« 2012年秋 名古屋中古カメラ大バーゲン戦役 | トップページ | 2011年 上海に行った その2 »

2012年9月13日 (木)

2011年 上海に行った その1

Dscn4547  今更ながら2011年5月に行った上海旅行を報告したい。拙僧のやることなので1ダースものカメラ・レンズを担いでいったのだが、今回はデジカメでと撮った画像を報告したい。特に、上海の中古カメラ商場の報告をさせていただいているので、関心を持っていただければ幸いである。

 コンテンツもご覧いただきたい。

|

« 2012年秋 名古屋中古カメラ大バーゲン戦役 | トップページ | 2011年 上海に行った その2 »

コメント

写し処が沢山、イイですなぁ上海。
しかし驚くべき物量作戦ですな、私は四台が上限ですcamera

投稿: 無尽探査機 | 2012年9月14日 (金) 01時12分

上海、凄いですな〜。
しかしもっと凄いのは、Rikkieさんのカメラの数。
私も、8月に旅行に行ったのですが、4台が限界です(しかもフィルムはまだ未現像)。

投稿: なお | 2012年9月14日 (金) 02時57分

どもども、無尽探査機殿。

常に1ダースを携帯したのではなく、ホテルにおいてその日の気分で4~5台を選んでいるんですよね。

実際には現地でも2台調達しているんですよ。我ながら呆れます。

投稿: Rikkie | 2012年9月14日 (金) 05時07分

どもども、なお殿。

次回に報告させていただきますが、上海も昔ながらの市民市場などは取り壊されて寂しくなっています。
あっしも現地になって特定のジャンルのカメラが無いとくよくよする悪い病気なんですよね。
フィルムは貯まりますよねえ。いっぺんに処理をを行うと割安ですし。

投稿: Rikkie | 2012年9月14日 (金) 05時10分

あちらで「面白いなぁ・・・」って思うのが
「酒(を飲む)店」=「泊まるところ(ホテル)」っていう概念が凄いですよね(笑)

投稿: nakky | 2012年9月14日 (金) 12時28分

どもども、nakky殿。

確かに「xxx大酒店」というホテルは多いですね。
あっしが上手いなあと思うのは口に卑しいと書いて啤酒(ビール)と表現するんですよね。
上海のビールはソフトでした。

投稿: Rikkie | 2012年9月14日 (金) 15時28分

そういえば、「飯店」もだいたいホテルですよね。
中国はやっぱり食べたり飲んだりするところ=泊まるところっていう概念なんでしょうかねぇ・・・

投稿: nakky | 2012年9月14日 (金) 17時57分

どもども、nakky殿。

ホテルも無いような田舎になると招待所というのがあります。シャワーも無くトイレは共同。兵舎って感じの簡素な宿泊施設です。
外国人が泊まれないようなホテルも、そんな感じです。10年前の話ですが1泊60元(100円くらい)でした。
風呂屋も無くて散髪屋の裏にシャワーがあったりしました。

投稿: Rikkie | 2012年9月14日 (金) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/55640500

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年 上海に行った その1:

« 2012年秋 名古屋中古カメラ大バーゲン戦役 | トップページ | 2011年 上海に行った その2 »