« ファインピクスA202改 | トップページ | マミヤ セコール C 150mmF4(645用) »

2011年10月13日 (木)

パナソニック ルミックス DMC-FX35

Dscn2040  知らない間にミドルクラスのコンパクトデジカメがライカ判換算で28mmより短い焦点距離から始まるズームレンズを搭載するようになっていた。そんなコンパクトカメラはフィルム時代には極めて稀だったし、28mmをカバーするものだって多数派ではなかった。ライターさんやパワーユーザーは広角側の充実を望んだが、メーカーの認識では異なったようだ。どのメーカーか忘れたが、セールス的に望遠側の数値が大きい方が効いたそうである。180mmF13なんていうレンズも使いようであろうが、ISO400を詰めても手ブレしそうだし、写りがイマイチでもコンパクトカメラなんてそんな物と納得したのであろう。

P1020001  それがデジカメ時代になって、DPE代も気にならないから撮影枚数も増えてユーザーの錬度も上がったようである。画角の広さによるメリットも認識されたようだ。フィルム時代にようにほとんどの鑑賞がサービス判のプリントということはなく、PCのモニターで拡大されるのだからレンズ設計も手が抜けない。

 本カメラなどは25mm相当からのズームレンズを搭載している。無論、写りは申し分ないのだが、使いかが悪いのか手ブレやフォーカスミスが少なくなかった。最早、熟成期に入った手ブレ補正機能も万能では無いようだ。

 コンテンツもご覧いただきたい。

|

« ファインピクスA202改 | トップページ | マミヤ セコール C 150mmF4(645用) »

コメント

狭い路地ほど広角が・・・
25mmなら路地が似合いますね。
GRの28mmではちょっと・・・
って場面もありますからね〜。

投稿: KOH | 2011年10月13日 (木) 10時37分

どもども、KOH殿。

フィルム時代には28mmは経験者でなければ難しいとされていましたね。室内とか裏路地に興味が行くようになると、なんとか撮りにくくもなるのですが。
実は、最近GR10を拾ったんですよ。GRレンズのような高級品が拙僧の河川敷に流れ着くと思っていなかったから嬉しいですね。

投稿: Rikkie | 2011年10月13日 (木) 17時26分

25mm・・・珍しい焦点距離ですね。
思い浮かぶのは、ツァイスのディスタゴン25mmくらい・・・

まぁ24mmで撮ったモノと並べられてもワタクシには判らないでしょうけどorz

投稿: nakky | 2011年10月13日 (木) 17時54分

どもども、nakky殿。

25mmといえばディスタゴンですよね。ニッコールもキヤノンも距離計時代は25mmだったと思うのですが、一眼レフは24mmですよね。1mmでも短いと偉いという風潮だったのでしょうか。

ヤシコンの25mmなんて欲しいんですけどねえ。
最近手に入れたオートニッコール24mmF2.8(Ai改)もいい具合ですよ。これも撮りためて報告しないとですねえ。

投稿: Rikkie | 2011年10月14日 (金) 00時36分

パナはライカなんですよね
魅惑の写り
だけど、パナと聞いただけで
あの異常とも言える鮮やかさというイメージがインプットされていて
触手が動かないのですよ
設定次第でどうにでもなるのでしょうが
家電メーカーは、いぢくりまわした画づくりというイメージが払拭できずにいます

投稿: M | 2011年10月14日 (金) 06時25分

どもども、M殿。

確かにパナソニックやソニーは弄ったような発色をしますね。逆にたまにカラーネガを同時プリントに出すと「発色が悪いなあ」などと思ってしまいますから、デジ世代の方には普通なのでしょう。。
でも、最近のモデルはそうではないですよ。
あっしに子供がいて、確実に綺麗な画像を残したいと思ったら、メインはパナのGシリーズに下と思います。

投稿: Rikkie | 2011年10月17日 (月) 09時23分

ワタクシが所持しておりますフィルムコンパクトカメラでは、FUJIFILM Silvi F2.8 SuperEBC-Fujinon 24~50mm/F2.8~F5.6 と云う優れものがあります。
イチガン並みに良く写りますし、シャッターボタンが軍艦部上面左右に一つずつ計2つ (3つはいらんでしょう) ありまして、カラシニコフを握り右手が塞がっているときなんかは左手で戦闘写真が楽に取れるんです。

投稿: かめらねこ | 2012年4月13日 (金) 14時43分

どもども、かめらねこ殿。

なんと、世紀を跨いだフィルムカメラ世界大戦末期にそのような高性能自動拳銃が皇国から登場していたとは。流石の富嶽のフジフィルムですね。

これがコンタックスブランドだったらフィルムカメラ史を揺るがしたでしょう。未来に「丸」で幻の兵器特集が組まれたら、オオトリで搭乗ですね。

投稿: Rikkie | 2012年4月13日 (金) 19時26分

富嶽なんて仰るから超弩級爆撃機のことかと思い 「オオトリ」 は鳳、鵬、鯤かな、いったい何?
と、思ってたら寄席の 「大取り」 でしたか。寄席とくりゃ長厚重大オリンパスL-3は笑えますよね。Lレンズの描写は実は好きなんですけどね。僭越ながらイチオシ。
脱線ご容赦。現在DMC-FX35を探しています。

投稿: かめらねこ | 2012年4月15日 (日) 00時28分

どもども、かめらねこ殿。

実は、あっしめL-3を2台持っています。あのグラマラスでゴージャスなボディに負けてしまって・・・。実際に使ったことは無いのですが。あれを持ち出すならペンタックスMEにレンズ2本持っていきますし。
でも、一度熟年婦人部隊がL-3を実戦運用しているのを見たことがあります。薄暗い、ナゴヤドームの蘭博覧会でした。
多分、古参のエキスパートなのでしょう。

投稿: Rikkie | 2012年4月15日 (日) 13時54分

着流しの懐に匕首MEなんてアブナイ風情ですね。刺客いや折角ならL-3二挺を腰に下げ早撃ちなんてやってほしいんです。恥ずかしいでしょうけど。
当方は一挺ですけどテンバのホルスターに収めて歩いてみます。

投稿: かめらねこ | 2012年4月16日 (月) 04時10分

どもども、かめらねこどの。


そういえば、あっしはレンズ交換はしないので、レンズ2本ならボディも2台にするでしょうね。
L-3は使いたいんですよね。5月のお稚児祭り(やらしいなあ)に持っていこうかなあ。
テンバのホルスターでいつでも先頭可能状態だなんて、かめらねこどののL-3は幸せですねえ。

投稿: Rikkie | 2012年4月16日 (月) 05時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/52107565

この記事へのトラックバック一覧です: パナソニック ルミックス DMC-FX35:

« ファインピクスA202改 | トップページ | マミヤ セコール C 150mmF4(645用) »