« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月25日 (木)

フジ TW-3

Dscn8793  周期的にハーフ判カメラが欲しくなってしまうのである。本カメラはネットオークションで送料込みで800円位で手に入れたものだ。ハーフ判カメラはいい値がつくので安い方だと思ったが、その後、近所のキタムラで500円で転がっていたのでお得感は無くなった。

Dscn8809_2  AF以外は自動化されてている。フォーカスはゾーンフォーカスだが、ハーフ判で焦点距離が短いから十分だろう。特徴的な二焦点の切り替えもモーターでなく、レンズボードを手で捻り切り替える。こういうマニアルな感性が残されているのは好感が持てる。困ったのは電池室がネジでフィクスされているうえ、電池が半田付けされていて簡単に交換ができないことだ。電池そのものはCR123Aを連結させたものなので入手は簡単である。

Tw3_2

 このような強力に武装化された装甲車両というのは使い勝手の良いもので、早速、小隊を編成して武威偵察を行うと、ファシスト軍のⅢ号戦車と接触して破損してしまう。

 損害は光線漏れであった。フィルム室のモルトが崩れていたのである。事前のチェックでは問題ないと判断したのだが、甘かったのだろう。何しろ、撮影枚数が多くなるので気づくのが遅れるから被害は大きくなる。早速、修復するが手持ちのモルトは薄いものしかないので対応できたかどうか。

Dscn0333  困ったのはフィルムの装填不良が起こったことだ。フジの肝いりのDILを採用しているのだが、フィルムカウンターが正常にセットされておらず、フィルムが無くなってもカウントを続けてしまったので撮影したつもりで写っていない状況が発生した。フィルムが無くなっても巻き上げ音がしてカウンターが変化してシャッターが切れるのは如何なものかと思う。

 空シャッターが切れないとそれなりに困るのも事実なのだが、フィルムもないのにフィルムカウンターが変化するのはルーフプルーフとして問題を感じる。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

オリンパス μ20デジタル

Dscn9661  自分でコンテンツを作っておきながらクラシックデジカメというジャンルがあるのかどうだか知らないのだが、フィルムカメラと確実に異なるのは含み損が発生することだ。つまり、本カメラを拾った4年前なら400万画素級コンパクトデジカメもそれなりに価値があったのだが、今では二束三文になるかも怪しいのである。

 まあ、それは覚悟の上だ。悲しいのはフィルムが無くなって数多くの思い入れのある宝石がアトム判やバンタム判カメラのような存在になってしまうことである。

 そんな事態は拙僧が寿命をまっとうする後にしてほしい。

 コンテンツもご覧あれ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

セコニックの露出計

 こうカメラがあふれる程転がっていると一つ一つの扱いが雑になってしまうのは否めない。のだが、アクセサリー類には無頓着なので予備がない。それを認識せずに精密機器の単体露出計を迂闊にも落としてしまった。打ち所が悪くうんともすんとも動かなくなってしまう。慌てて分解して電流計をあてると受光素子は生きているのだがコイルのどこかが断線したらしく不動になってしまった。後悔先に立たずである。単体露出計は他にスタジオデラックスがあるが、モノクロフィルムでちょいちょいっと撮影するには少々嵩張るのである。別にそれでも撮影に困ることはなく、ちょっと気の利いたコンパクトデジカメが優秀な露出計として活躍できるのだが、何となく口寂しくてネットオークションを開いてしまうのである。妻と買わないと約束したのはカメラやレンズであって露出計ではないのだ。

Dscn0268

 気軽に出品リストを眺めるといきなり終了間近の手頃なウェストンマスターが目に入るが、ここは冷静にならなければならない。夜酒に思いを馳せるなら半世紀も前のセレンの露出計はいいだろうが、今回欲しいのは近代戦に耐える装備である。実際に、拙僧の手の届くのはMR-9を使うような代物で実用を語るには感心でないが、21世紀になって10年たってもxxスタン系の方々は立派にRPG-7で成果を上げているのだから見習わなければならないな。結局、ビットを入れたのはセコニックの年代物の2台のセットである。一方はセレンのもので実戦はともかく酒は美味く飲めるだろう。もう一方は先ほど壊したものと同じもののように思えた。価格帯は牛丼が3~4杯食えるかどうかという拙僧にも払える範囲だ。

Dscn0306  実戦で使うのはもちろんMR-9を使用する後者だが、実際に手元の壊れたものと比べると細部が異なっている。パッと見からケースが異なるのだが、細部も入手したものはマイナスネジを使ったりストラップが無かったり、変わったところでは入手したものは受光部にブルーのフィルターがオフセットされていた。モデル名は「MICRO-LEADER」で同じなのだが、永く作られたらしくマイナーチェンジを重ねたのだろう。入手したものの方がケースも本革を使っており、マイナスネジを採用していることから古いと思われる。

Dscn0307  ストラップの移植は分解を必要としたので開けてみる。すると、金型は同じだが回路も微妙に異なるようだ。

 肝心の露出は適正から半段速いようで、これは1.5vの代用電池を使用しているからだろうか?露出は50mmを付けたベッサR2とペンタックス スーパーAとコンパクトデジカメ(ファインカムM400R)と比べたのだが、フィルムカメラの2台とデジカメでは2段のずれがあった。当初は露出計の方がジャンクなのだと思ったのだけれども、デジカメの結果と近いので大丈夫にも思える。するとフィルムカメラの方に問題があることになるのだが・・・。

