« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月28日 (木)

フジフィルム ファインピクス4900Z

Dscn2589  本カメラが登場した旧世紀末(2000年)がどういう年だったかと言うと、フジフィルムからはファインピクスS1Pro、キヤノンからはEOS D30が登場している。定価ベースで30万円台半ばというのは、現在の視点では法外だが、当時はアマチュアユースでようやく購入が現実化したとされた。それぞれエントリークラスをベースにしており、手に取ると中古のCRM250Rが買える代物とは中々理解しがたい物があるが、ニフティのPHOTOフォーラムでは飛び込んだ方も多かったようだ。拙僧の認識ではレンズ交換ができるとかより、確実なフォーカス確認や、レリーズ後のタイムラグが短く動き物を満足に撮影できるデジカメは、一眼レフ以外には殆ど無かったと記憶している。

Dscf0030  とはいえ、ボディのみで30万円超えは誰でも出せる金額ではない。そこで一眼レフの使い勝手と高倍率ズームレンズ(当時)を組み合わせればニーズになるとフジフィルムは踏んだのだろう。高倍率ズームレンズを搭載したデジカメはソニー(5倍)やカシオ(8倍)が既に登場していたが、EVFを搭載した一眼レフライクのパッケージングでフジフィルムは勝負した。同時期にオリンパスが光学10倍ズームレンズ+手振れ補正機構を搭載したC-2100UltraZoomを送り出しているが、かなり大柄なカメラで比較的コンパクトで軽量の本カメラとはターゲットが異なるだろう。

 屋外なら現在ののレベルでも遜色ない発色を描くハニカムCCDである。

 コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

ニッコール-P 7.5cm ブロニカ用 プロモデル撮影編

Image10  そういえば随分前に「涼しいネガ」を焼いた報告をさせていただいたのだが、コンテンツを作るのを忘れていた。

 コンテンツをご覧いただきたい。

 ところで拙僧の気合一発カメラがブロニカS2なのだが最近稼働していない。逆に全く稼働していなかったマミヤRB67を出している。

 理由としてはポジを使っているからなのだが、案外的を得た使い分けな気がする。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

サイバーショット DSC-W35

Dscn1406  サイバーショットWシリーズは廉価モデルのようだ。ツアイスのバリオテッサーの1件は忘れるとして、ソニーにしては常識的なコンポーネンツで個人的には好感触である。いまでは稀な光学ファインダーも搭載している。

 画像は文句なしに綺麗なのだが、どうもソニー製品には愛が芽生えないなあ。

 コンテンツもご覧頂きたい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

キヤノン FD55mmF1.2

Dscn2525  上海旅行から1カ月以上経つのだがコンテンツが出来上がっていない。一部は取りかかっているのだが、未だに現像もしていないフィルムもあって作業は滞っている。現像液を作ったら惜しいのでフィルムを貯めこんでいるのだが、最近はポジの稼働が増えているのでモノクロが貯まらない。なので既にプリントしたものを先に報告させていただくことにした。

Image14_2  第一弾は珠玉のキヤノンFD55mmF1.2である。F1.4より明るいレンズを手に入れるなどと言うことは旧世紀では考えられなかった。それだけフィルム物件が寝落ちしているということなのだが、前向きに受け止めたいものである。コダックのモノクロフィルム値上げといったニュースもあるのだが、一度は120判モノクロフィルムの取扱をやめた定期偵察内のキタムラも、拙僧がTMAXやらフジフィックスやらを注文し続けたせいか、トライXの取扱を復活したので嬉しい。

 コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

コニカミノルタ DimageX1

Dscn1483 ディマージュXシリーズは屈曲光学系ズームレンズを搭載した「出っ張らないカメラ」として市場を賑わした。光学系の一部をプリズムやミラーで曲げる発想はそう新しいものではないが、製品としての完成度の高さが受け入れられたのであろう。しかし、たちまちソニーをはじめとしたライバル会社の同ジャンルが台頭してオリジナルのリードは失われてしまう。

