« サイン本 | トップページ | ローライ A110 »

2012年3月 1日 (木)

ニコン クールピクス5600

Dscn7685  去年の今頃、何者をTVが過熱的に報道していたのを覚えているだろうか。それは小向さんである。例の覚せい剤疑惑で賑わしていた娘さんだ。フィリピンで逃げ切るつもりとも噂され、あまり日本の報道が鬱陶しいのでフィリピン政府もビザは更新しないと公言していた。結局、日本に帰ってきたのだが、その豊満な胸を見事に強調したスーツで空港に降り立った姿に、小向さんの今までの人生の生き方が感じることが出来た。ピンチの時には乳を出す。そうやっていあっまでの人生をこなしてきたのだろう。その後は刑事責任や、バックに付いたブレーンの存在などで1ケ月は「とくダネ!」や「ミヤネ屋」を賑わすはずだったのだが、あの震災である。その後に小向さんが不起訴になったのは、あの過熱ぶりが嘘のような小さいニュースだった。いやはや、お強い。こういう強い星の下に生まれた方にはかなわない物である。

Dscn0490  師弟制度でコツコツと仕事を覚える呑気な商売が通用しなくなったのは随分前のことだろう。先輩職人の技を盗むなんて悠長では困る。新入社員を3か月で満足に仕事ができるように教育しなければ、こちらの評価に関わるのだ。三河の方は田舎育ちだから、どうもそういう事が分からない。「納期に間に合わなくても、頑張ったのだから怒られればいい。」なんて平気で言う。納期に間に合わないと思ったら、対処を考えるので早めに言ってほしいと言っても、「Rikkieさんはいい上司だから」なんていうんだが、別にいい上司だからではなく、納期に遅れたらこちらのクビがかかるのだ。頑張ってもらわなくても、間に合う工程表を書いている筈なのである。

 本カメラもそうなのだが、キムタク以前のクールピクスは当たると素晴らしい画像を写すのだが、やたらシャッター速度が遅くなるとか、何かと使い勝手に問題が有った。多分、レンズは光学屋、ボディは箱物屋、ソフトウェアは電算屋と、それぞれの先輩にどなられて鍛えられた職人がパーフェクな仕事をしたのだろうが、カメラとしての使い勝手は悪いのである。必要とされていたのはトータルコーディネーターと呼ばれるような素人向きの肩書だった。プロジェクトリーダーとは、ちょっと違う。素人に何が分かると職人の方は反発しただろう。しかし、実際にお金を払うのは素人の方なのだ。プロ用機材と銘打てば、使い勝手やコストパフォーマンスを問われない時代ではない。そんな、職人あるいは職人出の中間管理職の方を黙らせる程のパワーバリューをキムタクが持っていたということになる。つまり、強い星の持ち主である。ゴーンさんだって、本人が何か特別なスキルが有ったというよりは、日産エンジニアに「文句言いたいけどガイジンのいう事じゃ仕方ない」と思わせ、柔軟的な姿勢を引き出したのが成功要因だろうな。

 古きクールピクスのコンテンツもご覧いただきたい。

|

« サイン本 | トップページ | ローライ A110 »

コメント

もしかして今は亡き「サンヨー製」なんでしょうか・・・
そういえばサンヨー製だったデジカメってパナソニックで引き継いでいるんでしょうか・・・それとも・・・
白物家電部門はハイアールに譲渡ですよね。

ワタクシは「ブレ写真」はそれなりに動きを感じて好きです。
っていうか世の中「ちょっとのブレも許さない。ピントは瞳に合ってないとピンボケ」的な風潮が強すぎて、ちょっと疲れますね。
このスナップはイイと思います。特にブレ具合が・・・

投稿: nakky | 2012年3月 2日 (金) 11時53分

どもども、nakky殿。

実はこのカメラはもう処分してしまったんですが、シンガポール製(タイかも)だったと思うんですよね。そうすると、シンガポールニコンで作っていたのではと思うのですが。
200~300万画素時代には裏の覇権を握っていた三洋も消えました。でも、エネループは使えますよ。エボルタなんて使い物になりません。この辺は実体験から一遍コンテンツを作りたいと思っているのですが。

nakky殿の被写体に肉薄する戦闘的なお写真の前にはブレがどうだとか合焦がどうだかとか、そんな理屈は吹き飛んでしまいますよね。
このブレはあっしも気に入っているんですよ。コンスタントに使えるようになると技ありなのですが。

投稿: Rikkie | 2012年3月 2日 (金) 17時11分

ニコンはキムタクに頼らざるを得ない器材だったんですかね〜?
確かに売れたのでしょうけど、それを老舗がやってはダメな気がします。キムタク以降のニコン製品を買って無いのはそのためです。
ニコンなんですからどっしり構えていて欲しいものです。

投稿: KOH | 2012年3月 3日 (土) 17時41分

どもども、KOH殿。

あっしも、当初ニコンがキムタクを起用した時には苦々しく思いました。ニコンもそこまで切羽詰っているのかと。
ただ、以降のクールピクスは確かに使いやすくなったんですよね。正確に言うと安定的になりました。
ただ、キムタクを頼ったのではなく、デジカメを売るためのマーケティングとニーズ先行の開発に腹を据えたと思っているんですよね。どちらかというよ供給先行だったニコンがユーザーフレンドリーの選択をしたのは良かったと思います。
目下心配なのはニコン1の行方ですが・・・。

投稿: Rikkie | 2012年3月 4日 (日) 08時10分

どもども。
Nikon1に引かれてしまいました。
私も「1」の行く末に不安を感じずにいられない一人です。
全てがアンバランスというニコンらしさが爆発したコンデジ。しかもデザインがソニーより5年は遅れている。これではペンにも勝てそうにない。
と思ってたらオリンパスも信じられないニューモデル出すし。一体トップは何考えてるんだ!

投稿: 大佐 | 2012年3月 4日 (日) 22時14分

どもども、大佐殿。

ニコン1、不安になりますよねえ。とにかく、購買層が見えてこない。例えばニコンの公式アナウンスに

===================
写真を「撮る」「見る」「選ぶ」「送る」「シェアする」「感動を分かち合う」という行為は、会話をする、食事をするという行為とおなじくらいに日常的になりつつあります。
===================

なんて書いてあるんですが、だからそういうニーズは携帯電話が担っているんですよね。ニコンは老舗光学機器メーカーらしい所有することが喜びになるようなプレミアムに特化したブランドを構築するべきだと思うのですが。パワーユーザーと女子供の二兎を追って虻蜂取らずな感じが、何ともニコンらしいのですが。キムタク効果も期限切れか・・・。

OM-Dはコンセプトは兎も角、あれって美的にどうですか?なんとも潔くないルックスに見えるのですが。
ファインピクスのX100がもうちょっと小ぶりだといい線言っていたのかとも思います。7年後くらいに欲しいですね。

投稿: Rikkie | 2012年3月 4日 (日) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/54082241

この記事へのトラックバック一覧です: ニコン クールピクス5600:

« サイン本 | トップページ | ローライ A110 »