Dscn0311_2  ストラップを通したら精悍な顔つきになった。

Dscn0273  ついでにセレン物も紹介する。さすがに経たっているらしくて2~3段はオーバーを示す。しかし、持っていて楽しいので実戦にも投入するかもしれない。

Dscn0276  内戦で博物館からボルトアクションの小銃を持ち出して、ゲリラ作戦に挑む楽しさがある。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

パナソニック DMC-TZ3

P1100685  いわゆるきみまろズームのライカレンズ搭載の高倍率ズームコンパクトカメラなのだけれども、そんなものは珍しくはないので、ここでは主題にしない。

 拙僧のように年間の牛丼を食べる回数よりカメラ・レンズを買う数のほうが多くなると、カメラの稼働スパンが非常に長くなってしまうのである。落札したまま5年以上経っても箱も開けないカメラもある。それで、1回撮影したまま数年ぶりに画像を見るとびっくりするような画像が写っているの驚くのだな。

P1100703   まあ、こういう世の中だから、最も難易度の高い被写体は女子高生であろう。しかし、女子幼児もなかなかハードルの高い被写体である。こういう単語を並べると、その筋の方にマークされるのではと心配だ。そんな画像を撮影したことはさっぱり忘れているので久しぶりに発掘すると焦るものだ。それはもちろん、拙僧にやましいことがあるからに他ならない。

P1100709 本来、このブログは拙僧の使ったカメラを紹介し、撮影結果と詳細レポートを組み合すたコンテンツを週2で報告するものなのだが、今回は前章ということで撮影画像だけ紹介してコンテンツの方は改めて紹介させていただきたい。

P1100846   ちなみに本カメラを久々に持ち出したのはこのような被写体を写すためである。

 両極端にお好きな方向けのコンテンツになりそうだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

フジフィルム スーパープレスト1600

Image31  写真趣味ものとして、ここぞと失敗できないのが友人の結婚式である。いや、別に失敗してもいいのだが成功が一つもないと、普段から写真趣味を公言している身からすると「なんだ口だけ」という評価を得てしまう。これは中々辛い。園児の運動会とは桁外れに慎重になる。

 そこで必要となるのがフジフィルムのスーパープレスト1600である。普段、中国製安フィルムしか買わない拙僧が新品で買う数少ないフィルムだ。昔はコダックからもイルフォードからもハイスピードフィルムは出ていたが今は見かけない。もしかしたら、リヒテンシュタインあたりでそいういうフィルムを作っているのかもしれないが、ビック.comで手に入らないと拙僧の下には届かない。

Image16  初夏に撮影したネガを晩秋に焼いたのだが、はがきと六つ切りにやいたプリントはそれなりに喜んでいただけたようである。他の方々と同じ条件では勝てないからデジ一眼レフではなくモノクロフィルムの需要はまだまだ拙僧には多い。

 もっとも、近所のキタムラでは、既に中判のモノクロフィルムは店頭在庫は無くなったから予断を許さない状態である。個人的には中国製の在庫が半年分あるが、こういうのは安心材料にはならないだろう。

 コンテンツもご覧あれ。

 ヤシコンゾナー135mmF2.8のネガも焼きました。コンテンツをご覧あれ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

ペンタックス オプティオM20

Dscn9899  700万画素級で顔認識AF&AE搭載、滑らかで美しい液晶ビュワーを眺めるとコンパクトデジカメに2万円以上払うのは如何なものかと思ってしまう。いや、もちろん、本カメラはジャンク籠で500円で拾ったものだ。

Imgp4708  ところが、当然というかそうは問屋が卸さないのである。光線状態が良ければ素晴らしい画像が撮れるが、ちょっとでも悪いとたちまち馬脚を現すのだ。これではペンタックスレンズの銘板が無く。

 CCDとかカスタムチップは汎用品で安くできても光学レンズはそうはいかないのだろうか。

 コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

マカオの女子中学生

M2_1  拙僧が新婚旅行で訪れたのだから、もう8年前になる。マカオの中心地には女子中学校があって、下校時間には見渡す限りが女子中学生だらけになるのだ。なんか金が取れそうな風景である。

 その女子中学生同士がタンデムでスクーターを転がしていたもの、いったい免許のシステムがどうなっているのわからない。

M2_2  誰も信じてくれないが、拙僧は見た。写真だってある。ニコンEM+AiS50mmF1.8である。

 しかし、その後何度かの訪問では2度とめぐり合うことはできなかった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

秋の夜長に暗室を作る

Dscn0127  カメラの好事家であると自認しているのだけれども、コレクターだと思われるのは心外である。別にコレクターの方を批判するわけではないのだが、その言葉に戦闘的さが欠けているような気がしてならないのだ。口数の方が多いとはいえ撮影する人間と思われたいものである。

 創作行為が楽しめるのはやはり暗室作業だろう。拙僧は素人仕事だからローソン100円ショップで買ったチリの安ワインをちびちびやりながらになるのだが、取ってつけた様な安ワインのぶどうとオークの香りは薬品を打ち消す。暗室がワインの香りでみたされる頃には、酔いが回って自分の写真が良い風に見えてご機嫌である。勿論、そのあとにがっかりするのだが、それでも自分が焼いた写真はかわいいものだ。

 友人の結婚式の写真なので5枚6つ切りで焼いた。この充実感はたまりませんな。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »