« オリンパス センチュリア | トップページ | フジフィルム ファインピクスA202改 »

2012年4月 5日 (木)

ペンタックス オプティオS5i

Dscn8305_2 蓮舫さんがどのようなパーソナリティの持ち主なのかは全く知らないのだが、例の「2番じゃダメなんですか」は支持につながったとは言えない。いや、言っていることがどうというより、あのカメラ写りを知り尽くした調子乗っているツラが嫌だというのが正直なところだろうか。アニメのパロディキャラにマジクレームつけたというのも、現代のネット文化・コメディ文化には合わない。TVタックルを見ている関東圏の人間だけをターゲットにすれば済み時代ではないのだ。もっとも、それこそ関東のメディアには登場するのだろうか。radikoというインターネットラジオ放送サービスがある。これは関東なら関東圏、中部なら中部圏のラジオしか聞けないのだが、3月初旬に限って何故だか関東のラジオが聞けたのだ。それで文化放送を聞いたりしていたのだが、なんと鈴木宗雄さんが出演していた。てっきり収監されていると思っていたのだが、娑婆に出てきていたのである。こういうパンチの利いたゲストは名古屋辺りのぬるいラジオ局では持て余すだろう。それにしてもインターネットの時代でラジオがエリアごとしかサービスを提供していないのは不甲斐ない。スポンサーの都合もあるのだろうが、是非、全国配信してほしい。東海のラジオの「給湯室の小言」みたいな骨のない話題はクソクラエだ。いづつ監督とマツコの「17時台とは思えないような下品な番組」を頼むから聞かせてくれ。何なら月に2000円くらいは払ってもイイ。

Imgp2408  ペンタックスの一眼レフカメラと言えば、初めから1番を狙っていない風が有った。1番というはニコンとかキヤノンである。もっとも、それはライカ判の話であって、6x7も645も110も、ライバル不在のユニークな立ち位置で、必要な方には替え難い存在である。あまり知られていないが、コンパクトカメラだって28mmの広角を大事にしていたし、バルブが使えたり拘った設計になっている。Kデジシリーズも携帯性やカラフルにこだわって、パーソナル色の強いユーザーに好まれているようだ。かつての実直なペンタックス像を持っている我々のようなローテクには複雑だが、お手製のストラップを付けたKデジをテーブルに置くカメラ女子も良いものである。

 本カメラは実直のペンタックスを髣髴させるところがあって、ちょっと魅力である。

 コンテンツもご覧いただきたい。

|

« オリンパス センチュリア | トップページ | フジフィルム ファインピクスA202改 »

コメント

今自分の持っているカメラが一番多いのがkodak、次がpentax、最後ricohって、改めて考えるとなんとも言えない不吉な予感が。

投稿: はし | 2012年4月 5日 (木) 21時30分

ここ最近はデジタルばかりですなぁ。
こちらは、なぜか戦前カメラのジャンク品に当る事が多くて、ノンコートレンズばかりになってます。

投稿: ゲルベ | 2012年4月 5日 (木) 21時33分

最後の写真三角の建物は私の知ってるとこかも。
でも岡崎なら違うかな。

投稿: ペン太 | 2012年4月 5日 (木) 23時32分

どもども、はし殿。

時折、はし殿の御写真に「退廃」を感じるときがありましたが、ご趣味なのでしょうね(^^。
リコーは大丈夫だと思えますよ。勿論、支える重さにも限界があるでしょうが。

投稿: Rikkie | 2012年4月 6日 (金) 06時03分

どもども、ゲルべ殿。

現在、激しく金策に回っているのでデジカメの処分量が多いんですよ。皆さんにはつまらないだろうと思っているのですが。

内訳をもっと言うと、流石のあっしもこの時期はカラーネガを使うのですが、例の1本198円のネットオークションの店に最近頼んでいるんで、送料をケチって撮りためているんですよね。モノクロも、現像液が惜しいので撮りためています。

