« コニカ ヘキサー(HEXER) | トップページ | ニコン クールピクスS52 »

2010年5月13日 (木)

カシオ QV-R4

Dscn7560  原始、デジカメはレリーズ後のレスポンスとの戦いだったというのは以前のQV-R40の項で紹介したが、何と同じコンセプトのカメラが1年前の2002年に登場していたのである。それが本カメラだ。

 カシオの公式HPによると、従来のデジカメのアキレス腱だったレリーズ後のレスポンスを0.01秒に押さえたということなのだが、実際にはAFユニットのフォーカシングに2秒弱かかるので迅速な感じはしない。カシオの公式HPにもフォーカスロック後の速度と明記してあるので過大表示ではないだろう。しかし、本カメラは多彩な機能を搭載しており、マニアル露出の設定が可能なほかMFも可能なのだ。これなら、置きピンで動きものの撮影も可能であろう。

 肝心な画像は高コントラストでラチュードが狭く、折角のペンタックス製レンズも生かしきれていない感はあるが、このクラスのデジカメで創作的なパラメータを設定可能な物は少ないだろうから、一種注目しても良いと思う。ただ、残念なのが本カメラの電源はQV-R40の単三型電池ではなく、「NP-30」と明記された専用リチウム電池なのである。もっとも、この電池はファインピクスシリーズで幅広く採用された「NP-60」と互換性が有り、ACケーブルもフジの5Vの物が使えるので入手は容易だろう。

 コンテンツもご覧頂きたい。

|

« コニカ ヘキサー(HEXER) | トップページ | ニコン クールピクスS52 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/46632612

この記事へのトラックバック一覧です: カシオ QV-R4:

« コニカ ヘキサー(HEXER) | トップページ | ニコン クールピクスS52 »