« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

新宿・中野長征作戦開始

Dscn2967 どもども、先輩諸氏。

いよいよ、本日、東京へ向かいます。

12/9(日)12:00に新宿アルプス堂にて会戦となるオフ会には、拙僧、このような真っ赤なダッフルコートを着てジャンクを漁っているのでお声掛けください。眼鏡の40男です。

実家ではインターネットが使えないかもしれないので、ご了承ください。

皆さんとの共闘を楽しみにしております。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年11月29日 (木)

フジフィルム ファインピクスAV100

Dscn2759  何時頃からかわからないのだが、キタムラの玄関口に特価品カメラが並ぶようになった。いや、正確にはカメラが並んでいるわけではない。カメラの入った紙袋がおいてあるのだ。現在では1400万画素級デジカメが6980円で売っている。

 本カメラは、その種のカメラだ。発売が2年前なので画素数は1200万画素級だが、大して変わらないだろう。

Dscf7018  あの種のカメラがどの程度使い物になるのかは関心がある物である。無論、購入の選択肢にはならないが。

 コンテンツもご覧いただきたい。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

フランケ&ハイデッケ ローライ35

Dscn2456  既にローライSEを報告させていただいているが、こちらは初代のテッサーを搭載したものである。入手したのもローライ35SEやローライ35LEDの方が先なのだが、どうしてもテッサーのブツが欲しくなってしまった。多分、精神的に不安定な状態だったのだろう。

 本カメラを初めて知った時には縁のないカメラだと思った。何故なら目測カメラだったからである。当時は拙僧の稚拙な目では目測など適わないと思っていたのだ。しかし、目測蛇腹カメラをそこそこに使ううちに抵抗感は無くなった。もっとも、拙僧は絞って使うので、開放のボケ具合とかを楽しむのなら、単体距離計の登場となるだろう。

Image22  あまり稼働率は高くないのだが、どういう訳か姪や甥の運動会に投入している。ちょっとリスキーなのが、何かしらの欲求を啓発するのだろう。

 コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

ニコン クールピクスS570

Dscn2704  「カメラ女子」の例にもれず、世はガールズ市場花盛りである。ガールズと言っても、いわゆるコアな「コーギャルさん」に留まるのではなく、今やアラサーを抜いてアラフォーも広義には含まれる。基本的には独身女性で、そういう可処分所得の高い女性専門誌も最近になって発行され、ちょっと話題になった。

Dscn0019  本カメラはそういうニーズに応えている。「美肌効果」を謳った画像処理はシミやシワを補正を売りにしている。2009年のカメラとしては手振れ補正機構を搭載しない等、廉価なカメラだが、写りは素晴らしい。

 コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

シグマ SA-7

Dscn2589 拙僧がカメラ民族として覚醒した頃、量販店にはベーシッククラスのボディにレンズメーカー製Wズームレンズを組み合わせて安く売っていた。安くと言っても5万円前後くらいしたはずである。勿論、フィルムカメラの話である。今では純正レンズ付きのロワークラスのデジ一眼レフが3万円台で転がっているのだから、若い方にはちょっと良くわからないだろうな。その位、レンズメーカー製レンズというのは安い物だったのだ。

 そのセット物は大抵シグマかタムロンだった。コシナのレンズはビックカメラやヨドバシカメラのようなマストショップでは扱っていなかった。トキナーは若干安売りを避けている節があって、セット物になっていた記憶がない。

Image21  21世紀初頭といっても、既に干支を一回りもする昔の話なのだが、突然、シグマから2機種の一眼レフカメラが登場した。シグマの一眼レフカメラの歴史は意外と古いのだが、もちろんメインストリームからは遠い存在なので、拙僧は知らなかった。呆れるのはマウントがSAマウントと独自のバヨネットマウントを採用しており、他社製のレンズが使用できない。つまり、新品で何でも揃えなければならないのだから、ボディ+標準ズームが安く手に入っても展開には金がかかる。せめてKマウントにすればいいのにと当時の拙僧は思ったが、もしかしたらKマウントもAFになるとパテントの問題が生じるのかもしれないな。

 コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

フジフィルム ファインピクスF31fd

Dscn2721 拙僧はエリア88の世代である。まあ、当時の漫画だから「外人部隊に1機だけのF-14トムキャットを運用するなんてナンセンス」なのだが、小学生の拙僧らは燃えてみていたものだ。既にアメリカ軍のF-14はお役御免になっているが、何でもイランの輸出分は部品取りを繰り返しながらも、現在も飛んでいるそうだ。ネットニュースなので信頼性は低いが、本当だとしたら大したものだ。もっとも、フェニックスミサイルなんて耐久年数は過ぎているから、下手したらアトールの発展型あたりを装備しているのかもしれないな。拙僧が高校生の時には既にミリタリーバランスではイランのF-14Aは稼働状態にないとされていた。

Dscf3928 そのF-14の具骨頂といえば24目標を追尾し6目標にミサイルを誘導できるAN/AWG-9システムだ。なんでそんな話題を出すのか等いうと、本カメラの「顔キレイナビ」は同時に10名の顔を認識し、フォーカシング・画像補正を行うというのだ。これにはびっくりである。

その効果が使い物になるのかは、コンテンツをご覧いただきたい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

ニコン ニッコールP.Cオート 105mmF2.5(Ai改)

Dscn2075 秋になって(いや、もう初冬か)夏に撮りためたネガを今更ながら焼いている。我が家には暗室兼納戸があるのだが、無論、クーラーなどは無いから夏場の暗室作業はちょっとした修行なのだ。

