« ミノルタ ディマージュF100 | トップページ | SEA&SEA 750G »

2012年3月22日 (木)

学士取得

Dscn9195  通信大学をめでたく卒業できた。こういうとなんだけど、配られたテキストなんて真面目に読んだことは無い。ただ、科目のトピックスをまとめた小冊子とテスト問題とその回答は暗記する程読んだ。科目修了テストは70点取ればいいので、それで十分である。卒業判定は「可」だったが、それで結構である。

 ところで拙僧の取得したのは「福祉マネジメント科」である。自分の所属する科が何であるか気づいたのは4年生になってからだから、ナメているなあ。ちなみに拙僧は専門学校を出ているので3年次編入であった。福祉の仕事ぶりに感心が有ったのだが、失望と結論づいた。皆さんもご存じの通り介護や看護で働く方々の労働環境は厳しい。36歳で介護福祉士の資格を持っている男性が年収360万円というのは、拙僧の初任給よりかなり少ない。拙僧もホームヘルパーの資格を取得する際に、そういう老人ホームにボランティアで参加したが、はっきり言って従業員の良心で成り立っている。通信大学にはスクーリングという、学校に出向いて直接講義を受ける科目が有るのだが、「労働者の良心に依存したビジネスモデルはいずれ破綻する。福祉施設も労働単価やコスト意識を持ち、収益を上げるビジネスモデルを構築する必要があるのではないか。」などという発言は生徒どころか講師の顔も曇らす。特に「福祉サービスも顧客満足度を意識する必要がある。「顧客満足度の高いサービスは相手に対する尊厳の尊重と、愛情である。愛情が顧客満足度に関わるサービスな以上、愛情が利益を生むビジネスモデルを構築するべきである」と力説したら、露骨に教授の顔が曇った。「かつて日本では水と安全はタダであったが、現在では誰でもミネラルウォーターを買うし、ALSOKは儲けている。愛情も金銭的な報酬につなげるべきであろう。」と補足したが、まるで講師(教授)には届かなかった。あいつらは無償の愛の幻想に浸っているのである。まあ、介護士や看護師で実際に苦しい労働を仕入れている方々には共感を得たようなのでいいけど。

福祉は商売になる可能性があるが、労働者が労働に見合った報酬を得ることのできるデザインは一考の価値があるだろう。拙僧も、暇つぶしで福祉施設でボランティアで自転車修理をしているだけでなく、「儲かる福祉」について考えていますよ。

|

« ミノルタ ディマージュF100 | トップページ | SEA&SEA 750G »

コメント

卒業おめでとうございますヽ(´▽`)/

投稿: はし | 2012年3月22日 (木) 18時49分

どもども、はし殿。

ありがとうございます。
楽に卒業できたのはありがたかったのですが、ちょっと物足りないですなあ。
福島でボランティアとか、そういう事をやりたかったわけではないんですが。

投稿: Rikkie | 2012年3月23日 (金) 05時18分

ご卒業おめでとうございます。

私の知人友人もこの方面に従事しているのがいるのですが、話しを聞くと、いつも頭の下がる思いであります。

Rikkieさんのような方が増えて、現場で働く方々にちゃんと報酬の分配が行き届くシステムが作られますことを、切に祈っております。

と書くと、なんと他力本願な、という思いもしたのも書き添えさせて頂きます。

投稿: なお | 2012年3月24日 (土) 03時03分

どもども、なお殿。

ありがとうございます。
あっしは、日本の社会福祉を買えたいなどと大それたことは考えていないのですが、自給180円の作業者を380円くらいにしたいんですよね。
ちょっと施設長と組んで、いろいろと考えていますよ。

投稿: Rikkie | 2012年3月24日 (土) 06時46分

こんばんは。
卒業おめでとうございます。
活躍される場が広がったのですね。
益々のご活躍を期待しています。

良いサービスを提供するのであればそれなりの報酬は当然です。
市場原理に反してますよ。

投稿: KOH | 2012年3月24日 (土) 23時09分

どもども、KOH殿。

結局労働者の良心に依存して、自治体からの金は握っている連中が要るんですよね。
かといって、学者連中はコスト意識が無い。福祉も困ったものです。

投稿: Rikkie | 2012年3月25日 (日) 08時27分

ご卒業、おめでとうございます!
私事ですが、妹が介護に携わっておりまして、大変な仕事だと実感しています。だからこそ、仰られているようにビジネスとして成り立たなければ、将来がみえてこないと思いますね。

投稿: たまはる | 2012年3月25日 (日) 22時21分

どもども、たまはる殿。

ありがとうございます(mm。
実際の福祉の現場の方の話を聞いても「金でやっているのではない」と否定されることも多々あるんですよね。
頑張った人が正当な評価を得ることが出来なければビジネスモデルは崩壊ですよ。評価というのは、親戚のオジサンのねぎらいは無くてサラリーですよね。
こういうのはトップダウンからでないと難しいと思うのですが、学者連中のボランティア信仰を聞くと暗くなります。

投稿: Rikkie | 2012年3月26日 (月) 08時39分

ご卒業おめでとうございます~
しかし「福祉で利益を出す」ですか、難しい命題ですなぁ。兄がその職の末端に居ます(兼職)が、肉体労働が主なので、安く提供できる労働原から募職して使い捨てって悪循環になってるとか。それで残るのは愛でがんばる人ってのが皮肉な話です。
年金機構の投資先とかにうってつけだと思うんですが、「利権癒着だ~」と騒ぐヒトとかいて、結局ハコモノ作って終わりになるそうで(人材系は天下り先とか言われて投資先になりにくい)。まったく世知辛い世の中ですな…
毎度遅いレスで失礼いたしました。ではでは~

投稿: 無尽探査機 | 2012年4月 6日 (金) 00時20分

どもども、無尽探査機殿。

全く持って使い捨てですよ。そういうのを是正するリーダーシップを学団もとるべきなのに「単位時間当たりの単価」なんて話にも拒否感が有るようでは暗いですな。
今やろうとしているのは、施設のやっている自転車再生業務の作業手順の講習と次世代に残る作業手順書なんですよね。これで個人の裁量に任せていた教育や標準化に弾みをつけるつもりです。
ただ、福祉の世界は「標準化」とか「効率化」とか嫌いますからね。やり方も新調が必要です。

投稿: Rikkie | 2012年4月 6日 (金) 06時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/54280496

この記事へのトラックバック一覧です: 学士取得:

« ミノルタ ディマージュF100 | トップページ | SEA&SEA 750G »