なにより、ボランティアがフルタイムになったんですよ。ちょっと、忙しくなってしまって。

買物戦線の方は衰えていないので、サブブログの亜熱帯ジャンクカメラサーフィンの方の更新はしております(mm。

投稿: Rikkie | 2012年4月 6日 (金) 06時20分

どもども、ペン太殿。

最後の鋭角の三角の建物はフェイマスな建物なんですよ。倉庫兼住宅になっているのですが、夜もシャッターしめないし、工具や資材のブチマケぶりには好感が持てます。

投稿: Rikkie | 2012年4月 6日 (金) 06時22分

あぁ・・ペンタックスはいろいろと思い入れがありますですよ。
一時期は67や645、アサヒフレックス、M42・・・いろいろ楽しんでました。
初めてのデジカメもOptioSで・・・
初めてのデジイチも*istDSで・・・

ここ10年くらい、ほんと「群雄割拠」、デジカメ戦国時代でしたなぁ。
ようやく落ち着いてきた感がありますね。
まぁメーカーはいろいろ大変なんでしょうけど・・・

投稿: nakky | 2012年4月 6日 (金) 11時19分

どもども、nakky殿。

おお、nakky殿のQへの道のりに、そのようなペンタックスとの蜜月関係が有ったとは。
質実ストイックなペンタックスの姿勢が感銘を受けたのでしょうか。
拙僧の旧式機装備の二級師団でもペンタックス6x7が最も稼働率が高いですからねえ。
最近、キタムラに複数の67レンズがちゃんとした中古で並んでるんですよね。こないだ見せてもらったんですが45mmとかイイですねえ。

投稿: Rikkie | 2012年4月 6日 (金) 21時14分

僭越ながら愚僧思うに、こと豊葦原千五百秋瑞穂国の一眼レフなら旭光学が一番 (他にイチガンは無かったのであるから)。
アサヒフレックスはフロントエプロンが後継のアサヒペンタックスと造作が全く一緒ゆえ慧可断臂最期のSMC-Takumarを装着して使用中。
瑞穂に於いて後発Nikon-F、Canonflex-R も現役使用中なれど、イチバンはアサヒと謂う僻みを感じているかに見えるのは愚僧の妄想か。また現在Wehrmachtの射覇牙EXAKTAとEXAを使用中、が、笑える機構。
コンデジ頁で申し上げる事ではございませんでした、失礼申し上げました。

投稿: かめらねこ | 2012年4月 7日 (土) 02時44分

どもども、かめらねこ殿°。

いやはや、これはしかり。確かに一番早くTTLの実現を目指したSPしかり、一番コンパクトはボディを実現したMX/MEしかり、ペンタックスの「一番」は暇に飽かしません。そもそも、一眼レフカメラの意脳性に戦後にも速く目を付けて、一番集中して成功したのがペンタックスでありました。

話のベクトルを替えると、ペンタックの一番はニコンやキヤノンのそれとは異なるんですよね。そこが67や645といった他に代えがたいユニークな地位を確立しているとい思えます。

あっしの手持ちで最も稼働するのがペンタックス6x7なんですよね。この間も友人の結婚式で持ち出しました。無論、モノクロしか詰めていません。

投稿: Rikkie | 2012年4月 7日 (土) 05時50分

1970年頃には祝い事にて良く散見致し候…
2012年数多コンデジの花咲く中、祝言にてペンタ67とな?
奥深い禅問答の如きお話し感服致し候。

当の新郎新婦御両家御一同様に於かれましては吉兆なのか凶兆なのか以後自己責任で…。

投稿: かめらねこ | 2012年4月 7日 (土) 19時27分

どもども、かめらねこ殿。

まあ、ライダーズスーツの連中が売ろうとしていましたから、中山服に6x7でも目立ちませんでしたよ。

全滅すると怖いので1本はキタムラに出しました。明日、時間が出来れば処理をしたいのですが。

投稿: Rikkie | 2012年4月 7日 (土) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/54229893

この記事へのトラックバック一覧です: ペンタックス オプティオS5i:

« オリンパス センチュリア | トップページ | フジフィルム ファインピクスA202改 »