« ニコン オートニッコール 135mmF3.5 | トップページ | 秋の夜長に暗室を作る »

2010年10月28日 (木)

キヤノン パワーショットS2IS

Img_0102  時間は6年ほど前に戻る。拙僧が病気になってひきこもったころ、そこの頃は3階建のアパートに住んでいた。そこは中学校の通学道になっていて、いくつものカメラのテスト撮影や分解したカメラのフォーカスチェックをしていたのだが、しばしば、こういう被写体を選んだこともあった。しかし、今ならこれは軽く犯罪だろうな。

 つまり、すでに街中でカメラをぶら下げるのは警戒の対象になっていて、撮った写真を確認すると目が合っていることがあるのだ。

 最近、縁日や祭りで撮影するのだが、ああいう公共空間だとあまり撮影に気を使わなくても済む。

 これが最近の散歩写真の萎えるところなのだけれども。

|

« ニコン オートニッコール 135mmF3.5 | トップページ | 秋の夜長に暗室を作る »

コメント

こんにちは。
>撮った写真を確認すると目が合っていることがあるのだ。
それ、よくわかります。
自分も撮った画像をPCで見て、こちらをにらむように見ている人を見つけて驚くことが何回かありました。
例えば、下の画像で
http://mi84ta.cocolog-nifty.com/photos/ochobo4/090103_20.html
メガネひげオヤジは、こちらを見ている程度の印象ですが、赤ちゃんを抱っこしたおばさんはこちらを見ているというよりこちらを睨んでいるとしか思えないです。

投稿: mi84ta | 2010年10月28日 (木) 00時51分

どもども、mi84ta殿。

ああ、このおばさんは完全に警戒していますね。
姪の幼稚園区では沢山の大げさなカメラを下げている危険人物と認識されているらしく、こないだのコスモス祭りでも姪に向けたレンズの向きを変えたら「狙われている」と後ろから声が聞こえました。
トラブルには気を付けているのですが。

とにかく、女子高生の類はファインダーの中に入れないことにしています。後で文句を言われても嫌ですから。

投稿: Rikkie | 2010年10月28日 (木) 11時06分

警察からの不審者情報のメールを受け取るようにしているのですが、2・3日に一度は子どもが写真に撮られたという内容があります。
写真を撮る側としてはやりにくいんですけど、親としてはわかる面もあり、複雑です。
デジカメが主流になったのと、インターネットが普及したためだろうなと考えています。
進歩して不自由になるってどうなんでしょうね。

投稿: ずいろく | 2010年10月28日 (木) 12時46分

難しいご時世ですよね。
あからさまに撮っているという素振りをしない様に撮っています。
そうなるとコンパクトカメラが重宝するし、警戒され辛いですね。
それでも警戒される様だったら、その場は諦めます(笑)

投稿: ロック | 2010年10月28日 (木) 14時16分

どもども、ずいろく殿。

親御さんの気持ちを考えれば警戒はするでしょうね。実際、事件も起こっていますし。
幼稚園レベルでは「おかしなカメラを使っているが悪気はないようだ」という認識でいてもらっているようです。こう認識してもらうには明るく挨拶をするとか、それなりに努力がありました。これが小学校になるとハードルはもっと高いでしょうね。
子供はともかく、普通の大人でも商店街で露骨に警戒されるようになったのはここ2年くらいですね。テレビで通行人をぼかすとうなったのと関係があるのでしょうか。


どもども、ロック殿。

妻と一緒の時でもなければカメラは撮影直前までバックから出しません。ペンタックス6x7とか旧マミヤ6は出しっぱなしですが、この種のカメラの方がほおっておかれるようですね。
その場でカメラを構えるのが特殊かどうかは注意することにしています。
そういう意味でも観光地や縁日で思いっきり撮りますねえ。

投稿: Rikkie | 2010年10月28日 (木) 15時13分

身につまされるお話ばかりです ^^。

わたしはとにかく堂々と撮るようにしています。若い人たちを見ても興味深い被写体は携帯電話のカメラで結構自由にパシャ・パシャやってますしね。

大阪在住ですが繁華街を歩く時は完全に観光客になりきって撮ってます。

投稿: ぷーさん | 2010年10月28日 (木) 18時43分

完全な観光地以外は厳しいのでしょうか?
生き生きした子供を撮りたいのにね
こういう写真家は女性ばかりになったりして

投稿: M | 2010年10月29日 (金) 07時16分

どもども、ぷーさん殿。

あっしも警戒される年齢になったということですねえ(泣。
恋愛は若いころでないと、痛くもない腹を探られるということなのかも知れません。
観光客になりきるのは手ですね。

大阪は6月に行きましたが興味深い街です。今度はゆっくり歩きたいですねえ。


どもども、M殿。

夫婦だと警戒が薄いですが、一番いいのが姪と一緒でいることですね。これもある程度人が集まるところでないと目立ちますが。
そういえば商店街の祭りでオフィシャルの腕章を付けたカメラマンはみんな女性でした。その方がトラブルが避けられるのかもしれません。

投稿: Rikkie | 2010年10月29日 (金) 10時15分

携帯電話で傍若無人に撮影するほうが
良いかもしれないですね。

あとは、やおら三脚を組み立て
大判カメラをセットし始める。

これも大丈夫でしょう(笑)。

投稿: 大佐 | 2010年10月30日 (土) 14時34分

どもども、大佐殿。

ホースマンプレスをセッティングしていて挨拶をされたことはあります。
商店街に頼まれた風の顔をするのがコツですね。

投稿: Rikkie | 2010年10月30日 (土) 15時06分

リンク先アドレス、どうしても途中で改行になってしまいますので、うまくつながらなければご容赦下さい。

にらまれた例(二点)
http://0ev5jw.bay.livefilestore.com/y1psoWJJ73DQOCNBrzg02LmPiQbaEpCqJOI0RbLYejBb1t7kqCnkYTY91CJezSi_kx2voQVJVvNhDME5DyKUriflh5ZOUiJk12S/P9040001S.JPG

http://0ev5jw.bay.livefilestore.com/y1pwW0Hxm3csqVASH22FgBrta48u0PMxrDJQwMKkuKckc6ZUrFQeZ-oV4YBOuraN0NX_56W-uOaom1CSFvQlqQTVABb8DKQvtje/PA170250S.JPG


無視された例(一点)
http://0ev5jw.bay.livefilestore.com/y1ppD5x7SQKvabC0AH9rs6W8h9Q-gbq-fp4w5C8ORRw0Mr03kX1gButwTqWnpH7eFeldNBCEDENMrb78m1-FL80hH3gl-X3PxL4/PA170251S.JPG

失礼ながら相手様の表情を拝見しますと、そのかたの性格にもよるような気がします。

ホースマンほどのカメラであれば逆に人だかりが出来そうですね ^^。

投稿: ぷーさん | 2010年10月30日 (土) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/49600786

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノン パワーショットS2IS:

« ニコン オートニッコール 135mmF3.5 | トップページ | 秋の夜長に暗室を作る »