« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月30日 (月)

キヤノン IXYデジタル60

Dscn9509  本コンテンツの主旨は日の当たらないプラカメやクラシックデジカメを持ち上げると言うものだ。もっとも、そういう意味で言うと本カメラは主旨に合わない。5年前の登場ならデジカメタイムスケールならクラシックであるが、立派な500万画素級だから必要にして充分である。IXYデジタルと言えばキヤノンの顔なので綺麗に写らないはずがない。

Img_0045  難点は良くできたカメラなのでコンテンツ作りに困ることだ。

 コンテンツもご覧頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

リコー R1s

Dscn9554  北海道に持っていくカメラを例によって選定したのだ。

 デジカメは雨を予想してオリンパスのμ-20デジタルとペンタックスのオプティオWPにした。メインがμデジタルだったのだが、図らずともその予想は的中してしまい、大活躍することとなる。

 それは兎も角、フィルムカメラも持っていかなければ格好がつかない。そろそろ余剰になった安く買ったカラーポジも使いたいのだ。判断に困った時はコンタックスT2を選べば失敗は無いのだが、折角の北海道なので、スケールの違う大地を広角で撮りたいのだ。

Hr35 そうなると、まず28mmあたりが欲しい。同じ防水系で行くとコニカの現場監督やフジの工事カメラの28mm付きのものも手持ちにはあるが、これらは対衝撃性や防水ではツーリングに向くのだが、オフロードオートバイで携帯するには嵩張るのが難点である。出来ればフィッシャーマンベストのポケットに入る物がいい。どうせメインはμデジタルなのだからフィルムカメラは雨天の時には諦めてビニール袋に詰めてもいいと思った。そこでスリムな28mm付きというと案外無い物でカルディアトラベルミニも思いついたのだが、これもやや厚いのである。ふと、思いついたのがリコーR1sだ。これはレンズが30mmと若干狭いが問題になるほどではない。それにパノラマ限定だが24mmモードにもなるのである。大地を撮影するには適切であろうと思われた。ジャンクで250円で拾ったものだから、万が一の時にも惜しくない。しかも、プリワイディングである。

Hr6  本カメラはモノクロしか通したことは無かったのだが、日没の空も美しく再現するようだ。若干、アンダー気味なのはカメラと言うより拙僧のフィルムスキャナーとポジの相性が悪いのかもしれない。兎も角、三脚無しでこれだけ撮影できれば満足である。

Hr33  薄く、ベストのポケットにも入るので、走行しながらの撮影もお手の物である。

 絶対真似はしないでね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

フェド FED50 その1

Dscn1797  先の大阪行きではメインにキヤノンAL-1にFD28mmF2を奢るつもりだったのだが、撮影可能日は結構な雨だったので実際に使ったのはコンパクトデジカメとサブのFED50でった。つまり、大口径の28mmF2に雨水を曝すのは惜しい気がしたのだ。アルプスで大枚5000円も出して買ったのである。まだ、FL/FDマウントのレンズもそれなりの価格帯と形成していた頃だ。

 つまりFED50なら惜しくないと思ったのだが、別に安くはなかった。ネットオークションで落札価格3000円もしたのである。これが現在の評価額として如何なものか分からないのだが、3000円も出せば綺麗なペンタックスSV+タクマー55mmF1.8だってちゃんと買えるだろうから安い金額ではないだろう。

Aj13  FED50を簡単に説明するとヤシカMCをソ連がケチってセレンにしたカメラである。勿論、安普請なプラスチックで出来ている。しかし、案外重さもあって電池も不要で便利でもある。割と最近のものらしくてガスト(GOST)もISOと同等である。バッチがかけているので断言できないがソビエト(CCCP)製だろう。

 このガタピシしたカメラの魅力は何れモノクロが上がってきたころにコンテンツとして報告させていただきたい。既にISO400のカラーネガは通したが、ソビエト製コンパクトカメラの期待に適う写りをする。流石、インダスタル(インダスター)81の38mmF2.8である。

 かなりの暗い雲天下なのにファインダー内の露出計は1/250を指していた。同じ場所でゾナー135mmF2.8をつけたヤシカFX-3は1/125と1/60を行ったり来たりしていたのだが、プリントはしっかりしているようだ。

 この辺りがソビエト物の不思議な魅力なのだろう。

 コンテンツもご覧頂きたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

渋いカメラ屋

Dscn9566  就職活動を始めた。ロクに仕事をせずカメラを拾っていると働かなくても喰える身分に見えてしまうかもしれないが、そんな事は無い。中国大陸のように心の広い妻が人並みに稼いでくれるからとカスミを食べているだけである。職業訓練校を卒業し、久しぶりに訪れた職安の崖っぷちな雰囲気で通帳の残高をリアルに突きつけられたら、流石に焦りを禁じ得なくなったのだ。

