« 白鵬優勝 | トップページ | デジカメ フォト スタジオ »

2010年7月29日 (木)

SMCタクマー 6x7 105mmF2.4

Dscn7683  今年に入ってからのライフワークとしてはペンタックス6x7を使用している。勿論、ライフワークというのは妻や姪・甥といった家族や家族の周辺の記録撮影である。昨年末から年始にかけて棚ずれの格安カラーポジが手に入ったのでもっぱらカラーポジを奢っているのだ。

Bara5  レンズは本レンズの他にもう1本持っているのだが、使い込みたいためにもっぱら本レンズしか使っていない(じゃあ買うなよ)。ボディは既に紹介させていただいたジャンク4000円の物だが、先日初めて露出計の使い方が分かって針が動くことを確認した。結果は良好で露出計はOKのようだ。嬉しい。

 220フィルムというのは今年になって初めて使い始めたが、バケペンで20カットというのはなかなかバランスの取れたボリュームである。勿論、ずらっと並んだ大フォーマットのポジを眺めるのは壮観である。

Bara8Image32  いつかレンズの描写が語れるようになりたいものである。

|

« 白鵬優勝 | トップページ | デジカメ フォト スタジオ »

コメント

こんばんは。
645や645Dのそうですが
6×7ペンタックスのラージフォーマットの
カメラは大きさの割に取り回しが良さそうですね。
フォーラムでさわってみても
ちょっと欲しくなります。
それにしても風景写真とかではなく
街中のスナップをバケペンでこなすのは
すごいですね。istDSでも重たいので
電池かえられないかなんて思っている僕は
見ならわないと。
バケペンもやっぱりペンタらしい
柔らかな写りなのでしょうね。

投稿: はし | 2010年7月30日 (金) 19時16分

どもども、はし殿。

ペンタックスの中判カメラはハッセルの呪縛もなく、使い手にしっくりきますね。中古市場の高さからも感じられます。いろいろあるのでしょうが、今後も活躍して欲しいです。
645Dも弄ってみたいですねえ。かえってフィルムの645MFが欲しくなってしまうかもしれませんが(^^。

バケペンのスナップ撮影も気分が高揚していいものですよ。
レンズの個性も良く分からないんですよねえ、ポジの美しさに圧倒されてしまって。
涼しくなった頃にはモノクロを焼きたいものです。

投稿: Rikkie | 2010年7月31日 (土) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/48734754

この記事へのトラックバック一覧です: SMCタクマー 6x7 105mmF2.4:

« 白鵬優勝 | トップページ | デジカメ フォト スタジオ »