けなさには毎回悶絶するのですが。
ウェストレベルが身におつきになったとは素晴らしいです。今年も作品期待しております。


どもども、Bell殿。

本年もよろしくお願いします。
Bell殿のご発言に見え隠れするカメラに対する情熱を当方も楽しみにしています。
本年もよろしくご指導ください(mm。

投稿: Rikkie | 2010年1月 5日 (火) 13時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/47138412

この記事へのトラックバック一覧です: ペンタックス6x7のグリップとマミヤRB67のストラップ金具:

« マミヤ光機 (旧)マミヤ6 | トップページ | ミノルタ α303si »