 ミノルタがコニカと合併してコニカミノルタになった時に、ネーミングからして「長くはないのでは」と不安に思った方は少なくないだろう。本カメラはコニカミノルタが薄型コンパクトデジカメのアドバンテージを再び確たるのもにしようと気合を入れたのは端々では分かる。

Pict0092  1.8型の大き目な800万画素級撮像素子に手ブレ補正機構を組み合わせたズームレンズは期待できるものである。しかし、実際に使ってみると、レスポンスをはじめとしてイマイチ芳しくない。肝心な画像もソニーの500万画素級の物の方がいいような気がして肩すかしである。

 どうも、コニカミノルタのコンシューマカメラ事業の寿命を縮めたともいわれるらしが、満更的外れでもないのではという印象を持ってしまう。

 コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

オリンパス キャメディア C-755UZ

Dscn0794  この種の高倍率ズームレンズ機はイマイチしっくりこないのだけど、スペックで夢を見ることができるのでマメに拾うことにしている。それでも、最近は望遠域によるスナップも見についてきたので稼働率は高い。

P1010045  勿論、本カメラの本領は子供の運動会であろう。そういう屋外のタフな環境下に曝されるケースが多いのが、C-7xxUZのジャンクは傷だらけの物が多い。本カメラも電池蓋が破損していた。それでもカメラとして機能しない物は少ないから丈夫なものだ。動作も緩慢だが、オリンパスらしくマニアル機能が豊富なのでMFで置きピンが有効である。AFだって遅いが合わなくはない。合わないカメラはいっぱいあるのだ。

Dscn1570  限定でブラックモデルも存在する。

 コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

オリンパス キャメディア C-40ZOOM

Img_2563  妙に丸っこくてレンズが下の方からにょっきり出てくるのがタニシみたいでキュートなカメラである。オリンパス伝統のカプセルタイプボディだが、どこかユニークだ。

 初期の400万画素級デジカメで上位のC-4040の普及版として位置づけられているが機能はマニアルモードを搭載して充分である。価格も10万円に若干届かないレベルだというから廉価モデルではない。単3型電池2本使用で取り回しもいいし、年式相応に動作が遅い以外は使い物になる。スマートメディアがネックだが今ではネットオークションで安くなってきたようだ。

P1010008  本カメラのチャームポイントはボディ上部にモノクロ液晶パネルを搭載しているところだ。これによって液晶ビュワーを非表示で撮影できる。大した意味のある行為ではないが、クラデジカメを扱う楽しさを味わえるのだ。本カメラの光学ファインダーはそこそこあてになる。本カメラは電池消耗にシビアだから、そういう撮影も有りだろう。

 コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

ソニー サイバーショット DSC-T9

Img_0022 拙僧はエレクトロマニアでもなければガジェット好きでもないので、独自仕様で親和性の乏しいソニー製品はそんなに仲の良い友人ではない。しかし、乏しい北米生活からもソニーとホンダのブランド力の高さは知っており、アップルや韓国メーカー製の携帯端末の台頭を前にソニーには頑張ってほしいと思うのである。しかし、実際にはNEXあたりはどうなのだろう?なまじ、ソニー製品はメディア受けするから雑誌の評価は高くても、実際にNEXで撮影している方を見たことが無いから心配である(その後、若者やカメラ女子が使っているのを見ました)。ネットオークションでアダプターが乱舞しているのも逆にコンシューマ層の需要とはかけ離れている気がするなあ。

Dsc04813

 本カメラは屈折光学系の薄型ボディであるサイバーショットTシリーズに手振れ補正を搭載したものである。プロのメカライターめいた検証はしていないが、薄暗い商店街でも、まずブレブレ画像は無かったので効果は高いだろう。無論、綺麗な画像を撮影する。本ブログのようなへそ曲がりが喰いつく話題が無いのは良いカメラの証拠であろう。

 コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »