« 三洋 DSC-MZ3 | トップページ | ニッコールN オート 24mmF2.8 »

2011年11月14日 (月)

オリンパス E-100RS

Dscn6315  時はまさに世紀末。デジカメ世界大戦がいよいよ伝統的光学メーカーの本格的な参戦にまで拡大した。生き残った人々が渇望していたのはレンズ交換式一眼レフデジカメである。キヤノンにしろコダックにボディを供給していたニコンにしろ、一眼レフデジカメは発売していたが、これは価格帯も使い勝手もコンシューマ層に向けたものではなかった。入手が現実的となったのはフジフィルムがニコンF60をベースとして送り出したファインピクスS1ProとキヤノンのEOS D30である。とはいえ、稼働状態にするにはボディのみで中古のFZR400RRが買えるくらいしたから、これは単車の免許絵を持っていないとか、家族や彼女への投資が必要ない幸運な方々以外には厳しいハードルであった。

P1010042  35万画素級時代から旧世紀末まで黄金時代を築いていたオリンパスは、何故かレンズ交換式一眼レフデジカメの参戦に慎重であった。公式的にはレンズ交換時に生じるゴミの侵入の対策やフィルム時代のレンズをデジカメの撮像素子に組み合わせる際の不都合等を示していたが、エンドユーザが納得していたとは言い難い。ボディのみで40万円もする一眼レフデジカメが普及化するまでの当面のニーズとしてオリンパスが提供した答えがC-2100UZ、E-10、E-100RSであった。今回は込み入ったコンテンツを作ったので、オリンパスの思惑と結果についてはご覧いただきたい。

 現在、オリンパスはバブル期に抱えた巨額の損失と不明瞭な資金対策について、矢面に立っている。どうも、デジカメ事業が好調であった世紀末も、本格的なレンズ交換式一眼レフデジカメのシステムの開発と供給が、資金的に難しかったのではとも思えてしまう。

|

« 三洋 DSC-MZ3 | トップページ | ニッコールN オート 24mmF2.8 »

コメント

オリンパスって、フィルム一眼レフの時
「本格的なAF一眼レフ」への参入が遅れましたよね・・・
コンタックスもですが、それがけっこうその後も尾を引いた気がします。

もっとも一眼レフのAF化に先鞭をつけたミノルタがいち早く姿を消してしまったので、一概には言えないんでしょうけど・・・

あと、オリンパスって思い込んだら一直線みたいな「一途なトコ」があって、すこ~し道がズレていてもそのまましばらくツッ走っちゃうところがあるんじゃないかなぁ?・・・

投稿: nakky | 2011年11月14日 (月) 10時52分

どもども、nakky殿。

AF一眼レフの参入もオリンパスの一直線的なズレが修正できなかったんでしょうね。ニーズ重視のモデリングでペンやXAなど、歴史的なカメラも算出しているんですが。

ミノルタはデジカメ参入のタイミングを誤りましたね。ディマージュVだって、当時としてはいい絵でしたよ。しかし、登場に5Vのスマートメディアしか使えないというのは。
京セラのデジカメ参入の壁は安原さんが内部政治的な物だったと語っていますね。

投稿: Rikkie | 2011年11月14日 (月) 13時36分

この度のOLYMPUSには驚きましたね
このまま逝っちゃうのでは無いかと冷や冷やものです
ただ、内視鏡には抜群の知名度とシェアがあるので
C社やN社等の光学メーカーや
その他の会社も上場廃止になるのを心待ちにしているのではないでしょうか
そうなると、カメラ部門は厳しいでしょうね
カメラファンとしては、最悪の状態にならぬ事を祈るばかりです

投稿: M | 2011年11月14日 (月) 14時45分

どもども、M殿。

ニュースではバブル期の財テクに失敗して巨額な負債を抱えたと伝えられていますね。金額の桁が違いますが、よく聞く話です。本業でコツコツやっていくってのはダメなんでしょうか。設備投資をしないと税金で持っていかれるとか、事情はあるのでしょうが。

オリンパスが沈んで他の日本のメーカーが嬉しいことは無いと思いますよ。多分、資源を外資ががっちり買って、民族メーカーの危機なるのでは。
オリンパスにも他の光学機器メーカーにも納品しているサードパーティは多いでしょうしねえ。

投稿: Rikkie | 2011年11月14日 (月) 16時01分

オリンパスは、私の最初のカメラが中古のOM-1だったため、感慨の大きくございます。
なんでも、本日の東証では、上場維持の観測の情報が流れ、ストップ高ということですが、どうなんでしょうね今後は。

最悪の場合は、カメラ部門を最近調子のいい、リコーさんに買って頂きたいところですが…。

投稿: なお | 2011年11月14日 (月) 20時14分

どもども、なお殿。

あっしも、オリンパスのブランドは保持してほしいです。蛇腹マミヤ6のズイコーにはいい思いをさせてもらいましたし。
本業は好調なのでしょうし、外資の手に渡るなんてのは考えたくないですね。
サムソン辺りは欲しいでしょうし。

投稿: Rikkie | 2011年11月14日 (月) 20時57分

こんばんは。
オリンパスと言えばペンですよね。そしてペンF。独創的なカメラを作る会社ですし、それを大らかに作らせる会社というイメージです。
光学機器の会社ですから外資の傘下には入らないし、入らせないとは思います。
かと言ってペンタックスを保有していたHOYAみたいにあっさり捨てる会社も考えものですよね。
自力再建が一番良いのは分かっているのですがあまりにも巨額ですよね~。

投稿: KOH | 2011年11月14日 (月) 21時59分

どもども、KOH殿。

あっしのオリンパスデビューはペンEE3なんですが、モノクロで引き延ばした時に感激しました。その独創が独走になってします場合もあったのですが、μにしろC-7x0UZにしろ、ちゃんと評価をされてきたと思うのですが。
損失に対しては補填できたという話もありますし、実際の所はマダマダ不明瞭ですねえ。

投稿: Rikkie | 2011年11月15日 (火) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/53236137

この記事へのトラックバック一覧です: オリンパス E-100RS:

« 三洋 DSC-MZ3 | トップページ | ニッコールN オート 24mmF2.8 »