ところで、拙僧は一眼レフでもフィルム1本に対してレンズ交換はしない。レンズ交換するくらいならボディを2台持った方が面倒でないからという理由もあるのだが、拙僧はワーキングメモリーがプアなので、どのカットをどのレンズで撮影したか全く覚えていないのだ。多分、工業高校生時代に数々のZ80を昇天させた呪いなのだろう。それで、ネガシートに撮影したカメラかレンズ銘を書き込んで管理をしている。ところが、本レンズで撮影したとされるネガを焼いていて、本当に本レンズで撮影したのものなのか疑ってしまった。つまり、被写体の寄りが全然なっていないので、まるで35mm辺りの広角か標準レンズで撮影した感じなのである。

Image33  つまり、下手だということだ。そういう事は分かっているのだけれども、現実を突きつけられると動揺するものである。もっとも、「相手に嫌がられても被写体に寄れ」という体育会系のポリシーは現在には合わない。そうでなくても、不特定の人物が写りこむスナップ撮影の風当たりは厳しい。それにしても28mmとか広角レンズの場合は無節操に寄れるのに望遠だと寄れないというのは、フォーカシングに時間が掛かるからだろうか。広角レンズなら大雑把にフォーカシングしても絞り込むので大抵は見れるピントになる。

本レンズのような中望遠も稼働率を上げて、人間のフォーカシング能力を高めたいものである。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

フジフィルム ファインピクスF30

Dscn2662 「街コン」というのがあるのだ。これは行政や法人が主催する街ぐるみの合コンである。例えば東京だったら「八王子コン」とか「国立コン」とかになる。200~300名が参加し、提携する商店街の店に出たり入ったりして複数の異性と接触する機会を得るものだ。行政がこれを後押しするのは、地域の活性化と共に婚活を後押し、結婚して子供も作って税金を払ってほしいからだろうな。驚いたのが「東海コン」というのがあって、総勢5000名が集まったそうだ。半分の2500名が女子だったとして、そういうマスの中から任意の女子に声をかけるなんて、とても拙僧にはできないな。拙僧も20代の頃は合コンに明け暮れていたが、あれは相手が5~6名だから趣向も把握できたし、「そういう遊び」という御互いの認識があったから話もできたのである。2500名を相手にスムーズに会話に入れる方はナンパだってできるだろう。

004 拙僧の行政地区でも「カップリングパーティー」や「カップリング料理教室」などを、行政が企画している。拙僧などは合コンを企画するのに、キーとなる女子にイイ飯を奢ったりして苦労したのにイイ世の中だなあ。

そういえば、前に「中国妻日記」という漫画が話題となったことがある。ここで一つトリビアなのだが、国際結婚でも自由恋愛で結ばれたセクトとお見合いで結ばれたセクトでは水と油の関係にある。

拙僧のように飛行機で知り合って、妻に喰わせてもらっている残念な日本人夫は、金(大金)を払って外国から妻を誘致した方から見ると苦々しく写るようだ。そういう、アウェーな雰囲気は大すきだ。しかし、国際結婚コミュニティでも、しばしば冷たい戦争が勃発するので、拙僧は関わらないことにしている。

撮影もしたのでコンテンツも見ていただきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

ニコン シリーズE 75~150mmF3.5

Dscn6929  今では廉価コンパクトデジカメにまで「ズームニッコール」銘を与えているが、80年代には「ニッコール」というのはプレミアムなブランドであり、伝説を背負ったブランドであった。ライバル会社が絞り優先AEのみの廉価一眼レフを登場させる中、ニコンも廉価機のニコンEMを投入する。ニコンも自社が安物を作るのはプライドが許さず、ニコンEMが初めてとなる樹脂製ボディも軽く携帯性の高さを売りとしていた。実際に、ニコンEMは作りこみにおいて安くは無く、売れた割にはあまり儲からなかったそうだ。そのEMにマッチするレンズとしてシリーズEを投入した。これは樹脂製ボディの採用や、製造時の効率化で廉価を狙った物であり、ニッコールの名を与えることは無かった。ブランド維持の点からニッコールの名を冠すには値しないとされたのである。

Image6  廉価を目指したとはいえ、ニコンのレンズである。描写のクオリティに手加減は無く、コンパクトで軽量が高く評価された。特に、本レンズは売れたレンズであり、ジャンク市場でも光学的に問題のない物件がちょいちょい転がっている。フィルム撮影をなさる方なら拾ってほしい。期待を裏切らないだろう。

 コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

日立リビングサプライ i.mega HDC-401

Dscn8387  この間、行きつけのキタムラに行ったら新品のフジフィルムの1400万画素級デジカメが6000円を切っていた。無論、カメラの出来は大したものではないのだろうが、それでもフジフィルムが作る物だから、それなりに綺麗に写るのだろう。こうなると、拙僧の家庭内ジャンク館に転がっている400~500万画素級以下のデジカメなど既に不良債権である。

Cam_1004  それで低画素のデジカメの写りが悪いかというと、ブログで掲載する分には十分だ。もっとも、レスポンスなどは流石に苦しい。だが、件の1400万画素級ファインピクスもレスポンスはイマイチだろう。その辺はコストダウンに顕著に表れるのだ。

 一方でトイデジカメというジャンルは現在も健在で、アグファやポラロイドのブランドのトイデジカメが驚くほど高い価格帯で売られている。本カメラが惜しいのはちゃんと写ることだろう。ショウもない写りをするトイデジカメの方が高いというのは皮肉な物だ。

 コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

11~12月新宿・中野長征作戦

Img_0506 諸般の事情から帰省することになった。それで12/9に新宿を経由して三河に戻るのですが、プチオフ会をしませんか?

あっしも、新幹線にのる都合があるので。12時に新宿アルプス堂で集合して4時間くらい新宿・中野を制圧しましょう。

皆さんの参戦をお待ちしております。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »