« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日 (月)

本年もありがとうございました

本年も先輩諸氏のお付き合い、誠にありがとうございました(mm。

拙僧はキャッシュメモリが小さいので、最近のことしか覚えていないのですが、それにしても今年は年末に近づいてからのダッシュが記憶に残っております。最大の成果は皆様との共闘でありました。皆様の壮絶な戦いに喚起され、三河帰還後にも大出血してしまった話は文末にいたします。

Dscn2922 事の始まりは11月半ばにネットオークションで無理してボルシーB2を確保したあたりから出血の箍が外れた気がします。実際の所、国産メジャー安カメラは大抵手に入ってしまったので、海外のレンズシャッター中級機にマイブームの火がついたのでした。

Dscn2942 ところがレンズシャッター機でもレンズシャッター一眼レフカメラに遭遇してしまったのであります。価格は8000円と、麾下の師団に深刻なダメージとなるは必須だったのですが、これを撃破。幸い、ちゃんと撮影できると事が確認できて一安心でした。

この辺りの件はサブブログの「亜熱帯ジャンクカメラサーフィン」で報告させていただいています。

Dscn2849 その2週間も経たないうちにコニカIIIを撃破してしまいます。これはシャッターの粘るブツでしたが、そんなジャンク物件でなければ、拙僧の二級師団では勝利は叶いません。幸い、前玉を外してアルコール系パーツクリーナ―でひとまず動くようになりました。

Dscn2988 新宿・中野長征での共闘での戦果がこれ。ウィットナーというまるで素性の分からない距離計連動機。レンズがF2ということもあって確保。クモリ有ですが、ごく一部分なので拙僧のテンペラ写真では問題ないだろうと考えました。

Dscn3141 そして最後のブツがこれ、キヤノンL1であります。詳しくはサブブログの方で紹介させていただいております。こんなことならば銀座で散在した方がよかったと思うのも後の祭り。

来年は撮影の年としたいものであります。共闘させていただいた方々の戦場と戦場の移動中での撮影ぶり。感服いたいしました。

来年も、是非ともよろしくお願いします(mm。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木)

SUNACTINON 28mmF2.8(ARマウント)

Dscn2713  本レンズの素性は全くわからない。日本製なのは確かだからサン光機と何かしら関係があるのだろう。海外のコンテンツではズームレンズもヒットした。本レンズはネットオークションで落札したもので、マウントは不明と口上書きにあった。しかし、拙僧はピンときた。これはコニカARマウントである。マウント不明ということもあってか兢札者も現れず、廉価に落札した。ところが、手持ちのコニカARボディにつけようとしてもつかないのである。ずいぶん悩んだのだが、バヨネットマウントの隙間にネジが突き出ていた。これを締めて引っ込ませると無事にボディに装着できた。なんで、こんなところのネジが緩むのだろうか。

Image86  本レンズはまだカラーネガしか試していない。その内にモノクロもと思っていたのだが、何時になるかわからないのでコンテンツで紹介することにした。

 いずれ、モノクロも報告させていただきたいものだ。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

パナソニック ipalm PV-DC3000

Dscn2833 あらゆる日本ブランドの工業メーカーが元気がない。いや、元気がないなどという柔らかな表現ではなく、特に家電の分野では窮地に立たされている。無論、韓国や中国のメーカーの勃興である。今や北米の白物家電は日本メジャーメーカーを束にしてもサムソン一社のシェアに勝てないそうだ。そんな中でも日本ブランドが健闘しているのがカメラである。サムスンもシェアを伸ばしつつあるのだが、この分野ではまだまだ日本ブランドにプレミアムがある。

しかし、それも長くは続かないかもしれないな。ソニーやパナソニックの赤字や工場の閉鎖など、暗いニュースが日経新聞に踊る。

P1010302 パナソニックのデジカメ参戦は比較的早かったが、ブランド力を持つほどのシェアは確保できなかった。クールショット等と言っても誰も知らないだろう。本カメラの立ち上げた「アイパーム」も知らざるブランドである。何せ一代で耐えてしまった。しかし、翌年には浜アユとライカレンズのルミックスで一挙に攻勢に出る。

 コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

キヤノン FD35mmF2

Dscn3066 今や35mmF1.2なんていうレンズがあるからF2クラスのレンズなどハイスピードレンズとは言えないだろうが、拙僧の貧乏師団では貴重な戦力である。

Image33 その明るさを活用すべく、今や貴重なスーパープレスト1600を詰めて秩父夜祭に挑んだ。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

新宿・中野長征戦果報告

遅くなってしまったが、新宿・中野長征作戦の戦果報告をさせていただきたい。

Dscn3006 Dscn3039

Dscn3081 キヤノンRP

フォカスポート(巻き戻しノブ欠)

ウィットナーチャレンジャー(小曇り)

現像タンク+リール

貯蔵ビンx2

竹ピンx2

フィルムクリップx6

トリオター13.5cmF4(エキザクタマウント)

SMCペンタックス 40~80mmF2.8~4

マミヤ645 80mmF2.8

マミヤプレス用ロールフィルムホルダー

Tマウントアダプター(OMマウント)

クローズアップリング(Fマウント)

アサヒカメラ教室 「カメラとレンズ」

共闘させていただいた先輩諸氏に比べれば拙僧の戦果など微々たるものだ。

フォカスポートは前から欲しかったものである。これに関してはサブブログの亜熱帯ジャンクカメラサーフィンに記しているので御笑覧いただきたい。

ウィットナーチャレンジャーにかんしては良くわからない。ウィットナーというのはどうも北米の時計ブランドであり、かつてブラウンのカメラを自社ブランドで発売していたようだ。50mmF2の明るさがうっとりするが、レンズを裏から見ると一部にクモリがある。拙僧のテンペラ写真には大した影響はないだろう。

暗室用品の殆どは日東商事で確保している。ここは暗室用品に強いので東京戦役では関らず寄らなければならない戦場である。16mmのリールはレモン社の新宿支店で確保したものである。価格は300円也。

トリオターは「市場」のジャンクで2100円だった。レンズは綺麗なのだが、ヘリコイドが鬼重いのでジャンクになったのだろう。三河の駐屯地に帰還したのちにエクサ2につけたら無限遠も出ているようである。

SMCペンタックス40~80mmF2.8~4はフジヤのジャンク館で2100円だった。それほど珍しいレンズではないが、ネットオークションでもそこそこの価格帯に上がってしまうので買い求めたのである。

マミヤ645用の80mmは池袋のキタムラで確保したものだ。価格は3150円とびっくりする程の安さではなかったが、拙僧の手持ちの個体がバル切れでコンディションが悪いので手を出した。電池が入ってちゃんと動くFE10もほしかったのだが、これは見送った、

Dscn3008 アサヒカメラ教室 「カメラとレンズ」は帰りの西武秩父線の車中で読もうと、適当な本を池袋のブックオフで探して見つけたものである。ほとんどの参考写真の作者が大正生まれなのに感心する。

なんといっても共闘に参加していただいた皆様の戦いぶりは見事であり、思わず拙僧も身の丈を越してしまうところだった。いや、実際に超えてしまって8000円のコニカプレス用80mmや6000円のキヤノンPあたりは確保してしまえばよかったと思っている。

今週末からは名古屋でも中古カメラ大バーゲン戦争が勃発するので、兵力の温存に備えたいものなのだが、ついついネットオークションで無用な消耗をしてしまうのだ。おいおい、報告させていただきたい。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

パナソニック ルミックス DMC-FZ10

P1110373 既にコンテンツを発表させていただいているカメラなのだが、今回、多くの撮影結果を行進させていただいたので報告したい。

P1110497 手ブレ補正で鳴り物入りで搭乗したDMC-FZ10だが、最高速度がISO400のこともあって、夜間で手持ちはなかなか厳しモノがある。それも躍動感があると見えなくもない。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

六櫻社 オプター 75mm F6.3改(パーレット用)

Dscn2744  またパーレットを手に入れてしまった。無論、前回のようにレンズだけ取り出して一眼レフ化ようという訳ではない。いや、別に前回だって改造するつもりは無かった。シャッターが壊れていたので遺憾ながらレンズだけ使えるようにしたのだ。

Img_0299  結論から言うと、今回のブツもシャッター不良で一眼レフ化してしまった。今回は前回の反省を踏まえて絞りは生かしてある。なので、前回よりはコントロールが可能だ。

これをF11位に絞ると1.5~10m位までピントが合う。スナップには問題ないだろう。ただ、フレアがかってコントラストが低下するのは鏡筒の遮光がイマイチなのかもしれないな。鏡筒はジャンクのリノケンが有ったので中をくりぬいて流用した。

Imgp3236 光線状態によっては、なかなかの描写をする。コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

フジフィルム ティアラ2

Dscn5094  デジカメの現在では単焦点レンズを搭載したコンパクトデジカメは一部の高級機かトイデジカメに限っている。かつて、90年代のフィルムカメラ黄金期、2万円前後の単焦点コンパクトカメラというジャンルが存在した。肥大化する高倍率(当時)ズームレンズを搭載したコンパクトカメラに対するアンチテーゼでもあったが、ズームレンズに比べて単焦点レンズの方がよく写るとされていたのである。それは、実際によく写った。なので、最近までズームレンズを参照する際に「単焦点レンズに劣らない描写」というフレーズがあった。現在ではズームレンズの描写が劣るということはない。マクロレンズや小型のスナップ用レンズ、F2を超えるような明るい特殊なレンズが単焦点レンズとして存在意義を残している。

Image35  廉価な単焦点レンズが時に素晴らしい写真を写した。そういうフィルム時代に評判であったフジフィルムのティアラの後裔機が本カメラである。

 コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

新宿・中野長征前夜

Cimg0723


どもども、先輩諸氏。

いよいよ明日は開戦となります。

お昼は済ませてアルプス堂にご集合あれ。

赤いダッフルコートにフェド5かペンタックスMV-1をぶら下げて、店内か入り口でお待ちしております。

皆様のご武運をお祈りします。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

カシオ エクシリム EX-Z550

Dscn2790  エクシリムは「高速連写」や「ハイスピード動画」など、ユニークでパワフルな機能や、「ベストショット」によるイージーな操作系が特徴である。その反面、画質はライバル達に比べてイマイチ及ばないところがあった。レンズもライカ判換算で24mmから始まるズームレンズを搭載するコンパクトデジカメもあるのに、広角側が37mmとかカメラの基本性能も凡庸だった。

Cimg3892  ところが、本カメラの写り具合は中々である。十分にニコンやキヤノンに対抗できる。

 コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

敵は東銀座にありか




Cimg0749本日、同志である横須賀与太郎殿と共闘し、銀座を闊歩したのである。

そこで不味い敵を発見したのだ。オメガマーク付きのコニカプレス用90mmなのである。ちゃんとショウケースに入っている物件でコンディションはグット。勿論、発見したのは横須賀与太郎殿だ。

戦闘となれば麾下の自動車化狙撃兵連隊の一つも失う8000円である。安い!しかし、ここで消耗してしまうと新宿・中野攻略での兵力を全く失ってしまう。故に今回は戦闘を避けた。

しかし、新宿・中野攻略で運よく兵力を温存できたとしたら東銀座に向かわなければならないな。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

オリンパス ワイド その2

Image89  前回、処理に失敗したオリンパスワイドのリベンジを果たすべく、同じく楽凱のラッキーパンSHD-100を詰めた。

 線は細くデリケートな一面も見れるのだが、コントラストは低くハイライトは滲む。今回も拙僧のやっつけ現像なので本来の性能は出ていないのかもしれないが、こういうクラシックな写りが魅力なのかもしれないな。

 コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »