« コダック スナップキッズ(期限切れ) | トップページ | ペンタックス67 165mmF2.8 ビーチモデル撮影会 »

2013年7月13日 (土)

ソニー サイバーショットDSC-S50

Dscn5228  拙僧は「エス系、エム系」とか「ドS、ドM」とかいう表現が好きではない。もしかしたら、過去に使っているかもしれないが極力避けている。それは、そいう性的趣向が無いのもあるのだが、そういう趣向のある方に、もしかしたら精神疾患的な原点があるような気がして避けていたのだ。

 先日、田口ランディさんの『もう消費すら快楽じゃない彼女へ』を読んだ。何でも日本では有名なエッセイストらしい。妻が図書館で借りてきたのだ。中々、関心深い無いようだったのだが、強く興味を持ったのは「SM」の話と「すきま女」の話と「私の詩集買ってください」の話だ。既に本は返したので、それぞれのサブタイトルは違うかもしれない。今回はその中で「SM」の話に注目したい。

 そもそもは、田口ランディさんの友人でSM写真家がいらっしゃるそうだ。基本的には女性を被写体としているのだろう。それで、モデルさんなのだが殆どの場合、自薦らしい。つまり、自分から「縛ってください」とオファーが来るそうなのだ。それだけなら、「そういう性癖があってもイイじゃないの」という話なのだが、どうも、そういう方々は過去に虐待を受けた経験があるらしいのだ。大人になって(中には14歳女子もいるらしいが)忘れているのだが、そういう写真を見てフラッシュバックのようにもう一度、束縛され苦痛を受けたいと思うらしいのである。あえて、大人になって、そういう束縛や侮蔑を受けることで、一種のセラピーになるらしいのだ。根が深いのは、そのSM写真家も少年期に家庭内暴力を起していたそうだ。

 メカニズムとしては分からない話でもない。何せ、拙僧も毎晩酒を飲んでは子供を殴ったり罵倒したりする父親に酷い目にあったからな。高校を卒業して、東京で暮らし始めてからが人生だと思っている。ただ、拙僧は縛られる方ではなく、逆に束縛されるのを極端に嫌う傾向があるな。吹けば飛ぶような単車が好きと言うのもその一面かもしれないし、権威主義に対して敵対的であるのもその一面かもしれない。別に、拙僧が特別に不幸だとは思わない。その程度の不幸は、拙僧の生まれ故郷の学区だけだって幾らでも転がっていた。自殺しちゃった同級生もいるし、殺されちゃった同級生もいる。つまり、昭和というのはロクでもない時代だったのだ。地方で教養が無く、生活が裕福でないというだけで生きていくのに何かと不都合だった。30年くらい前の話である。昔と言えば昔だが、そんなに大昔の話ではないな。無知と貧困はそれだけで罪なのだ。

そういえば、八王子時代に「SM」の撮影会に誘われたことがある。いや撮るだけで自分が縛られるんじゃないですよ。新宿の某所に「教室」とか「監獄」とか「和室」とか、特殊なシチュエーションを用意するスタジオがあったのだ。その時には既に妻と知り合っていたから、説明の面倒なネガを作る訳にもいかず、お断りした。しかし、危ないところだったな。もしも、特定の女性とお付き合いをしているわけでもなく、その方面にのめり込んでいたら人生が変わっていた可能性がある。いや、大いにあるな。拙僧はやりだすと、かなり掘り下げる傾向があるからな。そういう意味でも、今の妻と知り合えてよかった。

Dsc06109 本カメラはサイバーショットDSC-Sシリーズの走りとなったモデルだ。「S」は勿論「スタンダード」の意味だろう。当時のソニーは、フロッピーディスクやMDに記録するデジカメは別にしても、PシリーズにしろFシリーズにしろ、伝統的なカメラのスタイリングとはかけ離れていた。それで、中核となるSシリーズを導入したのだろうが、やはりソニー(元気な当時の)だからユニークなプロパティを与えないと気が済まないのだ。それも、幼少期に何かあったのかもしれないな。

 コンテンツもご覧いただきたい。

|

« コダック スナップキッズ(期限切れ) | トップページ | ペンタックス67 165mmF2.8 ビーチモデル撮影会 »

コメント

知立は知った街ですが知立神社と駅くらいしかわかんなかったです。
カレー屋は刈谷店かな?
孔雀は…安城公園。

投稿: ポン太 | 2013年7月13日 (土) 22時00分

どもども、ポン太殿。

拙僧も、簿記の学校くらいしか用が無いので、前に知立神社の祭りくらいしか歩いたことはありません。意外と歩きやすい街でしたが。

拙僧の駐屯地から東公園までが自転車で1時間位なので具合のよいスナップ散歩ルートなんですよね。
そろそろ違う被写体のルートを探したいのですが。

投稿: Rikkie | 2013年7月14日 (日) 04時12分

SMですか。若い頃におつき合いした女性がそういう趣味(まではいかなかったらしいけど)の彼とつき合ってエラい目にあったらしいのですが、詳しく聞くのは怖かったんでやめましたw
ただ精神分析だと、そういう根っこの部分って大人になってもなかなか抜けないようなので、誰しもが色々抱えて音無いなっちゃうんでしょうね。
ソニー。マビカとサイバーショットは事業部が異なっておりましたね。松下のクールショットみたいにグチャグチャにはならなかったようですが。

投稿: ariari | 2013年7月17日 (水) 00時17分

どもども。ariari殿。

「私の初体験は普通じゃなかったの」

友人の結婚式の2次会でチャイナ姿の女子に言われて、どんな厄介な行為が行われていいたのか、興味津々だったのですが、確信に触れると嫌なのスルーしました。2~3回言っていたので、本当は聞いた方がよかったような気もするのですが、二十歳そこそこの拙僧では受け止められないですよね。

大人になっていないというのは拙僧もそうなのですが。ただ、大人ってイイなと思う様なロールモデルも見せてほしい物です。
イイもんじゃないと覚悟を決めるのが大人と言う事なのかもしれませんが。

デジカメ世界大戦の初期における松下(当時)の動揺は生産ラインの混乱ぶりからしても明らかですね。

ソニーもMVCで始まるカメラはサイバーショットとは別働隊だったという事でしょうか。確かに操作系だけを取り上げても、共通性は著しく低いですね。
MVCの中には光学10倍ズームレンズを搭載するものもありましたが、記録メディアがFDでは、運用性には限界がありましたね。
ソニーはプロ向けだと言っていましたが。確かに、観光地でPCとプリンタを並べて観光写真を撮っているパーティは見たことがあります。

投稿: Rikkie | 2013年7月17日 (水) 07時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/57570246

この記事へのトラックバック一覧です: ソニー サイバーショットDSC-S50:

« コダック スナップキッズ(期限切れ) | トップページ | ペンタックス67 165mmF2.8 ビーチモデル撮影会 »