 それにしてもせちがない世の中である。時給750円のパートの求人に書類選考が必要なのだ。苦労して職務経歴書を書いて履歴書を埋める。なんとか出来上がったら写真を貼り付けるのだが、キラムラの店の奥でバイト店員に移させるのは嫌な気がしてきた。

 そこで向かったのは皆さんの町にもある、屋号にxxカメラとつきながらもカメラ販売は四半世紀前に諦めた黄昏時のカメラ屋だ。xxスタヂオでもいい。拙僧宅周辺には2件有り、片方は駅前でそれなりに営業してそう。もう一つは公営住宅外れにあって、やっていそうだが一体どうやって生計を立てているのか不思議な店だ。期待通りに前者は休業日で後者に行くことになった。

 手動扉を開けて挨拶をすると禿げた下着姿の爺さんが出てくる。素敵だ。流石にスタジオは年期が入っているものの立派でキタムラとは格の違いを感じる。まず目の前に生きたポラパック付きのマミヤRB67が三脚に立ってるのに感動するが、証明写真の撮影には例の2つレンズの付いたポラロイドカメラが登場して2度感動。実際にはフジのインスタントフィルムだろうが、営業写真(なのか?)でインスタントフィルムが現役なのにもびっくりだ。

 三脚の上でカメラが傾いているのが非常に気になったのだが、斜めにトリミングするのが巧の技らしい。イーゼルマスクをボールペンで引っかいて鋏で切って出来上がり。

 爺さんの技が書類選考で光るか?面接通過に期待を馳せる。

P.S.

 書類選考は、ちゃんと落ちました(;;。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

北海道に行って来た

P8120096_2  北海道ツーリングから帰還した。失業中と言う身分を有効活用した長期滞在も可能だったのだが、文句も言わず海外出張で稼いでくれる妻にも申し訳ないから片道2泊のフェリーで実際に走ったのは正味4日である。それだけでも謳いたい気分を味わえるはずだったのだが、台風を伴った低気圧が北海道全域を多い、2日は凍えるような雨にぶつかった。日ごろの行いであろうか・・・。

P8110091

 それでもカニもウニも堪能できたのだからVサインであろう。

P8130108  画像が少ないのだがいずれコンテンツとして報告させていただきたい。

P8080035  それにしても、旅先でこういうところに寄るのも如何なものかと思うのだが・・・。この件も報告させていただくことになるだろう。

Cimg3126  妻は妻でライトな北朝鮮パブで楽しんだようだ。  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

サロマ湖 船長の家

Dscn9524  北海道ツーリングが迫っても、割とのんきに構えていたのだが、フェリーだけ同行する友人カップルと打ち合わせをしたら、あまりのアツアツぶりにやっつけられてしまい、しっかりプランニングしないと残念な結果になると焦ってしまった。

 そこで、真剣にルートを検討する。当初は礼文島に行こうと思っていたのだが、よく考えると世界遺産にそれほど興味のある身分ではないと気づいた。俄然、食欲である。思いついたのがサロマ湖近郊にある民宿「船長の家」だ。ここは「ぎゃふんと言わせるほどカニを食わせる」ことで、その筋には有名なのである。ぎゃふんと言いたい。

 それで予約をして2週間位したら、この様な「お楽しみ券」が届いた。どんなお楽しみか楽しみである。

 では、8/7~8/15までツーリングに行ってきます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

デジカメ フォト スタジオ

_1017075  拙僧のブログやコンテンツを見ていただいている方はご存知だが、拙僧はブツ撮りが下手である。いや、下手なのはブツ撮りだけではないのだがカメラを紹介する主旨なのに如何なものかと思っているのだ。

 いや、心の温かい皆様は下手な画像を許してくださるのだが、これがネットオークションで処分となると見栄えが良くないと何かと不便である。もっとも、見栄えが不鮮明なほうが何かと都合が良い時もあるが。

 デジカメと言うのは便利な物でライティングにちょっと工夫すればそれなりの画像は出来るのである。だが、そのちょっとの工夫が結構大変なのだ。それで、テント型の小型スタジオは欲しかった。しかし、普通は2万円位するのでとても手が出ない。それが、それらしいものが喰わせもののリサイクルショップで2000円で転がっていた時には心が躍った。単車だったのですぐ買うわけには行かなかったが、欲しがる人もいないと思って余裕を持って数日後に行ったら無かった。貴重なチャンスを逃したのである。

_1017076  それが数ヵ月後に再び訪れるとあったのだ。ただプライスタグが付いていない。店員に聞いてみると980円だと言う。勿論、速GETだ。

 妙に安いので心配したが、箱を開けてみると未使用品にしか見えなかった。背景紙を広げる三脚の足の樹脂が欠けてしまったのでやっぱり安普請だと思ったが、広げると立派な物だ。

 試しに撮ってみたのだが売れる画像が取れただろうか?Dscn9509 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »