« オリンパス キャメディアC-2100UZ | トップページ | キヤノン パワーショットプロ90IS »

2013年6月19日 (水)

オートバイ用バッテリー「MaxPower」 と ルミックスDMC-F7

P1000001  例の台湾ユアサのバッテリーはネットオークションにしては随分奢ったものだった。なんたって、送料込みで5500円くらいしたのだ。同じ台湾ユアサでも価格差が結構あるのだが、半年間の保証付きだったので多めの金額を払ってもいいと思ったのだ。しかし、冬を越したら全く動かなくなった。MFバッテリー対応のチャージャーも持っていたので試したのだが、全く復活しない。ひとまず、四ツ輪にブースターケーブルを繋げてエンジンをかけ、30分くらい走るか暖気をすると、キックではかかるのだがセルは廻らない。それに、電圧が低いのかメーターも点滅するばかりでロクに映らなくなった。それでも、ひとまず走れるのでほっとこうと思ったが、妻が「危ないから買ってあげる」というのだ。動くとは言え支障があるまま走らせるのは芳しくないのは確かだ。カメラなら支障を承知で使っても写真が撮れないだけだが、単車だと命に関わるしな。
Dscn4633_2  とはいえ、1.6万円も払ってGSユアサを買うのは金銭的に難しい。しかし、前回の5000円越えの台湾ユアサは1年も持たなかった。そう考えると、格安バッテリーを3シーズン使って買い替えるのも一案だな。ネットオークションを眺めると、1年間保証付きのバッテリーが2000円であるのだ。送料を含めても2450円。この金額で1年でパーになっても惜しくは無いな。複数の選択肢があったのだが、ネットで比較的評判の良い「MaxPower」を選んだ。勿論、非の打ちどころのない中国製だが、中国製だからといって必ずしも駄目なわけではない。現に100円ショップの中国製ナイフはちゃんと切れる。しかし、中国で買った中国製ナイフはちゃんと切れないのだ。この辺りが実に不思議なのだが、要は品質管理に対する概念が違うのである。日本で様々な中国製工業製品が使い物になるのは、日本から派遣された品質管理の担当者か商社マンが頑張っているからだ。それで単車用バッテリーなのだが、価格的に丁寧な品質管理をしているとは思えないが、その代わりに不具合があったら返品に対応するのだろう。多分、原価はえげつなく安いはずだから、それでも十分に商売になるのだろうな。
Dscn4634  ブツは入金の翌日の午前中には届いた。流石の対応である。ジェベルに積んでみると、勿論、元気よくセルが回って始動。問題は何時まで元気でいるかだが、それは経過を見てみるしかないな。

Dscn4662  クラシックデジカメのジャンルでもバッテリーは鬼門である。最近のデジカメはメーカーを跨いで共通化しているので使いまわせるのだが、古いデジカメだと1代のモデルで終了してしまう物も多い。勿論、バッテリーがあってもダメになってしまっているものも多いから、そうなるとカメラの機能は大丈夫でも、実質的に使えなくなってしまうのだ。不思議なのは、かなり古くても大丈夫なバッテリーと、割と新しいバッテリーでもダメな場合がある。

P1000023  このカメラはパナソニックが初めて営業的に成功したモデルである。パナソニックも後が無いと悟ったか、ライカブランドのレンズを搭載し、イメージキャラクターとして当時は飛ぶ鳥を落とす勢いだった浜アユを起用した。その、なりふり構わないセールスプロモーションは成功し、現在に至る。もっとも、最近のパナソニックは、折角、ミラーレス一眼で開拓したカメラ女子層を、オリンパスにさらわれたりして、往年の上手い商売が空回りしているようだ。

 ただ、やっぱりパナソニックがライカと提携したのは正解だったようで、こんな200万画素級のデジカメでもネットオークションで買い手があるのだ。勿論、300~500円だが、残念ながらニコンやキヤノンでは、その価格でも買い手は有りませんな。

 本カメラも一代限りのバッテリーを採用している。実は、既に本カメラではコンテンツを作成してあったのだが、そんなことは全く忘れて撮影画像を集めていた。その時の個体は既に処分したし、拙僧はコンテンツを書いたことも既に所有していたことも忘れて拾ってしまったのだ。拙僧のやりそうなことである。

 新しい画像も掲載したので、コンテンツもご覧いただきたい。

|

« オリンパス キャメディアC-2100UZ | トップページ | キヤノン パワーショットプロ90IS »

コメント

バッテリー問題は困ったもんですね。
うちのジェベルは、乗るときだけ接続するようにしてます。出撃頻度が低いから出来る技ではありますが。
中国バッテリーの継続レポート期待してます。

投稿: ゲルベ | 2013年6月19日 (水) 12時20分

どもども、ゲルべ殿。

単車屋も言っていたんですが、ジェベル250XCはバッテリー的に厳しいらしいですね。完全に放電するとキックでもかからなくなるのが、困ったものです。逆にCRM250Rが便利だなあと、思ってみたり。

ちなみに、リアがあまりに滑るなあと思っていたら日々だらけだったので、あわてて確保しました。
当面はオフロードは走らないし、CRMがブロックパターンタイヤを履いているので、ロード向けにしました。IRCのGP-210という代物で、送料込みで6500円くらいでした。

問題は何時、気合を入れてはめるかということなのですが、梅雨前線で少しでも気温が下がればと思っているのですが。

投稿: Rikkie | 2013年6月19日 (水) 12時44分

このカメラねぇ・・・カッコいいし、美しいですよね。

昔の方がカタチがバラエティに富んでて面白かったですね。
京セラの「香水ビン」をモチーフにした機種とか、ソニーの超小型の機種とか欲しかったものでした。

写りは意外と素晴らしいですね。

投稿: nakky | 2013年6月19日 (水) 16時04分

どもども、nakky殿。

ソニーのサイバーショットUシリーズは傑作のひとつでしょうね。今でも価値がありますよ。どうせ、大容量のスマートスティックが使えないんだから130~200万画素の物で充分ですね。京セラの化粧便は何かなあ。結局、京セラのデジカメで足跡を残したのはファインカムSL300/400Rくらいですね。ちょっと込み入った方だと「ファインカムM400/410のEVFの出来」に一筆刻むというところでしょうか。
一度、京セラのデジカメについては振り返る必要があると思うのですが。コンタックスは別として。

本カメラの画像の出来はイイですよ。晴天下は盛り過ぎかもしれませんが、デジカメがどういう発色がベストなのか、各メーカーも模索していましたしね。それより、雨天下の写りは大したものですよ。本カメラの登場した2001年時に、天候が悪くなると著しくシャッター速度が遅くなったり、画像にノイズが乗ったり極端に硬調になったりするデジカメは沢山ありましたからね。

それがライカレンズだからとは、流石に言うのを躊躇するのですが。

投稿: Rikkie | 2013年6月19日 (水) 16時46分

まいどです Rikkie師匠。

>要は品質管理に対する概念が違うのである。
仰るとおりだと思います。
なぜか彼の地の方々は、"管理する(約束事を守る)
また管理される(約束事を守らせる)事が出来ないの
ですよね。自分も、当時はそれでよく衝突しました^^;)。

>DMC-F7・・・
コレ、自分もお気に入りの一台です(うちのは黒です^^)。
さすがにもうバッテリーがあれなんで持ち出せませんが、
外電専用にしてインターバル機に改造しようと取ってあります。

>>サイバーショットUシリーズは傑作のひとつでしょうね
同じくお気です。

投稿: 鍛冶屋 | 2013年6月19日 (水) 19時39分

どもども、鍛冶屋殿。

そうなんですよねえ。連中は指示されるとか管理されるということを侮辱だと思っている節があるんですよね。一日中、飽きもせずに「資本家のこき使われる小作人」なんていうTVドラマを見ているからなのかしらと思うのですが。
それでいて、指図するのは大好きなんですが。
我々がバンクーバ在住時代、本当にお金が無かったんですよね。電車賃も惜しかった。そしたら義理姉が「素晴らしいアイデアがある、車をリースで買ったらいい」というんですよね。どのラインから対応したらいいか悩みましたよ。だって、拙僧ら日本に帰るつもりだったしねえ。そしたら、「お金を払わず帰れば、催促されない。」ときたもんだ。何の根拠で言っているのよ。グリジアやアゼルバイジャンじゃないんだから、日本~カナダ間ならなんかしらの条約があるってば。それに、安物のリースって言ったって、180万円くらいするのよ。追っかけてくるに決まってんじゃん。
義理姉の様な「高学歴だから、自分の頭がイイと言う勘違い」をしているは人間は、漢人にしろ挑戦人にしろ、困ったものです。

UシリーズはサイバーショットU10を持っています。Web画像では充分ですね。どうせ処分しても大した価格にはなりませんから、これは手元に残すつもりです。
何時まで、撮像素子が持つのか神のみぞ知るですが。

投稿: Rikkie | 2013年6月20日 (木) 08時26分

車のバッテリーが駄目なんですよね〜
仰るとおり、1年おシャカになるのをダメ元で買っても
1/3価格なら良いかな何て思うんですが
その辺に捨てるわけにもいかず
処分代をかけると高いものにつくので悩んでいます
カメラなら、えいや!で買うんですがね〜

投稿: M | 2013年6月20日 (木) 21時57分

どもども、M殿。

拙僧の行政区ではバッテリーも粗大ごみで処分できるんですよね。ちょっと、信じがたいのですが、市のHPにはそう書いてあります。タイヤも、1回に2本までは大丈夫ですね。
いつ、気が変わるかわからないですから早めに処分しなければなのですが。

問題はパソコンでしてモニターだけでも処分に3000円もかかるんですよね。しばらく、保管して次回パソコンを買う時に店に処分してもらおうと思ているのですが。

投稿: Rikkie | 2013年6月21日 (金) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/57437075

この記事へのトラックバック一覧です: オートバイ用バッテリー「MaxPower」 と ルミックスDMC-F7:

« オリンパス キャメディアC-2100UZ | トップページ | キヤノン パワーショットプロ90IS »