« SEA&SEA 750G | トップページ | オリンパス センチュリア »

2012年3月29日 (木)

パナソニック ルミックス DMC-TZ7

Dscn7371  本カメラは液晶ビュワーの割れた本当のジャンク品なので、廉価に確保しても自慢にはならない。それでも、たしかバッテリーが付属していたので妥当だろうと思って500円硬貨を投げ出したのである。

 常識的なコンパクトカメラに高倍率光学ズームレンズを搭載したTZシリーズも、本カメラに至ってライカ判換算で広角側25mmの光学12倍ズームレンズを実現した。28mm位ならノーファインダーでそこそこ見れる写真が撮れるが、25mmとなると妙に間の抜けた画像になるので、これは脳のトレーニングが必要となろう。

 高倍率ズーム機も今や30倍にもなっているようだ。なんだか凄いなあ。

 コンテンツもご覧いただきたい。

|

« SEA&SEA 750G | トップページ | オリンパス センチュリア »

コメント

私も28mmはいつも使ってるので大体この辺り、というのは掴めるのですが、25mmとなると難しそうですね。
かく言う私も、初めて24mmの単焦点レンズをオークションで落としました。明日でも試してみようと思っています。近いうちブログで報告しますので〜。

投稿: なお | 2012年3月29日 (木) 20時57分

どもども、なお殿。

都市のようなごちゃついた被写体だと、それなりに使い勝手が有るのですが、ローカルだと、ただ被写体が小さくなりがちです。

ほうほう、24mmを撃破なされましたか。フィルムカメラの24mmは別格です。当方もこの1年で増えました。

ご報告を楽しみにしております。

投稿: Rikkie | 2012年3月30日 (金) 04時43分

液晶が惜しいですね。
僕のも25ミリスタートですが、
kodak v570が23ミリなので、
違和感なく使えました。
V570を買ったころはなかなか使いこなせなくて
大変でしたけど。
このパナソニックのもV570と違って
今時のらしく歪みがちゃんと
デジタル補正されていていいですね。

投稿: はし | 2012年3月31日 (土) 13時02分

どもども、はし殿。

ライカ判換算で28~200mm程度のズームレンズを搭載するのは、既に普通のカメラですからねえ。
液晶は惜しかったですが、この種の高倍率ズーム機は稼働率が低いんですよね。
明日はセントレアを予定しいているのでDMC-FZ5でも持ち出すつもりです。

投稿: Rikkie | 2012年3月31日 (土) 17時05分

うわ、これ数年前にガチで買いたいけど買えないなぁ~と思っていたカメラです。
作例拝見いたしますと、私の基準を楽々クリアーしていて、、、
液晶割れていなくて数千円だったらマジで欲しいと思ってしまいました。

投稿: 横須賀与太郎 | 2012年4月11日 (水) 23時31分

どもども、横須賀与太郎殿。

例によって、このカメラも処分して手元にはないのですが(^^;。
ルミックスもDMC-FX01辺りの発色は抑え目だったのですが、この頃には派手さを押さえつつも色彩も主張していますよね。
25mm相当のパース感もイイですし、3000円くらいならお買い得かもですよ。

投稿: Rikkie | 2012年4月12日 (木) 00時25分

なんたってLeitzの玉を積んでんですからね。大したモンです。
「ラメラ」 なんて知ってます?そうですカメラにトランジスタラジオをつけたナショナル電器初のカメラちゅうかラジオ。
カメラ付き携帯の前ぶれ、屠竜に積んだ20㎜上向き機関砲や37㎜戦車砲、月光の斜銃みたいなもんだったと考えれば納得して頂けるかと( 何ぼ何でも無理やろ!)。

投稿: かめらねこ | 2012年4月12日 (木) 00時31分

スミマセン。前コメ間違ってます。
コーワのカメラでしたちゅうかラジオでした。
ナショナルも屠竜も月光も台無しです。以後注意します。

投稿: かめらねこ | 2012年4月12日 (木) 00時57分

松下電器は「ラジカメC-R2」でした。
コーワのラメラの方は16㎜特務機関御用達スパイカメラ風の1959年製。
松下さんとこの「ラジカメ」は110のファミリーユース丸出しデザインの1980年製。
但し、どちらがカムフラージュが効いているか。当然松下でしょう。

投稿: かめらねこ | 2012年4月12日 (木) 02時12分

どもども、かめらねこ殿。

あっしが八王子時代、単車仲間に日野だか豊田だかのコーワ社員がいたのですが、ラメラは辛うじて知っていましたよ。カロワイドとかは知らないのですが。
実際、民生品で紛れ込んだら分からないですよね。

あれですかね。第一次世界大戦の時に民間木船にカノン砲を積んで、魚雷をケチって近づいてきたUボートをギリギリで迎え撃つという。Qボートっていった気がするんですが、Wikiには引っかからなかったので記憶違いかなあ。

投稿: Rikkie | 2012年4月12日 (木) 20時44分

ご迷惑おかけしました。

Google辞書では「Qボート」でたった一行。
Wikiでは「Qシップ」でそこそこ詳しく出てました。イタイケなUボートを騙す囮船みたいですね。元々魚雷搭載量が少なかったから小口径砲での砲撃が常套手段みたいで近づかないとね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Q%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%97

投稿: かめらねこ | 2012年4月12日 (木) 22時23分

どもども、かめらねこ殿。

ご迷惑なんてやめてくださいよ(^^;。

Qシップですか。あっしの記憶違いを訂正していただいてありがとうございます。
こういう地味な活動が大局に影響を与え、歴史の記憶に忘れ去られるんでしょうね。
特務艦(船)だから、おおっぴらに戦果も公表しなかったでしょうし。

投稿: Rikkie | 2012年4月13日 (金) 03時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/53979801

この記事へのトラックバック一覧です: パナソニック ルミックス DMC-TZ7:

« SEA&SEA 750G | トップページ | オリンパス センチュリア »